BRIDGE

タグ Sequoia Capital China(紅杉資本)

Luckin Coffee(瑞幸咖啡)の失速とコロナ禍で浮上する「中国スターバックス」、Sequoia China(紅杉資本)とタッグ

SHARE:

ピックアップ:Starbucks says in partnership with Sequoia Capital China for investments ニュースサマリー:スターバックス(星巴克)は4月26日、著名VCである Sequoia Capital China(紅杉資本)と戦略的パートナシップを結ぶとを発表した。このパートナシップは、中国国内におけるリテールマーケットプレイスを中心と…

CC0 1.0 Universal via Pxhere

ピックアップ:Starbucks says in partnership with Sequoia Capital China for investments

ニュースサマリー:スターバックス(星巴克)は4月26日、著名VCである Sequoia Capital China(紅杉資本)と戦略的パートナシップを結ぶとを発表した。このパートナシップは、中国国内におけるリテールマーケットプレイスを中心とした最新テクノロジーへの共同出資を実施するのが目的だ。

ロイター通信によれば、同社は新型コロナウイルスの影響で、現在アメリカにおける店舗の約半数を休業しているという。

話題のポイント:スターバックスといえば「サードプレイス」というキーワードの元、自宅とオフィスに加えて「くつろぎの場」をフィジカルに提供するカルチャーを今まで創り上げてきました。これに関しては同社ホームページでも以下のように伝えています。

ペーパーカップやタンブラーを手に街を歩くスタイルや、家でも職場でもない「サードプレイス」の提案など、時代ごとの空気をつぶさに感じ取りながら、新たな価値を生み出し、文化を育んできました。

こうした「サードプレイス」的概念に挑戦姿勢を見せたのが、まさに Luckin Coffee でした。

中国におけるカフェ市場は良くも悪くも、Luckin Coffee(瑞幸咖啡)の話題で持ちきりでした。以前報じたように、Luckin Coffee の中国における2019年末時点の店舗数は既に4,500軒を越えており、スターバックスの店舗数3,600軒を3割ほど上回ります。同社は顧客のビッグデータを基に、パーソナライズ化させたサービスとシームレスな体験を提供し、カフェにおける「行列」をなくすなど「テクノロジー」を背景に急激な成長を遂げたとされていたわけです。

しかし同社は、4月初旬に報道されたように、売り上げの水増し会計が内部告発され株価の大幅な急落など窮地に立たされることになりました。

一方のスターバックスも新型コロナウイルスにより、数多くの同社店舗は現在クローズまたはデリバリー限定へ半強制的にしシフトしています。同社アプリや、UberEatsを通した注文と店頭受取のみの対応なため、「サードプレイス」の価値提供は完全にストップを余儀なくされています。

北京にある「Starbucks Now(啡快)」対応店舗
Image credit: Starbucks(星巴克)

このLuckin Coffee の意図しないタイミングでの急落、さらには新型コロナウイルスによる「サードプレイス」の根本的な変革タイミングの重なり。実はスターバックスこそ、新型コロナウイルス流行によって、最も大きなトランスフォーメーションを遂げることになる最初の一社となるかもしれません。

もちろんスタバも、絶対的「店舗」の信者ではなく自社アプリを通したピックアップサービスやデリバリーも以前から積極的な取り組みをしてきています。特に、昨年7月には中国において同社フラッグシップモデルとなるシームレス体験・デリバリー事業に特化した店舗「Starbucks Now(啡快)」といった取り組みも始めていたところです。

Image credit: UberEats

また、仮に数年以内に世界情勢が回復したとしても、新型コロナウイルス以前・以後における「サードプレイス」の定義は変えざるをえないのではないかなと思います。そうした面でも、キャッシュレスや最先端テクノロジーが既に街に溶け込む中国でのR&Dは重要なポイントなのでしょう。

via Reuters

----------[AD]----------

ラストマイル物流の香港Lalamove、シリーズDで3億米ドルを調達——Sequoia China(紅杉資本)、Hillhouse Capital(高瓴資本)らから

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 ラストマイル物流企業の Lalamove は、新規投資家の Sequoia China(紅杉資本)と Hillhouse Capital(高瓴資本)がリードするシリーズDラウンドで3…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Image credit: Lalamove

