BRIDGE

タグ K-Startup Grand Challenge

上海で韓国政府が「K-Global Demo Day」を開催——アイトラッキングのVisual Camp、ブロックチェーン送金のMoin、会話AIのMrs.aiが入賞

SHARE:

K-Global Demo Day の入賞者は、VR アイトラッキング(視線追跡)スタートアップの Visual Camp、会話AIのスタートアップ MrS.ai、そしてブロックチェーン送金のスタートアップ Moin の3社となった。K-Global Demo Day は韓国と中国のスタートアップ間の交流を促進しようという韓国政府の取り組みの一環である。 12月12日、中国のスタートアップ5社と韓…

上海 K-Pitch デモデイの様子
Image credit: TechNode(動点科技)

K-Global Demo Day の入賞者は、VR アイトラッキング(視線追跡)スタートアップの Visual Camp、会話AIのスタートアップ MrS.ai、そしてブロックチェーン送金のスタートアップ Moin の3社となった。K-Global Demo Day は韓国と中国のスタートアップ間の交流を促進しようという韓国政府の取り組みの一環である。

12月12日、中国のスタートアップ5社と韓国のスタートアップ10社が上海の Jin Jiang Hotel(錦江飯店)のステージに上り、Strikingly の CEO である David Chen(陳海沙)氏や NIO Capital(蔚来資本)のパートナーである Junyi Zhang(張君毅)氏、Sky9 Capital(雲九資本)のバイスプレジデントである Fred Yang(楊飛)氏、そして教授であり International BU のアドバイザーでもあるIII. C. Jimmy Shih氏を含む5名の審査員にピッチを行った。このイベントは K-ICT Born2Global Centre の主催、そして上海を拠点とするスタートアップアクセラレータ XNODE(創極無限)の企画で行われた。K-ICT Born2Global Centre は韓国の科学技術情報通信部(MSIT)に運営されるスタートアップインキュベータである。

教授であり International BU のアドバイザーでもある III. C. Jimmy Shih 氏はイベントの入賞者を発表しつつそれぞれの企業にコメントを添えた。

2つのスタートアップが準優勝を勝ち取りました。1つ目の Moin は現在のシステムをディスラプトすることが可能かもしれない先端技術を使用しています。中国は金融に関して非常に厳しい法律を有していますが、そうでないと証明されるまでは新たな技術を受け入れています。次の MrS.ai は標準中国語に特化した自然言語処理技術を使用しており、中国のマーケットによりフィットする可能性を秘めています。

Sky9 Capital のバイスプレジデント Fred Yang 氏は次のようにコメントした。

優勝は、将来のモバイルコマースの大部分に大きな影響を与えるであろう新技術、VisualCamp が獲得しました。

Moin のようにブロックチェーン技術や送金チャネルの構築に焦点を当てたハイテク企業もありました。ビットコインの価格は1万米ドルを超えましたが、中国でそれに取り組むのは非常に困難です。韓国は特別なマーケットであり、世界最大のビットコインマーケットになるポテンシャルを秘めています。

Sky9 Capital のバイスプレジデント Fred Yang 氏はそうコメントした。Sky9 Capitalは中国で米ドルによるファンドを行っており、アーリーステージにあるインターネット企業や、消費者と技術セクターにおける革新的な企業をターゲットとしている。また同社は北京、上海、深圳、シリコンバレーに事務所を構えている。

AI についてですが、標準中国語は非常に複雑な言語のため AI で扱うのは困難です。そのため MrS.ai にはユニークな競争力があり、マーケットで成功する可能性を持っています。中国のスタートアップにとって AI マーケットは広大で、多くの企業やブランドが AI サービスを必要としています。

以下にトップ3の企業の概要を述べる。

VisualCamp

ゲームやeコマース、コンテンツ、そしてソーシャルメディアのような仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の技術を基にしたバーティカルマーケットの鍵を握るのがアイトラッキングである。アメリカのアイトラッキングのプレイヤーであった Eye Tribe は Facebook に買収Eyefluence は2016年に Google に買収、そしてSMI は2017年に Apple に買収された。韓国のスタートアップである VisualCamp は VR アイトラッキング技術を提供しており、現在その技術は Samsung Electronics のオールインワンタイプの Exynos VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)に搭載されている。VR HMD が PC 接続からモバイル接続、そしてオールインワンのデバイスへと移り変わっていく中で、CPU占有率を低く保つことが重要となる。Exynos 8890 では彼らの技術の CPU 占有率は4%に満たない。同分野の競合他社に比べ、彼らのソリューションはデスクトップ、モバイル、オールインワンタイプの3つの HMD 上で動き、そしてAndoroid、Windows、Linux、Linux Arm、Mac OS の5つの OS 上で動くことができる。眼球と視線のデータに基づき、ソウルを拠点とするこの企業はユーザの意図も分析している。

