BRIDGE

タグ gaopeng

中国のグルーポンサービス「Gaopeng(高朋)」と「FTuan(F団)」が統合して新会社のGroupNetを設立

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国の共同購入サイトのGaopeng(高朋)とFTuan(F団)がビジネス統合をするという発表を受け、その新しい持ち株会社は新しいロゴ(写真右参照)と名前で新ブランドを立ち上げる。GroupNet(中国語名:北京網羅天下生活科技有限公司)は、本質的に2つのプラットフォームの融合で、FTuanとGaopeng両方のトップマネジメントにより運営される。 Tenc…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国の共同購入サイトのGaopeng(高朋)とFTuan(F団)がビジネス統合をするという発表を受け、その新しい持ち株会社は新しいロゴ(写真右参照)と名前で新ブランドを立ち上げる。GroupNet(中国語名:北京網羅天下生活科技有限公司)は、本質的に2つのプラットフォームの融合で、FTuanとGaopeng両方のトップマネジメントにより運営される。

Tencent(騰訊)もこの新会社の株を30%保持し、FTuanのCEOであるLin Ning(林寧)氏も運営を監督することになる。GaopengとFTuan両方のウェブサイトとブランドは現状のまま残す予定だ。

[出典: iFeng.com – 中国語記事より]

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

公式発表:Grouponの中国事業のGaopeng(高朋)が中国共同購入サイトのFTuan(F団)と合併へ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 最近の噂通りのことが今まさに起ころうとしている。中国のGrouponとTencentとの合弁会社であるGaopeng(高朋)が、より強力な競合相手FTuan(F団)と合併することを正式に発表した。 すべては中国インターネット大手Tencent(騰訊)によって進められた。TencentはGaopengの半分を所有しているだけでなく、FTuanの非公開出資者でも…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

最近の噂通りのことが今まさに起ころうとしている。中国のGrouponとTencentとの合弁会社であるGaopeng(高朋)が、より強力な競合相手FTuan(F団)と合併することを正式に発表した。

すべては中国インターネット大手Tencent(騰訊)によって進められた。TencentはGaopengの半分を所有しているだけでなく、FTuanの非公開出資者でもある。合併の金銭的な契約については明らかにされていない。GrouponはGaopengでの立場と同様、新会社の少数株主になる予定である。ただし、どの程度「少数」になるのかはわかっていない。

この合併により、FTuanのCEOであるLin Ning氏が率いる新しい会社が生まれる。しかし、GaopengとFTuanという2つのブランドおよびウェブサイトは今まで通り存続する予定らしい。

本日(原文掲載6月25日)午後の発表で、新会社のCEOであるLin氏は次のように述べている。

「中国の共同購入市場は投資先行型から経営に焦点を当てる流れにシフトしています。この合併によって事業運営のさらなる拡大と、お客様に革新的な商品提供ができると考えています。今回の合併による複数ブランド戦略は、eコマースやモバイルインターネットのライフスタイルにおける、販売者様やお客様の細分化されたニーズを満たすことができるでしょう」。

これは、細分化されコスト高となっている中国の共同購入市場で初となる巨大案件だ。現在、市場を牽引しているのはスタートアップのMeituanである。以前に確認した時、FTuanは8位だった。その間Gaopengはシェアを失い続け、トップ10から陥落してしまったようだ。

最近eコマース部門から離れたTencentの新CEOは次のように述べた。

「この新たな共同体によって、FTuanとGaopeng双方の強みを活かし、中国の共同購入市場のお客様により良いサービスを提供することができるようになります。私たちのユーザーベースの向上に、共同購入は大いに貢献するものだと思っています」。

一方で、GrouponのJason Harinstein氏は次のようにコメントした。

「Grouponにとって今回の合併は、私たちの中国への投資をより強化するという方針の第一歩となります。Tencentは素晴らしいパートナーであり、今後も彼らとのパートナーシップを継続できることを嬉しく思います。また、FTuanと協力して中国のお客様や販売者の皆様により魅力的なサービスを提供することも心待ちにしています」。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

The Best and the Brightestから読み解く、中国Gaopengの失敗と教訓

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 David Halberstam氏が書いた「The Best & the Brightest」という題の古い本には、アメリカ合衆国がどのようにしてベトナムのぬかるみに足を踏み入れてしまったかについて、いくつかの理由が挙げられている。なぜアメリカのような超大国が、Lyndon Johnson大統領が述べたような「みすぼらしい4流国」に打ち負かされてしま…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

