THE BRIDGE

タグ JIBO

MIT発のソーシャルロボット「JIBO」がアジア展開に向け1,600万ドルを調達——セガサミーやCAC Holdingsらが参加

SHARE:

シリコンバレーを拠点とし、アジアのスタートアップに積極的な投資を行っている Fenox Venture Capital は、Jibo という MIT 生まれのソーシャルロボットに対し1,600万米ドルのシリーズA拡張ラウンドをリードしたことを Tech in Asia に明らかにした。日本のビデオゲーム、スロットマシーン、リゾートコングロマリットのセガサミーホールディングス(東証:6460)とIT…

cynthia_with_jibo

シリコンバレーを拠点とし、アジアのスタートアップに積極的な投資を行っている Fenox Venture Capital は、Jibo という MIT 生まれのソーシャルロボットに対し1,600万米ドルのシリーズA拡張ラウンドをリードしたことを Tech in Asia に明らかにした。日本のビデオゲーム、スロットマシーン、リゾートコングロマリットのセガサミーホールディングス(東証:6460)とITサービスの巨人 CAC Holdings(東証:4725)の2社がこのラウンドに Fenox の LP として参加した。両社はともに Jibo と協力して、販売・マーケティングチャネルを通じ、アジアにおけるロボット事業の促進を図る。

<関連記事>

いわゆる「ファミリーロボット」と呼ばれる技術に投資をするアジアの企業はセガとCACが初めてではない。さかのぼること8月、Acer(台湾)、電通ベンチャーズ(日本)、KDDI(日本)、LG UPlus(韓国)、NetPosa(中国)が、このガジェットの2,500万米ドルのシリーズAラウンドのうち、当初の1,100万米ドルを投資し、Samsung(韓国)も参加していた。Jibo のPR会社によると、今回の2回目の拡張ラウンドにより調達金額の総額は6,000万米ドルとなった。

Jibo は Cynthia Breazeal 氏(写真上、MIT教授でありソーシャルロボットのパイオニア)考案によるもので、Indiegogo のクラウドファンディングキャンペーンで2014年にロボティクス業界に突如現れた。10万米ドルの資金調達目標に対し、370万米ドル以上の金額を集めた。

ロボットは、秘書、デジタルコンパニオン、カメラマンとして使用できる。人工知能を活用して個人の日常習慣や嗜好を学習する。Jibo は音声を使ったアラートやリマインダーでコミュニケーションしてくるので、あなたは1日中スマホを眺めることはなくなるだろう。このロボットには全方位を対象とするマイクが付いていて部屋全体からの音声命令を拾えるほか、高感度カメラにより写真や動画を撮ることもできる。このロボットはカメラを使って対象者の顔を追跡できるので、よりパーソナルで、細部にわたる感情を作り出すように動き回りながら特定の個人をフォローすることもできる。

Pepperより感情豊か

ところが、Jibo で最もクールな機能は最小限度の要素ではありながらも感情を把握し、それを伝えるのが上手であることだ。日本はヒューマノロイド・ロボットを好むことで知られている。その例として、ソフトバンクの感情の入ったロボット「Pepper」がある。Jiboはテーブルの上に座って、丸いディスプレイには1つの「目」しかないものの、私がデモビデオを見て感じたのは、Pepper とのやりとりと比較してより温かくてファジーだったというものだ。この点についての詳細は以下の動画をみてほしい。

Fenox のゼネラル・パートナー兼CEOの Anis Uzzaman 氏は Tech in Asia に対して次のように語った。

(Jiboは)アジアの中で大きくなりたいと思っています。それは現在構築しつつある現地での提携関係に現れています。日本では、この国のロボットになりたいです。セガはユニークなキャラクターやストーリーを作る方法を熟知していますので、Jibo が日本にいるアメリカのロボットではなく、本当に日本のロボットになるための手助けをしてくれるでしょう。

Jibo の役員にもなる Uzzaman 氏は、ロボットが単に(アメリカから)移動されたものではなくアジア市場にローカライズされたものになることを強調している。文化的なニュアンス、行動、姿勢やマナーなどがプログラム化される予定だ。「日本のJiboは名前の後に『さん』を付けます」と彼は続けて述べた。さらに、あいさつする時にはお辞儀をするという。

Jiboの米国での商用リリースは2016年に予定されているが、アジアでのロボット展開がいつになるかは未定である。このスタートアップの本社はマサチューセッツ州ボストンにある。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

家庭内でアシスタントやカメラマンとして活躍するファミリーロボット「JIBO」

SHARE:

クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で支援の募集を開始したファミリーロボット「JIBO」が、人気を集めている。目標額が10万ドルのところ、現在までに10倍以上となる約150万ドルもの資金を調達。キャンペーン終了日の8月15日までにまだまだ支援が集まりそうだ。 「JIBO」はソーシャルロボット工学のパイオニアであるMITのCynthia Breazeal教授らが開発。アシスタントやカメ…


20140716062446-looking_up__1_

クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で支援の募集を開始したファミリーロボット「JIBO」が、人気を集めている。目標額が10万ドルのところ、現在までに10倍以上となる約150万ドルもの資金を調達。キャンペーン終了日の8月15日までにまだまだ支援が集まりそうだ。

「JIBO」はソーシャルロボット工学のパイオニアであるMITのCynthia Breazeal教授らが開発。アシスタントやカメラマンとして活躍してくれるほかに、メッセンジャー、アバター、読み聞かせといった機能を搭載している。

まずは動画を観ていただきたい。

ご覧いただいたように、動作がとてもユニーク。そして、重要な予定やタスクのリマインドや、指定した家族へのメッセージを伝達、笑顔認識機能で家族の自然な写真を撮影、家族とテレビ電話するときのアバター、音と映像を伴うインタラクティブな読み聞かせ、といった行動が可能。まるで家族の一員として生活を共にするようなファミリーロボットとなっている。

20140715211029-Read_Important_Messages

JIBOは家庭内のWi-Fiネットワークに接続し、自分の顔や声をJIBOに認識させて利用する。iOSやAndroidアプリも用意されており、JIBOのネットワークに含めることも可能とのこと。

また、JIBO Storeを用意し、JIBOのスキルを拡張したり能力をカスタマイズしたり出来るようになるとのこと。JIBOに装着する物理的なアクセサリーも販売予定という。

現在行われているプロジェクトでは、「JIBO」1台で499ドルから入手可能となる見込み。プラス50ドルで日本を含む米国外への発送にも対応している。発送時期は2015年12月が予定されている。

----------[AD]----------