THE BRIDGE

タグ Huami(安徽華米科技)

Xiaomi(小米)のスマートウェアラブル・パートナーHuami(華米)、アメリカで1億5,000万米ドルのIPOを申請

SHARE:

Xiaomi(小米)のスマートウェアラブル機器パートナーの Huami(華米)は、アメリカの証券取引委員会(SEC)に1億5,000万米ドルのIPO(新規株式公開)を申請した。ナスダック・グローバルマーケットの米国預託証券(ADS)として証券コード「HMI」で上場するという申請内容。売出価格条件は公表されていない。 2013年に設立され、中国・合肥を拠点とするこのスタートアップは、スマートバンド、…

Xiaomi(小米)のスマートウェアラブル機器パートナーの Huami(華米)は、アメリカの証券取引委員会(SEC)に1億5,000万米ドルのIPO(新規株式公開)を申請した。ナスダック・グローバルマーケットの米国預託証券(ADS)として証券コード「HMI」で上場するという申請内容。売出価格条件は公表されていない。

2013年に設立され、中国・合肥を拠点とするこのスタートアップは、スマートバンド、腕時計(ただし子ども用とクォーツは除く)、体重計や関連アクセサリーなど、Xiaomi のウェアラブル製品のデザインと製造を一手に引き受けているパートナーである。

Xiaomi のスマートハードウェアのエコシステムでも際立った存在である Huami は、その低価格戦略と Xiaomi ブランドのおかげで世界でもトップクラスのスマートウェアラブルメーカーにのし上がった。2017年1〜9月の間に1,160万台のデバイスを出荷したが、この出荷台数は世界でも最も多い部類に入る。目論見書情報によると、2017年9月末時点の登録ユーザ数は4,960万人にのぼる。持続可能な発展を維持するため、データマイニングや AI の分野に進出する計画がある、と同社 CEO の Huang Wang(黃汪)氏は TechCrunch Shenzhen(深圳)で語っていた。

同社唯一の顧客で、ウェアラブル製品の流通を行っている Xiaomi は、発行済み株式の19.3%を所有している。Xiaomi とは戦略的な提携関係にあり、将来にわたる Xiaomi ウェアラブル製品の世界での開発に際し、最優先されるパートナーのステータスを与えられている。この提携関係は2020年9月まで有効。

設立後5年になる Huami は、Xiaomi のほかに同社 CEO により共同で設立されたベンチャーキャピタルファンドの Shunwei(順為資本)から投資を受けた。さらに2014年には Banyan Capital がリードするシリーズBラウンドで3,500万米ドルを調達した。2017年初頭には、Huami の新たな資金調達が始まるとの噂が広まった。

今回の IPO 申請に対する世間の注目度は高くなかったが、親会社である Xiaomi の IPO に対する期待が市場の中で高まっている。Xiaomi 上級役員に近い筋の情報によると、同社は2018年下半期に時価総額2,000億米ドルで IPO を実施する方針を固めたという。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Xiaomi(小米)のスマート・リストバンドが、Alipay(支付宝)モバイル決済をサポート

SHARE:

非接触カードからの当然の進展として、ウエアラブルデバイスがターゲットにするのはモバイル決済だ。Xiaomi(小米)の人気スマート・フィットネス・トラッカーMi Band(小米手環)を製造する Huami(安徽華米科技)は、Alibaba(阿里巴巴)の決済サービスである Alipay(支付宝)と提携し、モバイル決済機能を取り入れたスマート・リストバンドを開発することとなった。 ユーザは Mi Ban…

Xiaomi-Mi-Band

非接触カードからの当然の進展として、ウエアラブルデバイスがターゲットにするのはモバイル決済だ。Xiaomi(小米)の人気スマート・フィットネス・トラッカーMi Band(小米手環)を製造する Huami(安徽華米科技)は、Alibaba(阿里巴巴)の決済サービスである Alipay(支付宝)と提携し、モバイル決済機能を取り入れたスマート・リストバンドを開発することとなった。

ユーザは Mi Bandを Alipay のアカウントを接続し、Alipay 対応可能な店舗でパスワードを入力することなく、Mi Band を近づけるだけで決済が可能になる。トランザクションが生じるときには、Bluetooth 経由でスマートフォンと接続しID認証する。

セキュリティに関する懸念について、Xiaomi と Huami は決済を安全なものにするため、Mi Band が業界の暗号化標準を採用することになるだろうと語っている。デバイスごとに異なるIDを持ち、プリセットされた Alipay アカウントと一致したときのみ決済が処理されるので、ユーザは Mi Band を紛失したとしても、第三者が不正に決済をする心配が無い。

Alipay はモバイル決済、アラート、バウチャー認証の機能を Huami に開放する。Alipay はより多くのハードウェア製造会社と協力を計画しており、カスタマイズされた機能が開発できるようパートナーに Alipay へのアクセスを認めることになるだろうとも述べた。

この機能は、Alipay の Android 版バージョン8.6 で利用でき、iOS 版はまもなくローンチする予定だ。

Mi Band は中国でワンタッチのモバイル決済ができる最初のウエアラブルデバイスではない。北京のスタートアップが開発した NFC が利用できるスマート・ブレスレット「Shuashua(刷刷)」は、バスやタクシーのほか、スーパー、レストラン、映画館、病院などで決済に利用ができる。

Mi Band の機能と Alipay の利用範囲が組み合わされば、このプロダクトの決済機能へのアクセシビリティはより高いものになるだろう。Xiaomi によれば、Mi Band は昨年8月の発売以降、昨年の12月上旬現在で100万ロット以上が出荷されている。

Wristband-payment

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Xiaomi(小米)のフィットネスウェアラブルデバイスのパートナーがシリーズBで3500万米ドルを調達

SHARE:

Xiaomiのフィットネスウェアラブル機器のパートナーである中国のスタートアップHuami(安徽華米科技)は、シリーズBラウンドで3500万米ドルを調達した。同社の発表によると、Banyan Capital、Sequoia Capital、そしてMorningside Capitalから調達したという。 XiaomiのフィットネストラッカーMiBand(小米手環)を実際に製造したのはHuamiであ…

mi-band-off-wrist-front

Xiaomiのフィットネスウェアラブル機器のパートナーである中国のスタートアップHuami(安徽華米科技)は、シリーズBラウンドで3500万米ドルを調達した。同社の発表によると、Banyan Capital、Sequoia Capital、そしてMorningside Capitalから調達したという。

XiaomiのフィットネストラッカーMiBand(小米手環)を実際に製造したのはHuamiであるが、Xiaomiは今年初めの額が控えめだったシリーズAラウンドには加わったものの、今回のラウンドには不参加だった。Xiaomiの共同創業者のLei Jun(雷軍)氏も自身のShunwei China Internet Fund(順為中国互連網基金)を通じてHuamiのシリーズAに投資している。

現在Huamiは自社の時価総額を3億米ドルとしている。

Xiaomiはローンチから3ヶ月で100万個のMi Bandフィットネストラッカーを売り上げ、この安価なデバイス(販売価格はわずか79元、約13米ドル)は、中国のウェアラブル技術製品においてトップであるかもしれない。

昨日Xiaomiは、アメリカのMisfitによる4000万米ドル規模の投資ラウンドに参加した。同社がスマートウェアラブル分野においてリスク分散を目指していることは明らかだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia
【原文】

----------[AD]----------