David Halberstam氏が書いた「The Best & the Brightest」という題の古い本には、アメリカ合衆国がどのようにしてベトナムのぬかるみに足を踏み入れてしまったかについて、いくつかの理由が挙げられている。なぜアメリカのような超大国が、Lyndon Johnson大統領が述べたような「みすぼらしい4流国」に打ち負かされてしまったのか。そしてなぜJohnson大統領やその部下であるRobert McNamara氏およびMcGeorge Bundy氏のような優秀な人間が、ギリシャ悲劇のような結果を予測し、未然に防ぐことができなかったのか。

本が書かれたのは40年前であるにも関わらず、Halberstam氏によって描き出された大失敗から学ぶ教訓は今日でも事実であり続ける。「最高かつ最も聡明な人々(ベスト&ブライテスト)」は、いまだに失敗しているGaopeng.comのケースにも当てはまる。

GrouponTencentのジョイントベンチャーであるGaopeng(高友)は、最初からアメリカと中国という2つの世界の最良を持ち合わせていた。Grouponの熱心なアメリカンスピリットとその経験が、Tencentの持つ地元の知識と結びつくことで、勝利の方程式が完成したかのように思われた。しかし、1億米ドルというものすごい資金を抱えながら、Gaopengは最初からつまずいてしまった。見通しがつかないまま多数の都市で事業拡張のために短期間で雇用を行い、結果3,000人ものスタッフで溢れかえった。

高い経営コストと強烈な競争によってその資金は搾り取られ、事業から素早く撤退し、人材を解雇してもそれは改善されなかった。時計の偽造品販売、従業員に対する思いやりのない扱い(同社は従業員が中国旧正月の休暇をとる直前に解雇したことは有名だ)といったさらなるスキャンダルによって、同社は生き残ることができなくなった。Tencentは、Gaopengの事業を同社のまた別のブランドであるFTuanと統合する計画を進めており、Gaopengの事業は徐々に規模を縮小もしくは撤退する方向に向かっている。スタッフは解雇されるだろうというのがもっぱらの噂である。

では、いったい何がGaopengの呆気ない終焉を招いたのであろうか?Halberstam氏の本に書かれていたことに立ち返ってみると、アメリカが60年代に犯した過ちとGaopengの過ちが非常に似ていることがわかる。両者が失敗した理由は以下の通りである。

自らが無敵かつ全能であるというまやかしを信じてしまった

アメリカは、ホー・チ・ミンに負けることなどまったく考えもしなかった。従って、その勢力や北ベトナムがアメリカの動きにどう反応するかなど全く考えていなかったのである。アメリカ人は、サイゴンに進軍するだけでハノイは神を恐れて降伏するだろうと信じていた。そんなことは起こるはずもなく、アメリカの行動の多くが計算違いで単に愚かなものに見えてしまう。

そしてGaopengもまた、その遺伝子からして自らを非の打ち所がないと考えた。他のグルーポン系サービスが良いスタートを切っており、非常に手強い競争相手となっていたにも関わらず、中国市場のドアを叩くだけでそこを制覇できるものと考えていたのである。なぜGaopengが猛烈に事業拡大を続けたのかについては、これがその理由だ。こんなに素晴らしい血統の企業が存在するというだけで、市場の中国企業は一掃されることだろうと考えたのだった。もちろんそんなことが起こるはずもなく、アメリカ人がベトナムで経験したように、Gaopengも奇襲を受け、その対応策を持ち合わせていなかったのである。

歴史のニュアンスを尊重しなかった

アメリカ人が「歴史の道筋」をいくらか留意していたならば、南ベトナムに兵力を投入することに勝ち目がないことにとっくの昔に気づいただろう。反植民地主義が猛威をふるっており、「白人」はもはや権力を持てなかった。フランス人はベトナムにおける激しい戦闘の末、大きな敗北を喫することで手痛い教訓を学んでおり、Charles André Gaulle(シャルル・ド・ゴール)がアメリカ人にハノイと戦うのは無益だ、と警告していたのだ。不幸なことに、この警告は無視された。

Gaopengもまた、中国進出を試みた海外のインターネット企業がこっぴどい目に合う傾向があることに気づくべきだったのだ。Yahoo、Ebay、Googleのケースは、外国企業が、より粘り強く適応力のある地元の競合に負けた実例として有名だ。Gaopengは自信過剰となる代わりに、用心深くこのことを念頭に置くべきではなかっただろうか?結局Grouponというのは外国企業で、事業を取り仕切るために雇った従業員たちもまた外国人だ。どうして他の企業が失敗したのに自分たちは成功すると考えたのか?この質問が問われることはなかったのである。

