BRIDGE

タグ lalamove

ラストマイル物流の香港Lalamove、シリーズDで3億米ドルを調達——Sequoia China(紅杉資本)、Hillhouse Capital(高瓴資本)らから

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 ラストマイル物流企業の Lalamove は、新規投資家の Sequoia China(紅杉資本)と Hillhouse Capital(高瓴資本)がリードするシリーズDラウンドで3…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Image credit: Lalamove

ラストマイル物流企業の Lalamove は、新規投資家の Sequoia China(紅杉資本)と Hillhouse Capital(高瓴資本)がリードするシリーズDラウンドで3億米ドルを調達した。上海を本拠とするとするEastern Bell Venture Capital(鐘鼎創投)と PV Capital は、今回初めて Lalamove への投資に加わった。既存投資家の MindWorks Ventures(概念資本)、Shunwei Capital(順為資本)、Xiang He Capital(襄禾資本)もシリーズ D ラウンドに参加した。

香港を本拠とする Lalamove は会社声明の中で、今回獲得した資金を中国や東南アジアなど主要市場での技術機能強化や最近表明したインドへの進出加速に活用するとコメントした。また、資金の一部は、自動車販売など新規事業を確立するのにも用いられるとした。詳細について、Tech in Asia は同社に照会している。

Lalamove はラストマイル物流ソリューションを提供しており、アプリで自動車保有者やバイク便配送サービスとユーザをつないでいる。大中華圏の各都市に加え、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピンの諸都市でもサービスを提供している。登録ドライバー数は300万、2,800万以上のユーザにサービスを提供してきたという。

Lalamove は2013年の設立以降、公表されているだけで少なくとも4億6000万米ドルの資金を調達してきた。2017年10月のシリーズ C ラウンドでは、Xiaomi(小米)創業者 Lei Jun(雷軍)氏の Shunwei Capital などが1億米ドルを出資した。

技術に対応した物流サービスに多額のベンチャー資金が流入している。Lalamove の地域を超えた競合である GoGoVan  (高高客貨車)は、2017年8月に中国の貨物スタートアップ 58 Suyun(58速運)と合併して香港初のユニコーン企業(快狗)になったほか、シンガポールを本拠とする競合の Ninja Van は2018年1月のシリーズ C ラウンドで少なくとも8,700万米ドルを調達した。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

ラストマイル物流を担う香港スタートアップのLalamove、シリーズCラウンドで1億米ドルを調達——アジア100都市でサービスを展開へ

SHARE:

シリーズ B ラウンドで3,000万米ドルを調達してわずか9か月後、香港を拠点とするオンデマンド物流スタートアップの Lalamove は本日(10月11日)、新たに1億米ドルを調達したと発表した。 シリーズ C をリードしたのは、Shunwei Capital(順為資本、Xiaomi=小米社長の Lei Jun=雷軍氏が設立)で、これに Xiang He Capital(襄禾資本)や MindW…

Lalamove_Van
Lalamove は香港から東南アジアの複数の都市へ展開している。最近ではマニラでローンチした。
Photo credit: Lalamove

シリーズ B ラウンドで3,000万米ドルを調達してわずか9か月後、香港を拠点とするオンデマンド物流スタートアップの Lalamove は本日(10月11日)、新たに1億米ドルを調達したと発表した。

シリーズ C をリードしたのは、Shunwei Capital(順為資本、Xiaomi=小米社長の Lei Jun=雷軍氏が設立)で、これに Xiang He Capital(襄禾資本)や MindWorks Ventures(概念資本)などの既存投資家が参加した。同社がこれまでに調達した資金総額は公表されたもので1億6,000万米ドル、この業界では最高額の部類に入る。

中国本土では Huolala(貸拉拉)、他の地域では Lalamove として知られる同社は現在100都市で事業を展開しており、2017年末の目標として設定した水準をすでに達成している。

展開地域の多くは中国で、国内でのLalamove の「市場浸透率は80%」だと同社設立者兼 CEO の Shing Chow(周胜馥)氏は話している。残りは東南アジアおよび東アジアの諸都市、つまりシンガポール、ホーチミン市、バンコク、マニラ、台北、そしてもちろん香港だ。

