THE BRIDGE

タグ Hotel

顧客満足度を保証する日本旅館のオンラインマーケットプレイス「Relux」

SHARE:

英語版の記事はコチラから。 日本の伝統的なホテルや旅館の多くは、その優れたホスピタリティで知られている。そんな中でもハイクラスな旅館を限定に、最高の宿泊先を選ぶ手助けをしてくれるウェブサイト「Relux」が、今年2月にβ版としてローンチした。 Reluxを運営するのは、東京を拠点にしたスタートアップ、ロコパートナーズだ。サイバーエージェント・ベンチャーズとリクルートインキュベーションパートナーズか…

relux-toppage

英語版の記事はコチラから。

日本の伝統的なホテルや旅館の多くは、その優れたホスピタリティで知られている。そんな中でもハイクラスな旅館を限定に、最高の宿泊先を選ぶ手助けをしてくれるウェブサイト「Relux」が、今年2月にβ版としてローンチした。

Reluxを運営するのは、東京を拠点にしたスタートアップ、ロコパートナーズだ。サイバーエージェント・ベンチャーズとリクルートインキュベーションパートナーズから6,000万円の資金調達している。

宿泊施設を調べたり予約できるその他のサービスには、じゃらん楽天トラベルがある。また、一休のようなハイクラスなホテルに特化したサービスも存在する。では、Relux はどこが違うのか?

Relux の名前は、relax(リラックス)とluxury(贅沢)という単語を組み合わせたものだ。彼らの他サービスとの差別要因には以下の3つが挙げられる。

        まず最初に、30歳から40歳代のユーザが中心の会員限定のサービスであること。その多くは医者、弁護士、エグゼクティブなどだ。ユーザは会員登録の申込みをし、Facebookから取得される大学やキャリア経験などの情報をもとに審査が行われる。会員になる確率は20%。
        2つ目に、Relux上のすべてのオファーは、どこよりもお得なベストレート保証であること。競合他社に類似プランが存在した場合でも、Reluxの方が必ずお得だ。
        また、単純にハイクラスな宿泊施設に特化しているということではなく、あくまで宿泊顧客の満足度を軸にホテルや旅館を厳選している。そのため、万が一満足できなかった顧客には宿泊料金が返金される。こうした顧客満足度保証のポリシーは業界初だという。

筆者はこの構想を練ったReluxの創業者に話を聞く機会があった。

旅館と直接交渉することで、Relux専用の旅行プランを用意しています。宿泊料金の相場は、一泊一人あたり、夕食と朝食込みで4万円となっています。プランは3万円から始まり、高額なもので10万円のものまであります。その他の旅行検索サービスとの大きな違いは、Reluxが完全に顧客満足度をベースにしている点です。

宿泊施設のレビューは、オンラインとオフラインのレビューの徹底調査、またReluxの担当者が実際に訪問もしくは宿泊してみた結果選ばれている。また、年間100回以上宿泊するエグゼクティブたちによるレコメンドも考慮されている。

ローンチからまだわずか2ヶ月。現在は会員の獲得と、予約できる旅館のラインナップに注力しているという。1年で200の宿泊施設を紹介することがまずの目標だ。篠塚氏はこう付け加えた。

東京に限らず、日本全体を見ても魅力的な旅館がたくさんあります。私たちのミッションは、こうした文化をまずは日本の人々に、そして近い将来世界へと広げていくことです。最終的には英語版をリリースすることも考えています。

----------[AD]----------

アジア6か国で展開するホテル予約が可能なモバイルアプリ「HotelQuickly」は、ユーザーに最適なホテルを教えてくれる

SHARE:

HotelQuicklyは直前でもホテルの予約ができるモバイル専用アプリ。アジア地域で利用が可能となっており、膨大なデータを持ち、割引価格でホテルを提供している。 香港拠点のスタートアップHotelQuicklyは、直前でも簡単にホテル予約ができるサービスとしてローンチされた。モバイル専用の同アプリは、香港、シンガポール、台湾、タイ、インドネシア、マレーシアで利用できる。同アプリの第2段階には、ア…

hotel-quicklyHotelQuicklyは直前でもホテルの予約ができるモバイル専用アプリ。アジア地域で利用が可能となっており、膨大なデータを持ち、割引価格でホテルを提供している。

香港拠点のスタートアップHotelQuicklyは、直前でも簡単にホテル予約ができるサービスとしてローンチされた。モバイル専用の同アプリは、香港、シンガポール、台湾、タイ、インドネシア、マレーシアで利用できる。同アプリの第2段階には、アジア全域で利用可能になる予定だ。