外国には外国なりのやり方がある、ということに気づけなかった

ベトナムは独特な場所で、その歴史と文化にも独自性がある。この明白な事実が、最高かつ最も聡明なアメリカ人によって無視された。彼らはみな、ベトナムでも自分たちの国とまったく同じように物事が運ぶと望んだのである。理性的かつ知性に富んだアメリカ人は、地元におけるロジックを無視し、間違った仮定を土台に美しい建造物を築き上げた。が、その間違った仮定が原因となり、成果は大きな音をたてて瓦解していった。

中国にもまた、独自のロジックが存在する。政治および経済環境の違いにより、当然中国人はアメリカ人とは異なる行動をとる。Gaopengは人間の繊細さというものを敏感に察すことをせず、結果としてジャングルの猛獣にむさぼり食われてしまった。こうして後から考えてみると、見込みはまったくなかった。もし他の外国企業がこれを十分に認識しないならば、必ずやまた恥ずべき敗北を被ることになるだろう。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

業績不振なGrouponチャイナ「Gaopeng(高朋)」、FTuan(F団)と合併する動き?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 GrouponとTencent(騰訊)の合弁事業であるGaopeng(高朋)が、 Ftuan(F団)と5月末までに合併するとの噂が流れている。 FtuanはTencentが出資しているもう1つの日替わりクーポンサイトで、これはGrouponの撤退と、Tencentがこの合弁事業への統制力を高めていることを強調する動きだ。 Gaopengの業績不振により、Gr…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

GrouponとTencent(騰訊)の合弁事業であるGaopeng(高朋)が、 Ftuan(F団)と5月末までに合併するとの噂が流れている。 FtuanはTencentが出資しているもう1つの日替わりクーポンサイトで、これはGrouponの撤退と、Tencentがこの合弁事業への統制力を高めていることを強調する動きだ。

Gaopengの業績不振により、Grouponが中国での合弁事業を考え直し始めたと言われている。

Gaopengの過ち

GrouponとTencentが1億米ドルを出資(それぞれ5000万ドルを出資)してGaopengを立ち上げたのは2011年の2月。その時点ですでに数えきれない ほどの競合他社が市場で競い合っていた。Grouponの中国参入のニュースを聞いた国内のGrouponコピーサイトは、当初は元祖Grouponの経験および知識に加え、Tencentの資金力と中国市場に関する知識を有するGaopengは大きな脅威になると懸念した。しかし、本来なら1+1=2 となるべきところがそうはならなかった。振り返ってみると、Geopengは激戦の末に多くの問題を抱え、最終的にその事業を撤退することとなった。

Gaopengの過ちを要約すると次の通りになる。a) 現地市場を理解する前に盲目的な事業拡大を図ったこと b) 現地市場に無知で、しかも現地の言葉が話せないために現地スタッフとコミュニケーションができない駐在役員を雇いすぎたこと c) 成功経験を当てはめる上で、市場の違いを理解しなかったことがあげられる。

Gaopengにはピーク時3000人を超える社員がおり、中国国内の70以上の都市で事業を展開していた。とある情報筋によると、現在営業している都市は20にも満たないようだ。この前、Gaopengの北京事務所を退職したばかりの人に話を聞いたところ、数回の人員削減が行なわれた後、解雇されず残った人でさえ真剣に取り組む仕事がないと言っていた。

Grouponは数多くの駐在役員を雇った。とはいえ、それら駐在役員の多くは中国語を話せないために現地の販売員とコミュニケーションができなかったり、現地の市場を理解することができなかった人たちだ。今では、ほぼ全ての駐在員が中国を去っている。

高い給料で外国の優秀な人材を魅了し、大規模なマーケティングキャンペーンを行って短時間で可能な限りの利用客をかき集めるというGrouponの手法。これはヨーロッパ、ロシア、日本、そしてシンガポールでは非常に上手くいった。だが、中国では失敗している。

同社は、他国で上手くいった eメールでのマーケティング戦略が中国でも魔法のように成功するだろうと思っていた。しかし、まずeメールは中国人がほとんど毎日利用するQQのようなインスタントメッセージと比べるとはるかに利用度が低い。そして、中国人は常に一番お得なサービスに群がるので顧客忠誠心というものがない。

FTuanとの合併

GaopengをFTuanと合併させるのは賢い動きだと思う。両社ともにTencentの出資を受けているし、Tencentが同様のサービスを3つも維持する意味は あまりない。そう、3つだ。GaopengとFTuanの他に、TencentQQ Tuanも運営している。

