BRIDGE

タグ groupbuy

公式発表:Grouponの中国事業のGaopeng(高朋)が中国共同購入サイトのFTuan(F団)と合併へ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 最近の噂通りのことが今まさに起ころうとしている。中国のGrouponとTencentとの合弁会社であるGaopeng(高朋)が、より強力な競合相手FTuan(F団)と合併することを正式に発表した。 すべては中国インターネット大手Tencent(騰訊)によって進められた。TencentはGaopengの半分を所有しているだけでなく、FTuanの非公開出資者でも…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

最近の噂通りのことが今まさに起ころうとしている。中国のGrouponとTencentとの合弁会社であるGaopeng(高朋)が、より強力な競合相手FTuan(F団)と合併することを正式に発表した。

すべては中国インターネット大手Tencent(騰訊)によって進められた。TencentはGaopengの半分を所有しているだけでなく、FTuanの非公開出資者でもある。合併の金銭的な契約については明らかにされていない。GrouponはGaopengでの立場と同様、新会社の少数株主になる予定である。ただし、どの程度「少数」になるのかはわかっていない。

この合併により、FTuanのCEOであるLin Ning氏が率いる新しい会社が生まれる。しかし、GaopengとFTuanという2つのブランドおよびウェブサイトは今まで通り存続する予定らしい。

本日(原文掲載6月25日)午後の発表で、新会社のCEOであるLin氏は次のように述べている。

「中国の共同購入市場は投資先行型から経営に焦点を当てる流れにシフトしています。この合併によって事業運営のさらなる拡大と、お客様に革新的な商品提供ができると考えています。今回の合併による複数ブランド戦略は、eコマースやモバイルインターネットのライフスタイルにおける、販売者様やお客様の細分化されたニーズを満たすことができるでしょう」。

これは、細分化されコスト高となっている中国の共同購入市場で初となる巨大案件だ。現在、市場を牽引しているのはスタートアップのMeituanである。以前に確認した時、FTuanは8位だった。その間Gaopengはシェアを失い続け、トップ10から陥落してしまったようだ。

最近eコマース部門から離れたTencentの新CEOは次のように述べた。

「この新たな共同体によって、FTuanとGaopeng双方の強みを活かし、中国の共同購入市場のお客様により良いサービスを提供することができるようになります。私たちのユーザーベースの向上に、共同購入は大いに貢献するものだと思っています」。

一方で、GrouponのJason Harinstein氏は次のようにコメントした。

「Grouponにとって今回の合併は、私たちの中国への投資をより強化するという方針の第一歩となります。Tencentは素晴らしいパートナーであり、今後も彼らとのパートナーシップを継続できることを嬉しく思います。また、FTuanと協力して中国のお客様や販売者の皆様により魅力的なサービスを提供することも心待ちにしています」。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

ゴールド・ラッシュの心理−中国における共同購入の行く末

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 先日、地元のニュースが報じたところでは、360buyが共同購入事業をアウトソースしようとしており、55Tuanが手を挙げた中の1社だという。2社はその実現可能性について協議に入っているとの噂だ。 次は360buyの番だ 4月9日、Ganjiの共同購買事業を55Tuanが引き取った後、360buyが動いた。Ftuanは既にkaixin001の日替わりキャンペー…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

先日、地元のニュースが報じたところでは、360buy共同購入事業をアウトソースしようとしており、55Tuanが手を挙げた中の1社だという。2社はその実現可能性について協議に入っているとの噂だ。

次は360buyの番だ

4月9日、Ganjiの共同購買事業を55Tuanが引き取った後、360buyが動いた。Ftuanは既にkaixin001の日替わりキャンペーンサイトの面倒を見ている。この事業に次々に飛び込んだインターネット企業は、今はみな考え直し、共同購買ベンチャーを閉じるかアウトソースすることを検討している。我々は近い将来、同様の取り決めがさらに出てくると見ている。

この件に詳しい人々によると、360buyは「地元の生活サービス」の取引だけを55Tuanに任せ、「物理的な製品」については取り組みを続けるらしい。最終的なところ後者は、販促やマーケティングキャンペーンのチャンネルをもう1つ持つようなもので、Jing Dong Mallの運営に近い。

ゴールド・ラッシュの心理

最近The New Yorker誌に、「ギャンブラーの神の場所で」というEvan Osnosによるマカオに関する面白い記事が掲載されていた。中国人は、自分たちはアメリカ人よりも用心深いと考えているが、実際には最もリスクを負いたがる人種だという。Osnosは、中国人は運が結果を左右するゲームで遊ぶことが多いから、万が一当たった時のために賭けに出たがることもその一因だとしている。