HotelQuicklyは、Tomas Laboutaka氏(CEO)、Christian Mischler氏(COO)、Michal Juhas氏(CTO)、Mario Peng氏(CFO)、Raphael Cohen氏(CSO)によって設立された。同サービスは、同地域で長年の懸案だったニーズに応え、ホテルの当日予約を割引料金で提供。ユーザのいる場所に基づいて条件が最も良い厳選されたホテルの6つを、3つのカテゴリー(星クラス・デザイン・快適さ)に分けて紹介する。よって、ユーザは当日の夜に泊まるホテルを効率よく即座に予約できるのだ。しかもたったの3ステップで。

hotel-quickly

さまざまなホテル予約アプリケーションがあるが、Hotel Quicklyが優れている点は何だろうか?同チームによると、Hotel Quicklyを使うことにより、ユーザは厳選されたホテルが提供する直前予約割引の恩恵を受けることができるという。またHotel Quicklyによって提携ホテルは直前割引をリアルタイムで更新することができ、日々の稼働率を上げることができる。

価格について尋ねたところ、CEOのTomas氏は通常レートより最大で70%安いと明かしてくれた。現在HotelQuicklyは100を超える数のホテルのネットワークをアジア6か国に展開している。また同社はアジア、ヨーロッパ、アメリカの様々な投資家から50万米ドルを調達しており、シリーズAラウンドの資金調達をまさに完了しようとしている。

Rocket Internet Asiaの元メンバーたちにより共同設立

HotelQuicklyに関してもう一つの興味深い事実は、Christian、Raphael両氏が以前Rocket Internet Asiaで働いていたことだ。Christian氏はFoodPandaの元COOで、Raphael氏はFoodPanda VietnamとDropGifts Singaporeのマネージングディレクターを務めていた。

私たちは先月、Rocket Internet Southeast Asiaの元シニアプロダクトマネージャーDanny Tan氏が、Zalora Singapore(Rocket Internet Asiaのポートフォリオ企業)のソフトウェア開発責任者Kevin Vo氏とチームを組んで、独自の新しいスタートアップをローンチするという記事を紹介した。

昨年は、LazadaのマネージングディレクターSusie Sugden氏が事業開始の2か月後に辞任した。彼女が辞任する直前には、Zalora IndonesiaのCEO、Nadiem Makrim氏も辞任していた。

どうやら、Rocket Internet Asiaの傘下にある企業のシニアエグゼクティブたちは次の大きなことに向かって進んでいるようだ。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

驚きの価格で素早くホテルが予約できるサービス「CheckInTonight」

SHARE:

ホテル直前予約のアプリ、CheckInTonightが厳選ホテルの料金を格安で提供している。 先日、ホテルの直前予約が素早くできるモバイルアプリHotelQuicklyの正式ローンチについて紹介したが、また新たに同様のサービスを提供するアプリが登場している、CheckInTonightだ。 HotelQuicklyと同じように、CheckInTonightも同サービスが厳選したホテルに直前割引の価…

checkintonight-logo

ホテル直前予約のアプリ、CheckInTonightが厳選ホテルの料金を格安で提供している。

先日、ホテルの直前予約が素早くできるモバイルアプリHotelQuicklyの正式ローンチについて紹介したが、また新たに同様のサービスを提供するアプリが登場している、CheckInTonightだ。

HotelQuicklyと同じように、CheckInTonightも同サービスが厳選したホテルに直前割引の価格で宿泊予約ができるアプリだ。だが、HotelQuicklyとは異なり、CheckInTonightは昨年12月にウェブ版でサービスを開始し、今年3月にモバイル版をローンチしたばかりだ。

Mark Southby氏がチームメンバーのJo Elford氏とCiaran Doyle氏とともに設立した同社は自己出資で運営されており、現在は東南アジアにフォーカスし、120を超えるホテルの直前予約を提供している。

checkintonight

CheckInTonightはHotelQuicklyと比べて何が違うのだろう?CheckInTonightでは、同日もしくは翌日のホテル予約ができるが、HotelQuicklyのほうは同日予約しかできない。さらにHotelQuicklyとは異なり、ホテルの客室が開いていれば、最大4連泊までの予約ができる。

CheckInTonightのトラクションについては、最近ローンチされたiOSアプリのダウンロード数が1万6000回を超えている。そのダウンロード数から178件の宿泊予約が行われている。同サービスは、ウェブ/モバイルアプリを通じて宿泊料金の1%を手数料として受け取っている。

