THE BRIDGE

タグ Starbucks

脱コーヒーの狼煙上がるーースタバが目論むレストラン版AWS「ゴーストレストラン2.0」戦略を考察する

SHARE:

ピックアップ記事 : Starbucks wants to create the AWS for restaurants ニュースサマリ:7月22日、米Starbucksが外食事業者向けのクラウドベースのソフトウェアを開発するBrightloomとの提携を発表した。同社は注文から受け取り、顧客データ分析に基づくオペレーション最適化までの一貫したソリューションを提供する。 今回の提携を通じて、Sta…

ピックアップ記事 : Starbucks wants to create the AWS for restaurants

ニュースサマリ:7月22日、米Starbucksが外食事業者向けのクラウドベースのソフトウェアを開発するBrightloomとの提携を発表した。同社は注文から受け取り、顧客データ分析に基づくオペレーション最適化までの一貫したソリューションを提供する。

今回の提携を通じて、Starbucksは自社技術ノウハウをライセンス供与という形でBrightloomへ提供する。また、StarbucksはBrightloomの株式を取得し、取締役を置くことが決まっている。Brightloomの前身は、サンフランシスコを拠点とした自動サラダバー「Eatsa」。

Eatsaではモバイルアプリでの事前注文、もしくは店頭に置かれたタブレット端末を使いオリジナルのサラダを注文。

最初の注文の際に顧客はオンライン・アカウントを作るステップがあり、通うたびに過去の注文履歴からオススメのサラダの組み合わせを提案してくれる仕組みを確立した。注文した商品はロッカー型の受け取り口でピックアップする。

顧客とのタッチポイントに店頭スタッフとの接点がないことや、調理プロセスの半自動化が行われていた点からロボット・レストランや自動サラダバーと称され反響を呼んだ。

しかし自社チェーン展開にスケール限界を迎え、Brightloomに企業名を変更し、システム外注企業として再出発をした。Brightloomを導入するレストレンはEatsaのようなオペレーションの自動化を図ることができる。

現在、Starbucksが展開する約80カ国の市場のうち、50%でモバイルアプリを展開しているという。一方、モバイル注文/ピックアップシステムを実装しているのは唯一8カ国。まずはこの展開国数の拡大をBrightloomとの提携によって目指すことが当面の目標となる。

話題のポイント:本記事のポイントとなるのは、Starbucksが「次世代ファーストフード店」を作る可能性です。

Starbucksは実店舗ビジネスで大成功を収めていますが、Brightloomのように自社商品を提供し続けるコンテンツ提供側からプラットフォーム企業の市場ポジションへ移行したい意図を感じます

背景にはレストランの“仮想店舗化”のトレンドが挙げられます。最近ではゴースト・レストランと呼ばれるようになった領域です。

ゴースト・レストランとは調理場だけを持ち、メニューをUberEatsに代表されるフード配達サービスに載せて販売するレストラン事業モデルを指します。ウェイトレスの人件費を無くし、店舗縮小により不動産コスト削減に繋げるオンデマンド配達時代の新たな飲食ビジネスの形と言えます。

StarbucksとBrightloomが見据える仮想店舗は「ゴースト・レストラン2.0」です。

どんなブランドや個人経営の料理人であってもメニューと調整プロセスさえクラウドにアップロードすれば世界中に店舗を持てる業態をここでは指します。

従来、シェフの技量によって提供メニューに制限がありました。

しかしEatsaで実現されたような調理プロセスが半自動化された店舗では、メニューと調理手順、素材さえ現地で揃えば顧客の欲する商品をどんな店舗でも提供することが可能になるでしょう。たとえば東京に店舗を構える日本料理屋のメニューが米国の地方店舗でも楽しめる具合です。

顧客がいつでも自分の好きな料理を、どの店舗へ行っても楽しむことができる飲食チェーンが各都市に誕生する可能性です。

海外で飲食店ライセンスを取らずともメニューさえクラウドサービスに提供すれば、世界中に出店できるモデルをゴースト・レストラン2.0と本記事では呼びます。Brightloomの現在のクラウドサービスにメニュー提供機能が追加されれば夢ではないでしょう。

現在のゴースト・レストランの考えでは、未だ自社で調理場やシェフ、配達サービスとの連携を手配する必要があります。

しかし2.0の概念が普及した世界ではメニューさえ提供すれば世界中の店舗に自動展開されます。店舗側は調理メニュー工程をシステムに読み込ませて味を再現するだけ。

あらゆるブランドや料理人がクラウドを通じて手軽に店舗展開できるような世界。この未来では世界中の飲食ブランドを集めた複合型フードコンテンツを扱う新たなファーストフードチェーン業態が展開されているはずです。

