THE BRIDGE

タグ Viva Republica

P2P送金アプリ「Toss(토스)」を運営する韓国初のユニコーンViva Republica、シリーズFラウンドでKPCBなどから6,400万米ドルを調達

SHARE:

韓国の P2P 送金アプリ「Toss(토스)」を提供するスタートアップ Viva Republica(비바 리퍼블리카)は8日、香港を拠点とするエクイティ投資会社 Aspex Management をリードインベスターとして、6,400万米ドルを調達したと発表した。Viva Republica のバリュエーションは22億米ドル。 既存投資家の Kleiner Perkins、Altos Ventu…

Viva Republica のチーム
Image credit: Viva Republica

韓国の P2P 送金アプリ「Toss(토스)」を提供するスタートアップ Viva Republica(비바 리퍼블리카)は8日、香港を拠点とするエクイティ投資会社 Aspex Management をリードインベスターとして、6,400万米ドルを調達したと発表した。Viva Republica のバリュエーションは22億米ドル。

既存投資家の Kleiner Perkins、Altos Ventures、Goodwater Capital、GIC、Sequoia Capital China(紅杉資本)、Bessemer Venture Partners もこのラウンドに参加した。今回の調達を受けて、Viva Republica の累積調達額は約2億5,000万米ドルに達した。Viva Republica のスポークスパーソンが e27 に語ったところでは、調達した資金は、同社の継続的な拡大と成長に用いられる予定。本出資は、公開および非公開市場に投資する2018年設立のエクイティ投資会社 Aspex Management の最初の出資案件となる。

2015年に P2P 送金サービスとしてローンチした Toss は今や、送金はもとより、銀行やクレジットカード・デビットカード取引の閲覧のほか、クレジットスコアやローン・保険契約・さまざまな投資サービスの管理ができるダッシュボードを提供するなど、1つのアプリの中でさまざまな金融サービスが提供できるプラットフォームとなった。Toss のこれまでのダウンロード数は3,000万回以上で、登録ユーザは1,300万人以上。

アプリ「Toss」
Image credit: Viva Republica

Viva Republica の CEO イ・スンガン(이승건、英語名:SG Lee)氏は、次のように述べている。

Toss が、その道のりにおける次の段階に着手すべく、さらなる勢いを得たことを本当に嬉しく思う。我々のミッションは、ユーザに、可能な限り最高の金融サービス体験を提供することだ。Toss がユーザの安全と毎日の金融生活に必要な唯一無二のサービスになれるよう最善を尽くしていく。

Toss は昨年12月、12億米ドルのバリュエーションで8,000万米ドルを調達し、韓国初のテックユニコーンとなった。

Aspex Management は、Hermes Li 氏と、アジア各地に投資実績を持つ熟練した投資チームによって設立された。長期的な可能性を秘めた大型市場に携わる産業や企業、構造変革を起こしている企業に投資しているようだ。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

韓国版Venmo「Toss」を運営するViva Republica、東南アジアへの事業拡大に向け8,000万米ドルを調達

SHARE:

韓国のスタートアップで、P2P 送金アプリ「Toss」のデベロッパでもある Viva Republica は、アメリカのVC企業 Kleiner Perkins と Ribbit Capital がリードする資金調達ラウンドにおいて、時価総額12億米ドルで8,000万米ドルを調達した。 他に、Altos Ventures、Bessemer Venture Partners、Goodwater Ca…

Toss
Image credit: Viva Republica

韓国のスタートアップで、P2P 送金アプリ「Toss」のデベロッパでもある Viva Republica は、アメリカのVC企業 Kleiner PerkinsRibbit Capital がリードする資金調達ラウンドにおいて、時価総額12億米ドルで8,000万米ドルを調達した。

他に、Altos Ventures、Bessemer Venture Partners、Goodwater Capital、KTB Network、Novel、PayPal、Qualcomm Venturesといった投資家も参加した。今回調達した資金は、証券ブローカー業務の確立や東南アジアでのプレゼンス拡大に活用される。

2015年に設立された Viva Republica の Toss プラットフォームには1,000万人を超える登録ユーザがおり、毎月15億米ドルの送金を処理している(同社プレスリリース情報)。