ラストマイル物流企業の Lalamove は、新規投資家の Sequoia China(紅杉資本)と Hillhouse Capital(高瓴資本)がリードするシリーズDラウンドで3億米ドルを調達した。上海を本拠とするとするEastern Bell Venture Capital(鐘鼎創投)と PV Capital は、今回初めて Lalamove への投資に加わった。既存投資家の MindWorks Ventures(概念資本)、Shunwei Capital(順為資本)、Xiang He Capital(襄禾資本)もシリーズ D ラウンドに参加した。

香港を本拠とする Lalamove は会社声明の中で、今回獲得した資金を中国や東南アジアなど主要市場での技術機能強化や最近表明したインドへの進出加速に活用するとコメントした。また、資金の一部は、自動車販売など新規事業を確立するのにも用いられるとした。詳細について、Tech in Asia は同社に照会している。

Lalamove はラストマイル物流ソリューションを提供しており、アプリで自動車保有者やバイク便配送サービスとユーザをつないでいる。大中華圏の各都市に加え、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピンの諸都市でもサービスを提供している。登録ドライバー数は300万、2,800万以上のユーザにサービスを提供してきたという。

Lalamove は2013年の設立以降、公表されているだけで少なくとも4億6000万米ドルの資金を調達してきた。2017年10月のシリーズ C ラウンドでは、Xiaomi(小米)創業者 Lei Jun(雷軍)氏の Shunwei Capital などが1億米ドルを出資した。

技術に対応した物流サービスに多額のベンチャー資金が流入している。Lalamove の地域を超えた競合である GoGoVan  (高高客貨車)は、2017年8月に中国の貨物スタートアップ 58 Suyun(58速運)と合併して香港初のユニコーン企業(快狗)になったほか、シンガポールを本拠とする競合の Ninja Van は2018年1月のシリーズ C ラウンドで少なくとも8,700万米ドルを調達した。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

シンガポール政府系ファンドGICとSequoia China(紅杉資本)、韓国版Venmo「Toss」を運営するViva Republicaに4,000万米ドルを出資

SHARE:

シンガポールの政府系ファンド GIC と Sequoia China が、金融サービスアプリ「Toss」を開発した韓国のフィンテックスタートアップ Viva Republica に対し、4,000万米ドルの共同出資を行った。これにより Viva Republica の活動資金は1億1,600万米ドルに達する。 今回の投資は、GIC にとって韓国のスタートアップに対する初の投資となる。Viva Re…

Toss_Team_Korea
シンガポールの政府系ファンド GIC と Sequoia China が、金融サービスアプリ「Toss」を開発した韓国のフィンテックスタートアップ Viva Republica に対し、4,000万米ドルの共同出資を行った。これにより Viva Republica の活動資金は1億1,600万米ドルに達する。

今回の投資は、GIC にとって韓国のスタートアップに対する初の投資となる。Viva Republica は新たに獲得した資金を、企業成長や製品開発の強化に充てる予定。

Viva Republica の共同設立者兼 CEO を務める SG Lee 氏はプレス声明で次のように語っている。

戦略投資である今回のブリッジラウンドによって、投資や買収といった大きなビジネスチャンスを探ることが可能になり、それにより最高のユーザエクスペリエンスを提供しつつ、消費者金融に関連するすべてのニーズに対応する頼れるサービスを目指すことができます。

<関連記事>

Toss アプリは、P2P 方式を利用した送金プラットフォームとして2015年に始動した。その後、サービスの拡大を経て、金融サービスのあらゆる側面を網羅するようになった。Toss は金融ダッシュボード、クレジットスコア管理、カスタム可能なローンや保険プラン、また複数の投資サービスなどを提供する。

Viva によると、Toss の登録ユーザ数は800万人以上、1ヶ月の取引額は100億米ドルにのぼるという。

Sequoia China のパートナーである Glen Sun 氏は次のように語っている。

Toss には、これまで弊社ポートフォリオで目にしてきた成功企業、アジア有数のユニコーン企業へと成長した企業に見られた兆候がすべてあります。Toss が韓国市場を支配する大手フィンテック企業に成長することを確信しています。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------