新規で獲得した資金は、ベトナムでの事業拡張やマレーシア、インドネシア進出のほか、人材採用、新機能導入のために活用される。

Shing Chow 氏は次のように述べた。

当社では、クリティカルマスに到達した都市、つまり大規模な主要都市に注目しています。ここには多くの分断ポイントがありますので、物流の改善が求められているのです。

中国の物流市場の規模は1.7兆米ドル相当だという。そしてこの業界は東南アジアで経済の15%を占める。

<関連記事>

競合の先を行く

コンサル企業 Bain での勤務経験がある Chow 氏は、数年にわたるプロのポーカー選手としての賞金をもとに2013年に Lalamove を設立した。当時彼は Uber に魅せられていた。そして、同じコンセプトを至るところで応用してみようと思ったという。

Lalamove では、クライアントのためにラストマイル配送を行うトラック運転手を募集し、Uber のように手数料を徴収する。誰でもアプリを使って配送できるが、Uber とは異なり、同社が相手にしているのは大半が中小企業(SME)だ。現在、200万人のトラック運転手と1,500万を超える登録ユーザがいる。

Chow 氏は Tech in Asia に対し、いくつかの都市では採算を確保できるようになったと話してくれた。

スタートアップにとって最も簡単なことは、市場に適合した製品を持ち合わせていることを証明するために資金を使うことです。誰かがサービスに対価を支払う際、製品の必要性を示すだけでいいのです。当社では、これを収益確保に向けた最優先事項としました。「デフォルトが死」ではなく、「デフォルトが生」であるようにするためです。生き残るために外部資金に頼りたくありません。

shing-chow-lalamove
Shing Chow(周胜馥)氏
Photo credit: Lalamove

Lalamove は、提供サービスの一貫性とターゲットとする顧客の種類のおかげで財務実績が達成されているとしている。SME のロイヤルティ維持は難しくない。割引よりも、取引実績やサービス品質が決め手となるからだ。この点、販促を利用してサービスを簡単に乗り換えてしまう個人顧客とは異なる。

同社で国際事業を率いる Blake Larson 氏も以前、Tech in Asia に対して補助金とは縁のない戦略について語ってくれた。実際、同社の経営は効率的で、100都市で社員は1,500名しかいない。彼によると、中国では「何百社」という同業他社がしのぎを削っていたが、値下げ合戦を経てほとんどが共倒れしてしまったという。

今では、当社を含め2社しか残っていません。(Larson 氏)

もう1社は、中国のクラシファイドサイト58.com(58同城)からスピンオフされた Wuba だという。

東南アジアでは、GoGoVan、Deliveree のほか、昨年のシリーズ B ラウンドで3,000万米ドルを調達した Ninja Van といった競合がいる。

<関連記事>

次の手とは

Lalamove は、企業がより多くのトラックに直接アクセスできるといった新機能の開発に取り組んでいる。API 統合サービスも展開しているので、クライアントは Lalamove のアプリではなく自社の配送管理システム経由でアクセスが可能になっている。

また、現在46分もかかっている運転手による平均配送時間をさらに引き下げたいとも考えている。Chow 氏はこう話す。

配送情報は瞬時に処理されますが、実際の品物の配送はまだ緩慢です。これを変革したいです。当社の目標は、事業拡張関連にとどまりません。注文量と一貫性を高めるところにあります。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

香港の物流スタートアップLalamove、大規模な事業拡大へ向けて3,000万米ドルを調達

SHARE:

香港を拠点とする物流スタートアップの Lalamove が、シリーズ B ラウンドで3,000万米ドルを調達した。資金は事業拡大に充てられ、今年中にアジア100都市以上への展開を目指すという。 同社は現在、中国や東南アジアの45都市で事業を行っている。 2013年のローンチ(当時の社名は EasyVan)から、今回のラウンドも合わせると、合計で6,000万米ドルを調達したことになる。 今回のラウン…