他にも、金融ダッシュボード、預金・融資の口座、クレジットスコア管理、カスタマイズされた融資・保険商品、P2P投資、投資信託、外国株式といった投資サービスを含め、25もの金融商品を取り扱っている。

Kleiner Perkins のゼネラルパートナー Noah Knauf 氏は次のように話している。

韓国は世界でも有数の経済大国で、モバイルアダプターの爆発的拡大により、新興のフィンテックの動きでは先頭を走っています。

Toss は、フォーカスと勢いの両方が備わったリーダーシップチームに率いられています。業界でも最も優れた製品ポートフォリオのおかげで、顧客がそれぞれの金融に安全かつ安心してアクセスし、管理する方法を根本的に変革する用意ができています。

同スタートアップはこれまでにおよそ2億米ドルを調達している。以前の投資家には、シンガポールの政府系ファンド GIC や Sequoia China などがいる。Viva Republica は最近、 KPMG が発表した「2018年のフィンテック100社」で28位にランクインした。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

シンガポール政府系ファンドGICとSequoia China(紅杉資本)、韓国版Venmo「Toss」を運営するViva Republicaに4,000万米ドルを出資

SHARE:

シンガポールの政府系ファンド GIC と Sequoia China が、金融サービスアプリ「Toss」を開発した韓国のフィンテックスタートアップ Viva Republica に対し、4,000万米ドルの共同出資を行った。これにより Viva Republica の活動資金は1億1,600万米ドルに達する。 今回の投資は、GIC にとって韓国のスタートアップに対する初の投資となる。Viva Re…

Toss_Team_Korea
シンガポールの政府系ファンド GIC と Sequoia China が、金融サービスアプリ「Toss」を開発した韓国のフィンテックスタートアップ Viva Republica に対し、4,000万米ドルの共同出資を行った。これにより Viva Republica の活動資金は1億1,600万米ドルに達する。

今回の投資は、GIC にとって韓国のスタートアップに対する初の投資となる。Viva Republica は新たに獲得した資金を、企業成長や製品開発の強化に充てる予定。

Viva Republica の共同設立者兼 CEO を務める SG Lee 氏はプレス声明で次のように語っている。

戦略投資である今回のブリッジラウンドによって、投資や買収といった大きなビジネスチャンスを探ることが可能になり、それにより最高のユーザエクスペリエンスを提供しつつ、消費者金融に関連するすべてのニーズに対応する頼れるサービスを目指すことができます。

<関連記事>

Toss アプリは、P2P 方式を利用した送金プラットフォームとして2015年に始動した。その後、サービスの拡大を経て、金融サービスのあらゆる側面を網羅するようになった。Toss は金融ダッシュボード、クレジットスコア管理、カスタム可能なローンや保険プラン、また複数の投資サービスなどを提供する。

Viva によると、Toss の登録ユーザ数は800万人以上、1ヶ月の取引額は100億米ドルにのぼるという。

Sequoia China のパートナーである Glen Sun 氏は次のように語っている。

Toss には、これまで弊社ポートフォリオで目にしてきた成功企業、アジア有数のユニコーン企業へと成長した企業に見られた兆候がすべてあります。Toss が韓国市場を支配する大手フィンテック企業に成長することを確信しています。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

Paypal、韓国版Venmo「Toss」を運営するViva Republicaに出資

SHARE:

イ・スンガン(이승건)氏は起業家としては珍しい経歴を持つ。歯科学校を出ているのだ。 35歳になる イ氏は、Tech in Asia の取材にこう答える。 私が高校生の頃、両親の事業がうまくいかなかったことから、家は財政的に本当にひどい状態でした。韓国の歯科医師になれば安定した高所得が約束されるので、家族の負債を払うために大学で歯学を勉強することにしました。大学に通い始めてから、幸運にも両親のビジネ…

Viva-Republica-CEO-SG-Lee
送金アプリ「Toss」の運営の Viva Republica を経営するイ・スンガン(이승건)氏
Photo credit: Viva Republica