中国のメディアは、TencentはGaopengの運営に満足していなかったので、Gaopengの株式はFTuanに移され、FtuanはGaopengとQQ Tuanの事業を統合するだろうと、あるGaopengスタッフの主張を引用した。Gaopengの職員の中には自分の仕事の心配をしている人もいる。統合に伴う新たな人員削減は避けられないだろう。

昨年の共同購入の熱狂的なブームのあと、6000近くのグルーポン系サイトで膨れ上がっていた市場は今では3000ほどに落ち着き、厳しい冬を乗り切ろうと苦闘している。1年と経たないうちに共同購入サイトの数は半減したが、それでも市場を考えるとまだまだ多すぎる。中国の共同購入を観察する多くの人が、 最終的には現実的に生き残れるサイトは5〜10くらいだけだろうと見ている。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

苦戦する中国の共同購入モデル−最大の犠牲者はGroupon合弁のGaopeng

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 共同購入の統計調査および分析を行う中国の調査会社Dataotuan(大淘団)によると、最近の傾向としては、取引の数は増加しているものの、質は低下しているようだ。簡単にいうと、共同購入の効率が落ちているということだ。 Dataotuanは5月以降に行われた取引数および売上げを追跡調査したが、それによると、取引の数は増えつつあるが、それぞれの平均売上げや平均収益…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

共同購入の統計調査および分析を行う中国の調査会社Dataotuan(大淘団)によると、最近の傾向としては、取引の数は増加しているものの、質は低下しているようだ。簡単にいうと、共同購入の効率が落ちているということだ。

Dataotuanは5月以降に行われた取引数および売上げを追跡調査したが、それによると、取引の数は増えつつあるが、それぞれの平均売上げや平均収益はわずかに低下しつつある。

中国での共同購入モデルの不安定な本質をわかりやすく表すため、Dataotuanは「不成立」取引や販売回数が5回に満たなかった取引数に注目した。5月の記録は4.9%、6月は7.8%、7月は8.7%となり、これらの「不成立」取引のうち半分近くが販売が全くなかった。

収益でトップテンに入るプレイヤーのうち、不成立取引ではQQが16.7%と最も多く、大衆点評(Dianping)がわずか0.5%と最も少なかった。しかしQQは、「数撃ちゃ当たる」的なやり方で取引を作り出していて、まだマーケットシェアの観点からは収益で11.9%と、今も優位に立っている。不成立取引のうち、オンラインショッピングが32%を占め、ライフサービスが31%を占める。

最近いくつかの事務所を閉鎖したGaopengが抱えている問題の規模を見れば、Gaopengの取引不成立の割合が29.4%であったことも、驚くほどのことではない。先週、大勢のGaopengの元社員に会ったが、Gaopengに対して彼らが見せる表情を見ればいわずとして分かる。

Gaopengは沈みかけている。急激な変化を経験しているため、Gaopeng社員の中では、「Gaopengでの1年は他社での5年に匹敵する」という言葉がよくいわれている。あるいは、「Gaopnegでの1日は他社での5日に匹敵する」かもしれない。Gaopnegは今年事務所を開設したばかりで、数ヶ月しか在職しなかった社員も多いからだ。大変ではあるが、すばらしい経験だという社員も多い。

少し前に予想した通り、かなり細かく分裂していた共同購入市場は統合しはじめ、規模の小さい企業は消え始めているのはごく自然な成行きだ。それでも魅力的な市場である。新しいモデルではカスタマー・ロイヤルティにおける問題や繁忙期に客が集中して顧客満足度が低下するという問題を解決するべく試行錯誤がなされている。

DataotuanのCEOであるWenli Liao(廖文利)氏はこの発見の結果をふまえ「7月の数字をみての我々の結論は、中国の共同購入市場は全てのプレイヤーにとってますます困難になりつつあるということだ。上位10位から20位程度のプレイヤーは全てのレベルで微調整をしなければならない。とりあえずディールを公開すればいいという時代はもう終わったようだ」と語る。

レポートの全文を購読するにはreports@dataotuan.comにメールを頂きたい。

【via Technode@technodechina

----------[AD]----------

財務逼迫と人員削減に追い込まれた中国版GrouponのGaopeng(高朋)経営陣、Tencent(騰訊)を批判する

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 情報筋によれば、中国での米GrouponとTencent(騰訊)の共同事業であるGaopeng(高朋)は、中国人スタッフ(管理職から一般職員までを含む)の3分の1を解雇し、50―80%の国内事務所を閉鎖することとなった。Gaopengの前社長、現社長ともにこの削減に至った原因は出資元Tencentの資金繰りの遅れであると指摘した。 実を言うと、ここ数ヶ月の間…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