この心理は、なぜ中国のインターネット企業が大勢で同じように動くのかも説明している。数が多ければより安全になる。こうした企業はまた、他の企業が確立した道を歩むのも好きだ。そうした道が既に海外で大きな成功を勝ち得ているならなおさらだ。繰り返しになるが、実績ある道ほど安全なものはない。ある意味、これはゴールドラッシュと同じである。見かけで判断すれば、これより安全なものはない。金が埋まっているとわかっている場所に皆が押し寄せて掘っている間に餓死するなどありえない。

これが、共同購買ビジネスの事の顛末だ。2008年後半に突如生まれたサイトGrouponは、2010年には既にGoogleの60億米ドルの買収提案を断っていた。もちろんこれは、インターネット時代ではさして珍しい話ではない。Grouponが他と違って特別なのは、実際にお金を稼げるビジネスモデルがあるということだ。

Grouponを目指す中国企業にとっては、さらなるメリットがあった。共同購買は、浪費やムダではなく倹約や効率を追求しており、この2つの価値観は、最も伝統的なビジネスマンが共感するものだ。さらに、参入障壁は一見低く、1社目になるメリットは大きく見えた。

だから、昨年中国で共同購入ブームが起きたのも不思議ではない。誰もかもがキャンペーンを提供するサイトを立ち上げていた。競合を撃退するため、彼らはみな受け取りよりも多くの資金を使い、どんどんお金が無くなっていった。もちろん、正当な理由はある。砂金堀りにも道具が必要だし、お金を稼ぐにはお金がかかる。

今年になって、麻薬中毒者がどんどん痩せこけていくように、大きな夢はしぼんできている。多くが資金を使い果たし、事業を売るか閉鎖するかしなければならない状況だからだ。もう1つの理由は、Grouponを取り巻くざわめきが、派手に宣伝されたIPOの後にぱったり静かになったことだ。Grouponの会計実務への懸念が高まっており(直近の四半期の会計がインチキ臭いというだけでなく、真の懸念はこれがGrouponが初めて公に報告した四半期の業績で、それを上手くやってのけることができなかったということ)、共同購買は結局のところ、革命的でも高利益でもないようだ。

これら全てから教訓が導き出されるだろうか?毎度のことだが、天使が足を踏み入れるのを怖がる場所へ愚か者はドッと押し寄せる。多くの企業は、共同購入の実態をきちんと考えず、遠くから金になるチャンスを見て飛び込んだだけだったのだ。

こうして、実際にはゴールド・ラッシュに参加することほどリスクが高いことはないということを、彼らは忘れてしまった。我々が何度も何度もゴールド・ラッシュで目にしてきたのは、誰もが一枚加わろうとするが、実際裕福になるのはわずか一握りで、残りは手ぶらで帰るという事実だ。

今年、より冷静な考えが主流となるだろう。企業の多くは、メイン事業と共同購入事業の間に相乗効果がなく、自社で運営する共同購入事業は損失を生んでいることを認めている。これが、売却や第三者へのアウトソースが増えている理由だ。

共同購入が、企業や消費者に何ももたらさないと言っている訳ではない。大騒ぎの後、資金力のある大企業Dianping.comやNuomi.comは生き残っているからだ。もっと小さな事業体は、事業売却かもしくは買い手がなければ単純に事業をたたむかのいずれかによって損失を断たざるをえなくなるだろう。

【via Technode】 @technodechina

共同購入を捨ててPivot(方向転換)し、資金調達した中国企業

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 我々は、中国における共同購入市場がいかに困難であるかについてたくさんの記事を書いてきた。うまくやっているように見えるサイトがないわけではないが、ほとんどが苦戦している。おそらく、賢い企業は完全にそのビジネスから撤退し、新たな市場に飛び込んでいる。36tun(36団、今ではZhiwo mall(知我網)と呼ばれている)もその一つである。 コスメティック製品の共…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

我々は、中国における共同購入市場がいかに困難であるかについてたくさんの記事を書いてきた。うまくやっているように見えるサイトがないわけではないが、ほとんどが苦戦している。おそらく、賢い企業は完全にそのビジネスから撤退し、新たな市場に飛び込んでいる。36tun(36団、今ではZhiwo mall(知我網)と呼ばれている)もその一つである。