従来のファーストフードチェーンとは違い、商品メニューは自社開発せず世界中からクラウド経由で調達。メニュー提供者と売上を分配するモデルが考えられます。店頭担当者は問題なくシステムが動くかを確認、顧客に問題があった場合に対応するスタッフのみを置いておくだけです。

話を一度整理します。

どんな事業者でもクラウドにメニューをアップロードするだけで店舗展開できる仮想店舗の概念が「ゴースト・レストラン2.0」。この考えに基づいて顧客に最適なメニューをその場で提案・調理する未来のファーストフードチェーン業態が登場する流れです。

そしてこうした未来の飲食業界を支えるクラウドベースのソフトウェアが必須となります。この市場ポジションをStarbucksとBrightloomは狙っていると考えられるのです。このソフトウェアを指して“レストラン版AWS”と呼びます。

レストラン版AWSの考えが普及するには実店舗を運営する事業者が必要となります。

先述した次世代ファーストフードチェーンの運営母体が必要となるのです。そこでStarbucksが店舗を所有・運営することが考えられます。

Eatsaの失敗の最大の原因が高額な出店コストでした。不動産の賃貸費用をまかなうと膨大な投資が必要となります。しかしStarbucksの巨大資本であれば逃げ切れる勝算が出てきます。

クラウドと店舗の両方を抑えられば、Starbucksは次世代飲食業界の川上から川下までの全てを提供する一大プラットフォームへと進化を遂げられるでしょう。

加えてロボットを用いた調理の完全自動化や自動運転車の普及による配達自動化も進めば、完全クラウドベースで運営される無人店舗の展開が可能になります。完全自動化された店舗は圧倒的にオペレーションコスト削減に成功し、十分な利益率を確保できる想定です。

こうした自動オペレーション化された店舗時代を見据えつつ、StarbucksはBrightloomの構想に乗っかる形で統合クラウドプラットフォームの市場立ち位置を勝ち取りたい算段なはずです。

世界中で店舗オペレーションの自動化が進んでいる現状を見据えた次世代のレストラン業態。その中枢を担うのがクラウドであるレストラン版AWS。クラウドをフル活用した店舗が次世代ファーストフードチェーンの姿なのです。

飛躍した遠い未来の話という印象をお持ちかもしれませんが、無人店舗とAIクラウド技術、商品のパーソナライズ化のトレンドを見越せば5-10年以内に登場するコンセプトだと感じています。

事実、競合は多く誕生しています。同じくシアトル拠点のMicrosoftは同社クラウドサービスであるAzureベースの店舗技術開発をしていると噂されています。

Amazonは無人店舗Amazon Goの展開を強めています。市場検証が済めば、Brightloomの戦略同様に他社向けに無人店舗技術の外販を狙ってくるでしょう。Amazonが店舗向けAWSを立ち上げることができれば、世界のクラウド市場を寡占することに繋がります。

さて、こうしたGAFMAの参入するソフトウェアが主導する次世代店舗市場にStarbucksも参戦することが本ニュースで決定的となりました。どの企業が市場リーダーになってもおかしくないでしょう。

今後5-10年以内に、Starbucksがオーナーの新ブランド、ロボット・レストレンチェーンが誕生していても不思議ではありません。

日本の大手小売・飲食企業がこうした”黒船”がもたらす無人店舗化や次世代レストラン業態の流れにどう順応していくのかにも注目が集まります。

Image Credit : Howard LakeRicky Aponteshinji_wBrightloom

----------[AD]----------

フードデリバリ人気に押され、Starbucks(星巴克)とFreshippo(盒馬鮮生)のデリバリキッチン「Star Kitchen(星厨房)」が北京に開店

SHARE:

世界最大級の消費者市場である北京でフードデリバリサービスの重要性が増す中、Starbucks(星巴克)と Alibaba(阿里巴巴)のテック系食料品店チェーン「Freshippo(盒馬鮮生)」がデリバリキッチンのコンセプトを同市で展開する。 8月に発表された Starbucksと Alibaba の協力体制の一環である「Star Kitchen(星厨房)」は、Hema (盒馬)ストア内にあるデリバ…

Image credit: Alibaba Group(阿里巴巴集団)

世界最大級の消費者市場である北京でフードデリバリサービスの重要性が増す中、Starbucks(星巴克)と Alibaba(阿里巴巴)のテック系食料品店チェーン「Freshippo(盒馬鮮生)」がデリバリキッチンのコンセプトを同市で展開する。