情報筋によれば、中国での米GrouponとTencent(騰訊)の共同事業であるGaopeng(高朋)は、中国人スタッフ(管理職から一般職員までを含む)の3分の1を解雇し、50―80%の国内事務所を閉鎖することとなった。Gaopengの前社長、現社長ともにこの削減に至った原因は出資元Tencentの資金繰りの遅れであると指摘した。

実を言うと、ここ数ヶ月の間Gaopengは、急激な拡大のあおりもあって財務問題を抱えており、内部での勢力争いなどもみられたようだと、同社管理職達は明かしている。

Gaopeng COOのOuyang Yun(欧陽雲)氏は過去のある取材で、同社が3000人の職員を雇用したことや支店が50都市にまで拡大したことを話してくれていた。先週、Gaopengの管理職は人員を2000人に減らすようにいわれ、また資金不足のために20~41の支店が閉鎖されると告げられた。

Tencentはコメントを控えた。

Tencentは苦境にある共同事業への投資に気が進まないことで非難されたが、その冷淡な行動には何か理由があるのかもしれない。匿名を名乗るGaopengの社員によれば、TencentはGaopengのいくつかの戦略について不満を抱いているそうだ。

例えば、Gaopengの役員の大多数が中国市場についてあまり知識のない外国人であること、Gaopengの取組みにはTencentには受け入れられないようなことがある、などだ。当てずっぽうだが、これが、もしかしたらTencentがためらっている理由かもしれない。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

中国版GrouponのGaopeng(高朋)が400人以上の職員を解雇

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国のビジネス界はさながらジャングルのようである。数千とはいわないが数百ものライバルとの熾烈な争いがそこにはあり、予測不能で不確かな環境のなかでは常識的なルールが通用しないのである。 Gaopeng (Groupon China)が中国に進出する前から、目の肥えた市場オブザーバーたちからは、Google、Yahoo、Ebayなどと同様「こっぴどく打ち負かされ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のビジネス界はさながらジャングルのようである。数千とはいわないが数百ものライバルとの熾烈な争いがそこにはあり、予測不能で不確かな環境のなかでは常識的なルールが通用しないのである。

Gaopeng (Groupon China)が中国に進出する前から、目の肥えた市場オブザーバーたちからは、Google、Yahoo、Ebayなどと同様「こっぴどく打ち負かされる外国企業」のカテゴリに入れられていた。

Beijing Morning Post(北京晨報)によれば、先週同社は国内で400人以上の職員を解雇したという。Geopengも次なる敗者となるのだろうか?

2010年アメリカのゴールデンスタートアップと称されたGrouponは、5000以上のクローンサイトが存在する中国で「共同購入」に火をつけた。CrunchBase(クランチベース)によれば、Grouponは総額11億4000万米ドルという巨大な資金を獲得している。

その資金の多くは、買収や中国などの国々での足場を築くことを通じて国際的な事業展開をすることに使用された。異論のあるところだが、中国に関する知識や中国語の能力もあまりない外国人の管理職ーほとんとが元経営コンサルタントや投資家ーへの高額な給料に多額の資金が充てられた。

この戦略が、Gaopeng(高朋)がLashou(拉手網)Meituan(美団網)Tencent(腾訊)といったクローン企業によって大打撃を受けている中国という市場でうまくいかなかったのは自明であった。グルーポンの創業者でCEOのアンドリュー・メイソンが戦略を整え態勢を立て直すために訪中したのはほんの数ヶ月前だ。もしかしたら、これらの人員削減は新たな計画のひとつの動きなのだろうか。

再建のための大規模な解雇によって、秦皇島、煙台、南寧など13都市にそれぞれあった2~3の支店を完全に閉め、上海、杭州、武漢など18都市にあった1~2の支店は規模を縮小することになった。

不運なことに、上海のある都市では2か月分の給料だったのに対し、別の2~3の都市では、労働法は被解雇者に不利なものであって、Gaopengは2週間分の給料しか補償しなかった。

もちろん、今回の相当数の解雇は組織の至る所で従業員の士気に影響を及ぼした。Gaopengの人事部の役員は、「支店長を除き、従業員をこれ以上解雇することはしない」と言って、彼らの不安を取り除こうとした。だが、多くの従業員はその言葉を疑っており、自分たちもまた解雇の一歩手前にあるかもしれないと信じているのである。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------