<関連記事>

MrS.ai

今、Siri や Cortana のような会話 AI はブランドや企業にとってトレンドとなっている。こういった企業は将来的にサービス提供は顧客にとってインタラクティブでパーソナライズされたものになるべきであると考えており、サービスの品質への本当の理解と緻密な AI 技術を備えローカライズされた専門的なソリューションを活発に探し求めている。それによって次世代のサービス体験へのイノベーションを起こそうとしているのだ。

MrS.ai はサービス業へ向けたソリューションとして会話 AI を開発している。多国籍企業向けにバーチャル AI エージェントを設計し、中国語を通じてプロフェッショナルレベルのサービスを提供している。このバーチャルエージェントはサービス部門に特化したSLUのような技術や専門的知識のダイナミックな表現、そしてマルチタスクマネジメントなどを用いて緻密なパーソナライゼーションを行い、中国語を話す消費者の込み入った要望にも応えることができる。これによって現在のサービス業におけるAIの使用にディスラプションを起こそうとしているのだ。Visa China は MrS.aiとの協力によって2018年1月に新たな AI をベースにしたコンシェルジェサービスを始める予定。同時に、中国発の AI 企業である同社は明確なビジネスニーズとサービス業に特化した技術を持って、国際航空会社や有名なホテルグループ、ホスピタリティやモビリティの高級ブランドとも提携し、会話ベースのサービスを提供している。

Moin

Moin はブロックチェーン技術を使い、ユーザが海外へ送金できるようにしている。外国人労働者や留学中の学生をターゲットに、プロセスを最適化した送金のソリューションによってより安くより早くを実現し、既存の送金時間を90%引き下げた。また、彼らの iOS アプリとウェブサイトではリアルタイムで送金費用が4大商業銀行との比較と共に提供されている。セキュリティ面では Moin は KYC と AML のプロトコルに従っている。また、今月に韓国政府が発行するライセンスによって、彼らのセキュリティは保証される予定である。同社は質疑応答の中で、トークンの ICO は行わずサービスの供給に集中するとしている。2016年3月に設立されソウルを拠点とする同社は、資金調達で250万米ドルを集めた。

ブロックチェーンは世界中で敏感な話題だ。中には密かに規制を維持したいと考えている政府もある。しかし韓国ではブロックチェーンは合法であり、今年この好景気に沸く分野に飛び込んだ韓国のスタートアップもいくらかいる。

<関連記事>

イベントでのその他のスタートアップへのコメントやアドバイス

Sky9 Capital のバイスプレジデント Fred Young 氏はコメントした。

韓国や中国からのグローバルな良い視野を持った素晴らしい起業家がたくさんいました。例えば、iSharingsoft のアプリは子どもを持つ家庭に非常に有用であると言えます。

iSharingsoft はリアルタイムの位置情報サービスで、家族や友人同士が個人的にお互いの位置情報をシェアしコミュニケーションできるというものである。

NIO Capital のパートナーである Junyi Zhang 氏は TechNode(動点科技)に語った。

みなさん素晴らしく、その製品は日々の生活に大きな影響を与えるものです。iSharingsoft、LIMA、そして Monit は非常に興味深く感じました。

LIMA は機械学習技術を使用し、ブランドや企業が自らの製品を有名なウェブ小説やウェブ漫画の中で宣伝できるようにするものであり、Monit は赤ちゃんをモニタリングするスマートサービスで、おむつの交換や環境条件を感じ取り、それを親のモバイルに通知するものである。

いくつかのスタートアップは中国へ進出するためにより大きな投資家や業界のプレイヤーを必要としています。例えば LIMA は中国進出に向けて現地企業やプラットフォームが必要となるでしょう。iSharingsoft は30万回ダウンロードされており、これは決して悪くない数字です。しかし中国ではすでに WeChat(微信)や Baidu Map(百度地図)が圧倒的な立場にあり、彼らの中国進出には困難が伴うでしょう。手助けしてくれるパートナーがどうしても必要なのです。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

今年も韓国政府がアクセラレータ・プログラム「K-Startup Grand Challenge」を発表、世界から招くスタートアップは40社→50社に増枠

SHARE:

世界中の国々がグローバルに戦えるスタートアップの育成に精を出し、より大きい市場・よりよい投資機会を求めて世界中にネットワークを拡大しつつある。世界人口の60%を占める巨大市場を持ち、急成長する発展途上国がひしめくアジアは、グローバルな成功を成し遂げたい世界中のスタートアップにとって魅力的な市場だ。 韓国政府は、未来創造科学部(미래창조과학부)と情報通信産業振興院(정보통신산업진흥원)を通じて、(ソ…

世界中の国々がグローバルに戦えるスタートアップの育成に精を出し、より大きい市場・よりよい投資機会を求めて世界中にネットワークを拡大しつつある。世界人口の60%を占める巨大市場を持ち、急成長する発展途上国がひしめくアジアは、グローバルな成功を成し遂げたい世界中のスタートアップにとって魅力的な市場だ。

韓国政府は、未来創造科学部(미래창조과학부)と情報通信産業振興院(정보통신산업진흥원)を通じて、(ソウル郊外にある)パンギョの創造経済イノベーションセンター(CCEI/창조경제혁신센터)をアジアにおけるグローバル・スタートアップハブにし、グローバルなテック・スタートアップを韓国に招くプログラムを運営することで、この世界的な関心事に応えようとしている。