コスメティック製品の共同購入サイトだった36tuanは、先頃、大きな転換を図った。中国語で共同購入を指し示すサイトの名前を、より幅広く伝わるあだな的な「Zhiwo Mall」へと変更した。この名前が指し示すように、サイトは従来のEコマースプラットフォームへと移行していっており、既にサイト上には現在取り扱い中のブランド製品で溢れかえっている。今のところ「ベータ版」の扱いではあるが、サイトとしては十分機能しているように見受けられる。

またこれらの諸変更は投資家達の注目も集めたようで、Zhiwoは本日(2011年12月5日)にサービス名称の変更および、Baidu(百度)とIDGからの1000万米ドルの資金調達について発表した。ZhiwoのCEO、Su Haizheng(蘇海政)氏は、調達済み資金はこれから発展していくEコマースプラットフォームの例えば倉庫、配布、カスタマーサービスなど、に費やされると述べた。

Zhiwoはその独自の共同購入モデルを完全に手放した訳ではない。少なくとも今のところは、日替わりディールをトップページにて紹介している。しかしCEOのSu Haizheng氏は、諸変更は非常に重要であり、共同購入サイトからB2Cへの移行がコスメティック市場での自然の流れとなっていたため避けては通れない道であったと述べた。そして企業拡販と拡大をうけ、名称変更を行うことも不可欠であったのだ。

[Via Sina Tech(新浪科技)]

【via Penn Olson】 @pennolson

中国の共同購入サイトの支払いが遅延しているとの噂

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国の共同購入サービスはかなり荒れており、もはや具体的な事例をとりあげて紹介する必要はないかもしれない。「共同購入」という言葉にリンクを張ってブラウズしてもらえば、解雇、閉店、支払いの遅れ、不満を持った顧客、崩され去った夢といった現実が確認できる。このかなり悲惨な状況はさらに悪化しているようだ。 中国の大手テック系サイトによると、58tuan(58d団購)、…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国の共同購入サービスはかなり荒れており、もはや具体的な事例をとりあげて紹介する必要はないかもしれない。「共同購入」という言葉にリンクを張ってブラウズしてもらえば、解雇、閉店、支払いの遅れ、不満を持った顧客、崩され去った夢といった現実が確認できる。このかなり悲惨な状況はさらに悪化しているようだ。

中国の大手テック系サイトによると、58tuan(58d団購)、Fantong(飯統網)、そしてグルーポン(あのグルーポンではなく…とはいえ公式グルーポンの中国ジョイントベンチャーである Gaopeng(高朋)も上手くいっていないが)などによる利用店舗への支払いが遅延している。

明らかに支払いが遅れているところが数社あり、店舗は年明前の支払を期待していなかった。北京ビジネストゥデイは、過去に共同購入サイト数社と提携したという北京の料理店のオーナーにインタビューを行った。オーナーが言うには、共同購入サービスの多くから期限どおりもしくは少し遅れて支払があるが、Fantongは1ヶ月以上も支払が遅れている。いまだ支払がなく、清算が終わらない場合は顧客が持ち込むFantongで購入されたクーポンの受け取りを拒否すると話す。

これは珍しいことではない。グルーポン中国と提携した小売店の代表であるXuさんによれば、当初取引を担当したグルーポン中国の社員が退職(解雇されたかもしれない)し、グルーポン中国が支払いを留まっているため、滞った支払い額はおよそ20万元(約3万1000米ドル)にまで膨れ上がっていると語った。58tuanについて他の店舗も同様の話をしており、数十万元の支払いを1ヶ月以上待たされている。

共同購入側も、こうした非難をただ受け入れているわけではない。58tuanの親会社のCEOであるYao Jinbo(姚勁波)氏は、この件についてWeibo(微博)で次のように釈明している。

「ここ一週間、マスコミがまったく根拠のない否定的な記事を書き続けている。私たちが事業をたたむ、社員の退職が相次いでいる、店舗への返済金は遅れているといったものだ。次はCEOに隠し子がいた!と書いてもおかしくない。しかしこんなことに何の意味があるだろうか?私たちをもう少し放っておいてくれないだろうか。協力者、そして仲間たちよ、顧客にとって意味のあることだけに注力しよう。この業界全体が破綻したとしても、きっと私たちは探求し続ける意志とリソースを持ち続けるのだから。」

ここで誰が本当のことを言っているのかを判断するのは難しい。一方で、中国の主流マスコミはまったく腐敗はしていないとは言えず、非常に競争の激しい業界だ。競合に負けないため、陰謀がたくらまれることも珍しくない。「競合が私たちについてでっちあげの意地悪いニュースを書いている」というセリフは、私たちが話したほぼすべての中国企業が常に口にするものだ。当然誰もが、方々から責められながらも名誉のためだけにたたかう孤独な騎士になりたがる。