8月に発表された Starbucksと Alibaba の協力体制の一環である「Star Kitchen(星厨房)」は、Hema (盒馬)ストア内にあるデリバリキッチン専門店だ。Alibaba の Freshippo アプリ経由で、デリバリやセルフピックアップ(受取)を注文できる。

デリバリの注文を遂行するために特別に用意されたキッチンで、デリバリ時間の短縮を可能にしている。Alibaba のフードデリバリユニットである Ele.me(餓了麼)がデリバリを担当し、商品は30分以内に顧客に届けられる。

北京への展開は、上海と杭州での10月の「Star Kitchen」開店に続くものだ。このパートナーシップによる今後の展開予定については、現在のところ不明である。26日、TechNode はコメントを求めたが、Alibaba と Starbucks から返答は得られていない。

Freshippo のフルフィルメントやデリバリといった機能は、Starbucks のコアコンピタンスである、心地よいスペースと余裕ある座席数が呼び物のインストアエクスペリエンスを補完するものだ。生鮮食品などのステープル商品をデリバリ注文に頼ることが増えた消費者に、迅速にドリンクを届ける。中国での Starbucks の最大のライバルである Luckin Coffee(瑞幸咖啡)が、ピックアップの注文を扱う店舗に焦点を当てたアセットライトな戦略へと移行しているこの時期において、今回の動きは極めて重要な意味を持つのかもしれない。

ピックアップストアは、Luckin Coffee の全ストア数の91%を占める。通常このような店舗は規模が小さく、席数も限られるため、賃借料やフィットアウトコスト(設備などの費用)が低い。

6月下旬、Alibaba の再編成でスタンドアロン型のビジネスユニットへと格下げされた Freshippo は、国内135店舗のセルフオペレーションストアのネットワークを運営している。店舗が置かれているのは、主に1級都市と2級都市だ。

「Star Kitchen」には、Starbucks のセルフサービスキオスクが設置されており、客は Freshippo アプリ経由で注文し、15分以内にドリンクを受け取ることができる。同様に、Luckin も実店舗の展開を強化するため、セルフサービス型のコーヒー販売機プロジェクトで試験中だと伝えられている

中国国内のライバル Luckin との競争が激化する中、Starbucks の CEO を務める Kevin Johnson 氏は最近の Bloomberg とのインタビューの中で、中国での長期成長に向けた体制は整っていると述べている。中国は、同社にとって2番目に大きく、またもっとも急成長している市場だ。

現在 Luckin は事業範囲を拡大するため、Alibaba の Ele.me やTencent(騰訊)の後援を受ける Meituan(美団)といったオンデマンドのデリバリプラットフォームとのパートナーシップを模索中である。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Starbucks(星巴克)か、それともLuckin(瑞幸)か? 地元消費者の評価で、軍配はどちらに?

SHARE:

中国のコーヒーチェーン店 Luckin Coffee(瑞幸珈琲)は、赤字経営やインターネット中心のマーケティング戦術を使い中国全土に急速に広まったが、アメリカでの IPO に向けて準備中とされ、監視が厳しくなっている。 このブランドの現金燃焼マーケティング戦略が、Luckin の中国市場での立場を維持させうるか、それとも成熟する前に燃え尽きるかと疑問を投げかけるアナリストもいる。 Luckin C…

中国のコーヒーチェーン店 Luckin Coffee(瑞幸珈琲)は、赤字経営やインターネット中心のマーケティング戦術を使い中国全土に急速に広まったが、アメリカでの IPO に向けて準備中とされ、監視が厳しくなっている

このブランドの現金燃焼マーケティング戦略が、Luckin の中国市場での立場を維持させうるか、それとも成熟する前に燃え尽きるかと疑問を投げかけるアナリストもいる

Luckin Coffee は2018年1月以来、2,000店以上の店舗をオープンしたが、同年の第1~第3四半期間(9ヶ月通算)で8億5,700万人民元 (約142.2億円)の純損益を計上した。だが、この会社の驚異的な拡大は止まらない。Luckin は Starbucks を超えるため、今年約2,500店の新たな中国店舗をオープンする予定なのだ。

中国の消費者は、便利で低価格な Starbucks の代替と銘打ったこのブランドを好意的に受け止めている。

上海でのインタビューで、ある男性は、彼自身はまだ Luckin のコーヒーを飲んだことはないが、Luckin は Starbucks とは別の顧客層を開拓したと思う、と答えた。