イ・スンガン(이승건)氏は起業家としては珍しい経歴を持つ。歯科学校を出ているのだ。

35歳になる イ氏は、Tech in Asia の取材にこう答える。

私が高校生の頃、両親の事業がうまくいかなかったことから、家は財政的に本当にひどい状態でした。韓国の歯科医師になれば安定した高所得が約束されるので、家族の負債を払うために大学で歯学を勉強することにしました。大学に通い始めてから、幸運にも両親のビジネスは好転しました。状況が変わり、私はやっと重荷から解放され、自分のキャリアとして何をしたいか考え直すことができたのです。

韓国の兵役を終えた後、彼は自分のビジネスを立ち上げた。現在、彼はシンプルでスマートな送金アプリ「Toss」を運営している。これは Paypal の Venmo の韓国版と言えるだろう。

投資家からすでに調達済みの2,900万米ドルに加え、イ氏の率いるチームは本日(3月10日)、計4,750万米ドルの追加調達に沸いた。追加分を出資したのは Paypal、Bessemer Venture Partners、Altos Ventures、Partech Ventures、そしてリードインベスターである GoodWater Capital だ。

Toss のユーザ(Tosser とでも呼ぼうか?)は現在600万人に達しており、2年前のローンチから累計30億米ドルの決済に利用されている。アプリでは韓国のほぼすべての大手銀行が発行したカードが利用できる。

人口5,000万人の国としては、これらは非常に良い数字だ。ただし一方の Venmo は、2015年に75億米ドルの取引実績があり、2016年の数字が公表される際には200億米ドルに達すると見られる。

イ氏のモバイルアプリは、ネット取引で同氏自身が経験した不満から生まれたものだ。オンラインで何か買いたいだけなのに、フォームの記入やダウンロードなどで非常に長い時間を費やす羽目になる。

昔からモバイルバンキングは韓国では大きな問題でしたし、未だにそうです。金融機関のインフラは時代遅れであり、使うのが面倒です。たとえば銀行アプリから振り込みたい場合は、少なくとも7つの画面を次々に表示し、7から10項目を記入し、複数のパスワードを思い出し、ワンタイムパスワード生成デバイスを手元に用意することなどが求められます。あらかじめ個人認証証明書をインストールしておく必要もあります。

Toss はこれらすべてを3つのステップで済ませることができる。受け取る側の銀行口座や電話番号を入力し、金額を設定してから、パスワードを入力するか、携帯電話で指紋をスキャンする。簡素化されていても安全性は十分に保たれている。

グローバル展開

イ氏はフィンテックで裾野を広げるべく、単純な送金機能のみならず、少額ローン、クレジットスコア管理、便利な個人財務ダッシュボードの追加などを行ってきた。ローン機能は現在、全体の約6%に相当するわずかなテストユーザを対象として試験運用されている。

次なる課題は海外送金、融資の仲介、保険だ。

彼のロードマップは国際展開も視野に入れている。「おそらく2018年か2019年には」とイ氏は語る。

myeongdong-326136_640
韓国は世界的にみてスマートフォンの選択率が高く、2016年にはモバイルフォンの購入に際して91%がスマートフォンを選択した
Image credit: Pixabay

韓国の主要銀行は今でこそ Toss に協力的なものの、以前はそうではなかった。厳密に言えば、このアプリはローンチされた時点では違法だった。

まず、規制とは絶対不可侵の原則ではなく、人々が合意形成したものに過ぎません。メディア、政府、企業、顧客といった関係者との間で、検討が必要な事柄について新しいコンセンサスさえ得ることができれば、規制を変えていくのは思った以上に簡単です。

Toss はローンチ後、「合法化するまで1年かかった」そうだ。Uber のTravis Kalanick 氏は羨むに違いない。

それに、(Y Combinator の)Sam Altman 氏が言う通り、簡単で独創性に欠けることをするよりは、新しくて挑戦的なことに取り組む方が簡単です。特に社会が何かを必要としている場合、新しくて挑戦的な事業に取り組めば、人々はそのビジョンを実現させるために喜んで手伝ってくれるでしょう。

イ氏はこう付け加えた。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------