「現在、ヨーロッパとオーストラリアからの観光客が全ユーザのおよそ75%を占めています。一番多いのは、カンボジアへ到着する人達からの予約です。同地域の出張旅行者もターゲットにしようと思っています。」

——デジタルマネージャーCiaran Doyle氏。

タイ、ベトナム、カンボジア、インドネシア、シンガポールでサービスを展開する同社は、今後数週間で香港、マレーシア、マカオ市場にも参入しようとしている。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

ホテル比較アプリ「I Find Hotels」がインドネシアでサービスを開始

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 「I Find Hotels」は、オーストラリアに本拠地を置くHotelsCombined.comによって開発されたiOS用ホテル比較アプリ。面白いことに、このアプリはホテルの料金を直接比較するのではなく、ホテル比較や予約ができるBooking.comやAgodaのような、他のアプリやサイトが集めたホテルの料金を比較する。先日(原文掲載10月16日)、同社は…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

「I Find Hotels」は、オーストラリアに本拠地を置くHotelsCombined.comによって開発されたiOS用ホテル比較アプリ。面白いことに、このアプリはホテルの料金を直接比較するのではなく、ホテル比較や予約ができるBooking.comAgodaのような、他のアプリやサイトが集めたホテルの料金を比較する。先日(原文掲載10月16日)、同社はこのアプリがインドネシアで利用可能になったことを発表した。インドネシアを頻繁に訪れ、最低料金でホテルを利用したい人には朗報だ。

同アプリは、12万以上の土地にある200万件以上のホテルを扱っており、世界中のホテルの料金を一度に比較できる。HotelsCombinedのインドネシア地域マネジャーのRizka Maydita氏は次のように述べている。

「私たちは多様なお客様が求めるものを見つける手助けができるよう、新しい手段をグローバルに提供し続けることに注力しています」。

HotelsCombinedと「I Find Hotels」は現在、他のアジア圏の言語として日本語、韓国語、北京語とアラビア語を含む26ヶ国語に対応している。詳細は、こちらのiOS用無料アプリで確認することができる。またAndroid用も「Hotels Combined」名のアプリとして、こちらから入手可能だ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国のホテル予約アプリ「Bingdian」(酒店控)がシリーズAで資金を調達

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 人気の旅行予約アプリをいくつか開発するShanghai Didatour International Travel Service Co., Ltd(上海途客旅遊信息咨询有限公司)が、BlueRun Venturesの出資するシリーズAの資金調達を完了したことをTechNodeに伝えた。調達した資金は、テクノロジー開発とホテル提携に活用される。 「BingD…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

人気の旅行予約アプリをいくつか開発するShanghai Didatour International Travel Service Co., Ltd(上海途客旅遊信息咨询有限公司)が、BlueRun Venturesの出資するシリーズAの資金調達を完了したことをTechNodeに伝えた。調達した資金は、テクノロジー開発とホテル提携に活用される。

BingDian Jiudiankong(Hotel Master、酒店控)」と「Jiudian Bingdianjia(Hotel Discounts、酒店冰点価)」という2つの人気アプリをリリースしている。Hotel Masterは同社のメインプロダクトで、今年の3月末のリリースから最初の150日間で50万ダウンロードを記録した。AppleのChina App Storeの旅行アプリチャートでも1週間ほどトップの座についている。

アプリは、「Pricelineモデル(いわゆる『自分で価格を設定できる』モデル)」を中国で最初に取り入れた中の一つだ。ユーザはホテルの客室の価格を自ら設定し、ホテルに入札させることができる。この主な機能に加えて、Hotel Materの旧バージョンには一流ホテルのロイヤルティーカードも導入されており、ビジネス旅行客は同アプリから直接予約できる。

実際には、この2つの機能は異なるユーザグループをターゲットにしている。「自分で価格を設定する」機能はどちらかと言えば料金に敏感な顧客向けのサービスで、「ロイヤルティーカード」機能は料金をそれほど気にしなくてもいいビジネス旅行客に人気がある。そのため、Bingdianチームはこのアプリを2つに分け、それぞれのカテゴリーにさらに特化した個々のアプリを作ることを決めた。それで誕生したのが、今年10月初旬にローンチされた「Hotel Discounts」なのだ。

その他多くの旅行予約アプリと同じように、Hotel Discountsもホテルを支援し空室を減らすことで収益を上げている。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------