Starbucks と Luckin のコーヒーは全く別の商品だと思います。

Starbucks は質を大事にし、体験を売りにしていますが、Luckin Coffee は便利で値段が手ごろです。

Luckin の運営は、Luckin Coffee で CMO を務める Yang Fei(楊飛)氏考案の「核分裂マーケティング(裂変営鎖)」戦略と呼ばれるコンセプトに依拠している。この手法は多くのユーザを集積するために、インターネットトラフィックの保存と維持に重点を置く。Luckin での購入はすべてアプリ内で行われ、大量購入したり新しい客を紹介したりすると特典サービスがもらえるような仕組みになっている。

Yang 氏の核分裂マーケティング戦略によると、多数のユーザを獲得した後、トラフィックを「注ぐ」ステップに移る。具体的には、友達とのシェアを報奨するクーポンを常に配ることによってこれを行うのだ。

Luckin Coffee は2018年12月に、Joy Capital(愉悦資本)や Tai Chung Capital、Singapore Government Investment Corporation (GIC)、CICC(中国国際金融)、その他の参加企業からシリーズ B ラウンドで2億米ドルを調達し、バリュエーションが22億米ドルになった。Sohu (搜狐)の記事によると、前述の会社すべてが CAR(神州優車)の元投資主だったとのことだ。一方で、Luckin の CEO である Qian Zhiya(銭治亜)氏と会長 Lu Zhengyao(陸正耀)氏は両氏とも CAR 出身だ。Q&A サイト「Zhihu(知乎)」のユーザは、これを「内々の取引」と揶揄する。

このローカルブランドが Starbucks を追い越せるかどうかということになると、中国のコーヒー愛好者の中には楽観的な人もいる。

あるコーヒー愛好者はインタビューで次のように答えた。

Luckin がこのブランドをどう位置づけるか、そして将来どのように発展していくかによります。

何でも可能だと思います。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)とStarbucksが提携、配送とビッグデータで中国のコーヒー業界の変革を目指す

SHARE:

中国のテック大手 Alibaba(阿里巴巴)は Starbucks との提携を発表した。「中国のコーヒー業界を変革する」という。変革に向け両社は、オンラインとオフラインの世界を統合し、消費者を Starbucks と Alibaba のエコシステムに取り込むためにビッグデータを活用する。 中国のメーカーや輸出企業を世界の企業とつなぐオンラインマーケットプレイスという当初の起源からすると、Aliba…

中国のテック大手 Alibaba(阿里巴巴)は Starbucks との提携を発表した。「中国のコーヒー業界を変革する」という。変革に向け両社は、オンラインとオフラインの世界を統合し、消費者を Starbucks と Alibaba のエコシステムに取り込むためにビッグデータを活用する。

中国のメーカーや輸出企業を世界の企業とつなぐオンラインマーケットプレイスという当初の起源からすると、Alibaba はとてつもない進化を遂げた。いまではオンラインリテールの領域で展開しており、Amazon の e コマースやクラウドコンピューティングに競合する性質を備えている。人工知能、モバイル決済、ソーシャルネットワーク、動画ストリーミングなどにもかなり投資している。

簡単に言えば、Alibaba は実に多くの事業に手を出したということだ。

配送

Amazon や Alibaba などテック大手が全体的なリテール体験を獲得し、オフラインとオンラインのギャップを埋め、購入から決済、物流や配送に至るまでの取引に関連するすべてのプロセスを統制しようと全力を尽くしている姿を私たちは目の当たりにしている。そして、Starbucks との新たな提携に力を与えることになるのは、この巨大な技術インフラだ。

Starbucks はこの9月より、Alibaba の食品配送アプリ Ele.me(餓了麼)を活用した配送サービスのパイロット実験を開始する。Ele.me は Alibaba が今年初めに約95億米ドルで買収した会社である。この配送サービスは当初、北京と上海にある150店舗限定で開始されるが、年末までには中国国内にある Starbucks の数千店舗に拡大される計画だ。しかしこの提携は、Ele.me がすでに持つ食品・飲料に Starbucks が加わる以上の意味がある。Ele.me が Starbucks 専用の配送ドライバーを確保するからだ。

インサイト

Alibaba は昨年、最新型のキャッシュレス・スーパーマーケット Hema(盒馬鮮生) を多数開設した。その前年には、同社に投資を行っていた。顧客はこの未来型の店舗内およびオンラインで買い物ができるほか、Alibaba の技術的なインフラサービスを受けられる。この状況ではビッグデータのマイニングだ。つまり、あらゆる購入、決済がデジタル的に追跡され、顧客の嗜好のプロファイルを構築し、関連するレコメンデーションや提案がなされるのだ。