Image credit: Lalamove

香港を拠点とする物流スタートアップの Lalamove が、シリーズ B ラウンドで3,000万米ドルを調達した。資金は事業拡大に充てられ、今年中にアジア100都市以上への展開を目指すという。

同社は現在、中国や東南アジアの45都市で事業を行っている。

2013年のローンチ(当時の社名は EasyVan)から、今回のラウンドも合わせると、合計で6,000万米ドルを調達したことになる。

今回のラウンドでは、北京の企業 Xianghe Capital(設立者は Baidu=百度で M&A 部門トップの経験を持つ Hesong Tang =湯和松氏)がリードインベスターを務めた。また、新規の投資家として Blackhole Capital が参加し、Mindworks Ventures と Crystal Steam も前回に続きシリーズ B ラウンドに貢献した。

TechCrunch の取材に対し、Lalamove 国際部門のマネージングディレクターを務める Blake Larson 氏は、利益が出るところまであと少しだと語った。

Lalamove は配送業界にオンデマンドエコノミーを持ち込んだことから、「物流版 Uber」と呼ばれることも多い。

この例えは的確である。Lalamove のしくみはこうだ。ユーザが集荷先、配送先、配送に使う乗り物の種類、「事前予約」または「今すぐ配送」を選択する。すると配送業者が依頼主のもとにやって来て、依頼通りに配送してくれる。

物流業向けにはいくつか相違点がある。企業であれば、一度の依頼で配送先を20ヶ所までスケジューリングでき、アカウントをカスタマイズして「お気に入りのドライバー」を指定することもでき、さらに、ワンクリックで最適なルートを設定して時間を節約することができる。

同社が持つサービスエリアは、アジアにおける都市内配送としては最大で、プラットフォームを利用するドライバーの数は50万人を超えるという。

設立者で CEO も務める Shing Chow 氏は、物流業界にはモバイルプラットフォームによって拡大する余地があると考えている。彼は、1.7兆米ドルの中国市場を例に挙げた。

これまでの物流業界の進化は、通信業界など他の市場に比べてそれほど速くはありませんでした。しかし、私たちは今まさに急速に変貌を遂げようとしている業界で、その最先端に立っているのです。これから、この業界には素晴らしい企業が生まれることになるでしょう。(Chow 氏)

<関連記事>

東南アジアでの事業展開

Lalamove は、日本のメッセージングアプリ LINE と提携して行った東南アジアでの LINE MAN 事業において、書類や荷物の配送サービス、日用品や食料品の買い物サービスをユーザに提供した。

2016年11月にはフィリピンへと事業を拡大した。東南アジアならではのサービスは、配送が完了した業者が依頼主のもとに戻るという往復サービスだ。これにより、代金引換(この地域の e コマース業界では重要な要素)が円滑になる。

Lalamove はバンコクでのローンチに先立ち、2014年11月に EasyVan から社名を改めている

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

香港拠点の配送版Uber「Lalamove」、1000万米ドルを調達して中国拡大へ

SHARE:

<ピックアップ> Hong Kong O2O Van Service ‘Lalamove’ Seals $10 Million To Expand In China 以前Easy Vanという名称だった香港拠点のスタートアップ、Lalamoveが1000万米ドルのブリッジ調達ラウンドを完了したと伝えられています。こちらはUberライクの配送サービスで、黒塗りのハイヤーの代わりにバンを配…

lalamove
Image Credit : Technode

<ピックアップ> Hong Kong O2O Van Service ‘Lalamove’ Seals $10 Million To Expand In China

以前Easy Vanという名称だった香港拠点のスタートアップ、Lalamoveが1000万米ドルのブリッジ調達ラウンドを完了したと伝えられています。こちらはUberライクの配送サービスで、黒塗りのハイヤーの代わりにバンを配車して様々なものを配送します。