<関連記事>

The K-Startup Grand Challenge 2017

このプログラムに選ばれたスタートアップ上位50社は韓国に招待され、4ヶ月におよぶアクセラレータ・プログラムに参加することになる。参加スタートアップは、カンファレンスやワークショップをを通じてプログラムのパートナー企業と対話することができ、一対一のメンタリング、行政・規制当局へのアクセスやロジスティクスの支援が受けられるほか、パンギョ・テクノバレー(판교테크노밸리)にあるスタートアップ・キャンパスで、業務スペース、設備、試験環境、インキュベーションインフラが提供される。

プログラムの最後には、参加したスタートアップ50社がデモデイに参加し、そこから審査員は25社を選び出す。選ばれた25社は追加で助成金が得られるほか、加えて6ヶ月のプログラムに参加することで政府支援も受けられる。韓国で事業を展開するスタートアップは、このプログラムに参加する韓国の多国籍パートナーからメンタリングを受け、定期的なネットワークセッションに参加したり、他のスタートアップ・キャンパスやイノベーションセンターにアクセスしたりすることも可能だ。上位4社のファイナリストは、さらに追加で助成金を受けとることができる。

K-Startup Grand Challenge 2017 は、6月7日まで申込を受け付けている。

このプログラムには、サムスン、ヒュンダイ、カカオ、KT、SK テレコムといった韓国の大企業と連携している。彼らは、韓国市場や世界市場に関する専門知識をスタートアップに貸してくれるだろう。

K-Startup Grand Challenge 2017 は設立から5年以内、プロトタイプか製品またはサービスを完成させていて、投資は初期ステージである世界中のテクノロジー・スタートアップが対象。

さぁ、いますぐグローバルになろう。ここから申込ができる。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------

韓国政府が、全費用負担で世界のスタートアップ40社を招く3ヶ月間のアクセラレータ・プログラムを展開へ

SHARE:

韓国政府の未来創造科学部(미래창조과학부)と情報通信産業振興院(정보통신산업진흥원)は12日、2013年から開始されたアクセラレータ・プログラム「K-Startup Grand Challenge」について、今秋開催分から世界の卓越したスタートアップ40社を招聘募集すると発表した。3ヶ月間にわって行われるこのプログラムでは、参加スタートアップの韓国での生活費として毎月4,100ドル、チーム内3人ま…

pangyo-startup-campus
パンギョに今年3月にオープンした Startup Campus 全景(画像提供:Born2Global)

韓国政府の未来創造科学部(미래창조과학부)と情報通信産業振興院(정보통신산업진흥원)は12日、2013年から開始されたアクセラレータ・プログラム「K-Startup Grand Challenge」について、今秋開催分から世界の卓越したスタートアップ40社を招聘募集すると発表した。3ヶ月間にわって行われるこのプログラムでは、参加スタートアップの韓国での生活費として毎月4,100ドル、チーム内3人までの出発国〜ソウル間の往復航空券が支給される。会場となるのは、ソウル・カンナム(江南/강남)から地下鉄で15分ほどの、有名テック企業やスタートアップが集まるパンギョ・テクノバレー(판교테크노밸리)内に、今年3月にオープンしたばかりの Startup Campus。参加スタートアップには、オフィススペースに加え、大企業とのコラボレーションやハードウェア・プロトタイピングの設備なども提供する。

このプログラムには、ドイツの Fraunhofer やイギリスの Catapult Centre関連記事)をモデルに、韓国政府が全国に設置したと言われる創造経済イノベーションセンター(CCEI/창조경제혁신센터)が積極的に関与している。各イノベーションセンターの地域センターには、活動中心となるスポンサー企業が設定されており、例えば、パンギョ(板橋/판교)のセンターはテーマを創造経済にフォーカスしていて、NAVER らがスポンサーに設定されている。

このほかにも、サムスン、ヒュンダイ(起業家支援の NPO アサンナヌム財団=아산나눔재단を運営)、SKテレコム、LG、ロッテ(先ごろ、ソウル市内にアクセラレータを開設)、ハンファグループ(ソウルや東京などで、アクセラレータ DreamPlus を運営)などの大企業が協賛しており、スタートアップに支給される費用の多くは、これらの協賛金から賄われる予定だ。なお、プログラムの運営には、SparkLabsDEV KoreaShiftActnerLab の、4つの韓国のスタートアップ・アクセラレータが協力する。

「K-Startup Grand Challenge」への応募エントリの締切は6月14日。応募で選ばれた160社は、8月にオンラインまたは世界各都市で開かれるピッチ審査を受けて、80社にまで絞り込まれる。さらにそこから選ばれた40社が、韓国でのアクセラレータ・プログラムに招聘される予定だ。12月上旬にはデモデイが開催され、上位20社には3.3万ドル、さらに上位4社には6,000〜10万ドルの出資金がアクセラレータや外部投資家から提供されることとなっている。

----------[AD]----------