こうした店舗は今後、「Starbucks 配送キッチン」の中心的存在として機能するようにもなる。これにより Hema のフルフィルメント技術を活用でき、Starbucks 店舗を超えた配送の道が開かれる。しかしながら、これは Starbucks が配送市場の可能性を広げる以上の意味がある。Hema の「消費者に関するインサイト」を活用して顧客に「一層浸透し、より良いサービスを提供」できるようにもなるのだ。

Starbucksにとって、どの地域のコーヒー需要が最も旺盛であるかが分かり、どこに従来型の新店舗を開設すればよいかの決定に役立つ。

以上はすべて、オンライン店舗の取り組みで協力するために2015年になされた両社の提携に組み込まれている。昨年には、拡張現実(AR)を活用したリアルのハイテク店舗を上海に開設している。ただ、このような近年の統合の結果、Starbucks は中国での足場を相当の勢いで築く準備ができた。

Starbucks China のCEOである Belinda Wong(王静瑛)氏は、声明の中で次のように述べている。

Alibaba との提携のおかげで、私たちは自宅、オフィス、店舗内、デジタル空間にあるフィジカルとバーチャルの壁を取り払いつつあります。これにより中国は、顧客の生活に占めるあらゆる側面で Starbucks の体験をシームレスに提供できる初めての市場になりました。この市場のユニークさ、戦略的な重大性が表れています。

こうした様々なオフラインとオンラインの糸が絡み合う場所を、同社は「バーチャルな Starbucks 店舗」と呼んでいる。このオンラインハブでは、顧客が「個人仕様のStarbucksデジタル体験」にアクセスすることができる。それにはロイヤルティプログラムや集中化されたプラットフォームがあり、コーヒーの注文や商品の購入、友人へのコーヒーギフト提供などができる。

Starbucks 側のメリット

Starbucks にとって、Alibaba のようなテクノロジー企業大手と手を組むという選択は、中国全土でのスケール達成という意味では当然の成り行きだ。コーヒーチェーンとして中国で支配的な立場にある Starbucks は、反競争的な取引慣行があると非難されるなど競合他社からの脅威を受けていることもあり、それが特に当てはまる。Alibaba にとって今回の動きは、同社が「ニューリテール」と呼ぶ取り組みをさらに前進させることになる。国内で商取引を変革する構想だ。この取り組みは、未来志向のオフライン・オンライン店舗の開設や世界的なコングロマリットとの提携にとどまらない。Alibaba は中小の個人商店とも手を組んでそこにオンラインを導入し、同社のエコシステムに取り込んでいる。

Starbucks を提携相手として確保することは、Alibaba が中国で小売業界を手にするのにいくらか貢献するだろう。

Starbucks の CEO 兼社長の Kevin Johnson 氏は、次のように付け加えている。

当社は他のどの地域よりも中国で早く成長し、かつ革新的になっています。

Alibaba との変革的な提携は、現代的なリテールを再形成することになるほか、中国の消費者の予想を超える取り組みとして画期的なものです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

誰もが認める21人の成功者が25歳だったときにしていたこと

SHARE:

image via. Jason Yung <Pick Up> What 21 Extremely Successful People Were Doing At Age 25 おやつの時間にちょっと普段とは経路の違うピックアップを。自他ともに認める?成功者21人が、25歳にしていたことをまとめた Business Insiderの記事。 スターバックスのCEOであるHoward Sc…

delivery-man-new-yorkimage via. Jason Yung

<Pick Up> What 21 Extremely Successful People Were Doing At Age 25

おやつの時間にちょっと普段とは経路の違うピックアップを。自他ともに認める?成功者21人が、25歳にしていたことをまとめた Business Insiderの記事。

スターバックスのCEOであるHoward Schultz(ハワード・シュルツ)氏は、おいしいコーヒーを夢見るXeroxの営業マンだった。Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)氏は、Brooks Brothersの営業アシスタントだった。

若い頃から自分の進む道を心に決めて突き進む人もいれば、人生のその時々で最良の判断をし、今の「これだ!」という場所にたどり着いた人もいる。

自分が本当にやりたいことがわかっているならそっちに進むべきだし、やりたいことがわからないなら、今やっていることに真摯に取り組みながら次を模索すればいい。そんな風に勇気づけられる。

via. Business Insider

----------[AD]----------