冗談もほどほどにしてほしい。

現時点ではこれらの報告は単なる噂や勝手な主張にすぎない。だが、トラブルの渦中にある共同購入サイトに関する話は、そのすべてが競合他社によって作り上げられたものだとは考えにくくなっている。あまりにもつじつまが合わないからだ。確かに支払いをしないという噂は58tuanの評判を傷つけるが、その影響はその他の共同購入サイトにも及ぶのだ。58tuanの痛手よりは低いかもしれないが、こういった話の一つ一つが店舗や小売店の目に入り、そもそも共同購入モデルに関わるリスクが高すぎると判断するかもしれない。それは共同購入市場の競争をますます激しくすることに他ならない。

もしこれらの話が策略だとすれば、この泥かけ合い競争の最終的な勝者は骸の山にその剣をさすことになるだろう。消費者と販売業者に対して、共同購入サービスは信用ならないものであるというメッセージを送り続ける限りは。

[出典:北京商報新浪科技(中国語)]

【via Penn Olson】 @pennolson

レポート:中国人の4220万人が共同購入サイトを利用

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国ネットワークインフォメーションセンター(CNNIC)は先日、「2011年の中国の共同購入サービス利用者調査レポート」と題された報告書を発表した。この報告書では、中国の共同購入サービスの状況や多くの購入者が不満を持っていることが報告されている。 中国の5億人のインターネット利用者のうち、昨年は合計4220万人が共同購入サイトを利用した。また、そのうちなんと…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国ネットワークインフォメーションセンター(CNNIC)は先日、「2011年の中国の共同購入サービス利用者調査レポート」と題された報告書を発表した。この報告書では、中国の共同購入サービスの状況や多くの購入者が不満を持っていることが報告されている。

中国の5億人のインターネット利用者のうち、昨年は合計4220万人が共同購入サイトを利用した。また、そのうちなんと45.6%の利用者が購入したものに関して、嫌な経験をしている。もちろん、問題の原因はしばしば、購入サイト自身というよりも売り主のほうにある。私個人の経験では、短絡的な見方しかできないレストランは、共同購入サイトからのお客を二流客のように扱い、事業主としてこのような新規の客を常連客に変えるという思考を持っていないようだ。

ここ数週間でLashou (拉手) 55tuan(窝窝团)Groupon.cn (中国グルーポン)のニセモノでかなりの一時解雇が行われているように、事業参入の数が過剰な中国の共同購入サービス業界は大きな混乱が生じているが、2011年の6月までの6ヶ月間で、サービス利用者の数は125%の成長を見せている。


2011年の共同購入サービス利用者の状況

これらGrouponのクローンサービスは、中国都市部の経済的に豊かな地域をメインに上海周辺の東部沿岸部で人気が高く、ネット利用者の10.5%がサービスを利用したことがある。中国西部と中部では、6.7%に下がる。このような購入サイトの全国平均普及率は8.7%である。

以下に複雑で断片化した中国の共同購入セクターに関する理解を助ける、主な統計情報を示す。(数字はすべてパーセント)

・ディールの商品カテゴリー別の購入割合:
飲食物:73.5
レジャーとエンターテイメント: 58.5
家電製品:43
デジタル機器:28.4
美容と健康:27.2
旅行とホテル:15.3
アウトドア活動:10.8

・ディール購入の際に重要視する要因:
割引率:85.4
購入の必要性:57.9
場所:52.5

・ディール購入者の性別:
女性:53.9
男性;46.1

・今後もディールサイトを利用しますか。
はい:82.1
いいえ:14.8
わからない:3.1

・嫌な経験をしたという45.6%の人への質問ー不満を感じた理由:
品質:71.6
売り手の対応の悪さ:40.3
配達が遅い:28.6
虚偽の商品情報:21.7
サービス全般の悪さ:21.1

また、ネット利用者の中国の平均と比較した場合、共同購入サイトの利用者の教育レベルは高い傾向にあり、給与も高いことがわかった。これは、この手のサービスがやはり都市部のほうが人気が高いことを裏付けている。

中国では5000以上の共同購入サイトが運営されているといわれ、消費者の選択肢は多いのだが、質や信頼性は十分とはいえない。我々は業界の整理統合の兆しを待っているのだが、そうなった場合、トップの数社ほどのサービスしか存続していないだろう。

CNNICはウェブに関する登記サービス、政策、分析を担う国営の機関である。

出典:DoNews(中国語)

【via Penn Olson 】 @pennolson