<参考記事>

元々香港でやはり配車アプリのEasy Taxiの創設に携わったメンバーによって創業されており、同じく配送を提供するGoGoVanも1000万米ドルを調達するなど、なかなかニーズのあるサービスの様子です。今回の調達は中国拡大を目指したもので、現在4都市での操業を2016年までに50へと拡大させることが調達の狙いなのだとか。

via Technode

----------[AD]----------

世界で広がるモノ版Uberの波、オンデマンド型配送サービスを運営する「lalamove(ララムーブ)」

SHARE:

近年、「Uber」や「Lyft」などのオンデマンド配車サービスによって、欧米を中心に、人々のモビリティスタイルが変化しつつあります。 そして、このようなトレンドが、ヒトの移動だけでなく、モノの移動にも波及してきました。その一例が、オンデマンド型の配送サービスを運営する「lalamove(ララムーブ)」です。 2013年10月に香港で創設された「EasyVan(イージンバン)」を前身とするlalam…

lalamoveの公式ウェブサイト(スクリーンショット)
lalamoveの公式ウェブサイト(スクリーンショット)

近年、「Uber」や「Lyft」などのオンデマンド配車サービスによって、欧米を中心に、人々のモビリティスタイルが変化しつつあります。

そして、このようなトレンドが、ヒトの移動だけでなく、モノの移動にも波及してきました。その一例が、オンデマンド型の配送サービスを運営する「lalamove(ララムーブ)」です。

2013年10月に香港で創設された「EasyVan(イージンバン)」を前身とするlalamoveは、現在、香港・シンガポール・タイなどでサービスを展開。オンラインショッピング市場の拡大などにより物流量が増加しているアジア地域をターゲットに、配送先までの“ラストワンマイル”に特化したサービスは、成長性の見込める有望な事業として評価され、2015年1月には、中国のベンチャーキャピタル「Crystal Stream Capital」らから、合わせて1000万ドルの資金を調達しています。

lalamove

lalamoveの配送サービスは、Uberなどと同様、スマートフォンアプリを介して利用します。アプリ上で、荷主の所在地・配送先・荷物のサイズなどを入力し、予約手続を完了させると、lalamove独自のマッチングシステムによって、登録ドライバーの中から最適な担当者が瞬時に指定される仕組みとなっています。



lalamoveは、モバイル端末やGPSなどのテクノロジーを活用し、移動主体とドライバーをマッチングさせるという点ではUberをはじめとするオンデマンド配車サービスと共通していますが、モノとヒトとでは、いくつもの違いがあります。

まず、乗客を乗車地点から降車地点までダイレクトに移動させる配車サービスに対して、複数の配送物をそれぞれの配送先に届けてまわる配送サービスは、スケジューリングやルートの調整など、より複雑なオペレーションが求められます。また、配送物の重さ・大きさ・形は書類から家具まで多様であり、配送用車両もまた、トラック・バン・バイクなど、様々です。

香港を拠点とするオンデマンド配車サービス「EasyTaxi」の創設にたずさわった経験を持ち、現在、lalamoveで役員を務めるBlake Larson(ブレイク・ラーソン)氏は、この点について、次のように語っています。

lalamoveの役員Blake Larson氏
lalamoveの役員Blake Larson氏

「ヒトの移動を前提とした配車サービスに比べて、複数の配送先に、様々な車両で、多種多様なモノを届ける、配送サービスは複雑です。だからこそ、荷主が、必要なときにいつでも、配送業者を手配でき、ドライバーは、より効率的に、より多くのモノを運んで収入を得られるよう、テクノロジーを駆使し、配送のキャパシティを最適化する仕組みが必要だと考えています」

アジア地域でのオンデマンド型の配送サービスとしては、lalamoveと競合し、香港・台湾・シンガポール・韓国などで展開する「GoGoVan」のほか、すでにオンデマンド配車サービスとしての地位を確立しているUberも、2015年1月、配送サービス「UberCARGO」を香港でスタートさせています。

アジアでは、物流量が増加の一途をたどる一方で、物流のための仕組みが十分に整備されていない地域も少なくありません。それゆえ、このようなニーズに応える手段のひとつとして、オンデマンド型の配送サービスが、今後、ますます注目されそうです。

----------[AD]----------