THE BRIDGE

タグ Ele.me(餓了麼)

Alibaba(阿里巴巴)とStarbucksが提携、配送とビッグデータで中国のコーヒー業界の変革を目指す

SHARE:

中国のテック大手 Alibaba(阿里巴巴)は Starbucks との提携を発表した。「中国のコーヒー業界を変革する」という。変革に向け両社は、オンラインとオフラインの世界を統合し、消費者を Starbucks と Alibaba のエコシステムに取り込むためにビッグデータを活用する。 中国のメーカーや輸出企業を世界の企業とつなぐオンラインマーケットプレイスという当初の起源からすると、Aliba…

中国のテック大手 Alibaba(阿里巴巴)は Starbucks との提携を発表した。「中国のコーヒー業界を変革する」という。変革に向け両社は、オンラインとオフラインの世界を統合し、消費者を Starbucks と Alibaba のエコシステムに取り込むためにビッグデータを活用する。

中国のメーカーや輸出企業を世界の企業とつなぐオンラインマーケットプレイスという当初の起源からすると、Alibaba はとてつもない進化を遂げた。いまではオンラインリテールの領域で展開しており、Amazon の e コマースやクラウドコンピューティングに競合する性質を備えている。人工知能、モバイル決済、ソーシャルネットワーク、動画ストリーミングなどにもかなり投資している。

簡単に言えば、Alibaba は実に多くの事業に手を出したということだ。

配送

Amazon や Alibaba などテック大手が全体的なリテール体験を獲得し、オフラインとオンラインのギャップを埋め、購入から決済、物流や配送に至るまでの取引に関連するすべてのプロセスを統制しようと全力を尽くしている姿を私たちは目の当たりにしている。そして、Starbucks との新たな提携に力を与えることになるのは、この巨大な技術インフラだ。

Starbucks はこの9月より、Alibaba の食品配送アプリ Ele.me(餓了麼)を活用した配送サービスのパイロット実験を開始する。Ele.me は Alibaba が今年初めに約95億米ドルで買収した会社である。この配送サービスは当初、北京と上海にある150店舗限定で開始されるが、年末までには中国国内にある Starbucks の数千店舗に拡大される計画だ。しかしこの提携は、Ele.me がすでに持つ食品・飲料に Starbucks が加わる以上の意味がある。Ele.me が Starbucks 専用の配送ドライバーを確保するからだ。

インサイト

Alibaba は昨年、最新型のキャッシュレス・スーパーマーケット Hema(盒馬鮮生) を多数開設した。その前年には、同社に投資を行っていた。顧客はこの未来型の店舗内およびオンラインで買い物ができるほか、Alibaba の技術的なインフラサービスを受けられる。この状況ではビッグデータのマイニングだ。つまり、あらゆる購入、決済がデジタル的に追跡され、顧客の嗜好のプロファイルを構築し、関連するレコメンデーションや提案がなされるのだ。

こうした店舗は今後、「Starbucks 配送キッチン」の中心的存在として機能するようにもなる。これにより Hema のフルフィルメント技術を活用でき、Starbucks 店舗を超えた配送の道が開かれる。しかしながら、これは Starbucks が配送市場の可能性を広げる以上の意味がある。Hema の「消費者に関するインサイト」を活用して顧客に「一層浸透し、より良いサービスを提供」できるようにもなるのだ。

Starbucksにとって、どの地域のコーヒー需要が最も旺盛であるかが分かり、どこに従来型の新店舗を開設すればよいかの決定に役立つ。

以上はすべて、オンライン店舗の取り組みで協力するために2015年になされた両社の提携に組み込まれている。昨年には、拡張現実(AR)を活用したリアルのハイテク店舗を上海に開設している。ただ、このような近年の統合の結果、Starbucks は中国での足場を相当の勢いで築く準備ができた。

Starbucks China のCEOである Belinda Wong(王静瑛)氏は、声明の中で次のように述べている。

Alibaba との提携のおかげで、私たちは自宅、オフィス、店舗内、デジタル空間にあるフィジカルとバーチャルの壁を取り払いつつあります。これにより中国は、顧客の生活に占めるあらゆる側面で Starbucks の体験をシームレスに提供できる初めての市場になりました。この市場のユニークさ、戦略的な重大性が表れています。

こうした様々なオフラインとオンラインの糸が絡み合う場所を、同社は「バーチャルな Starbucks 店舗」と呼んでいる。このオンラインハブでは、顧客が「個人仕様のStarbucksデジタル体験」にアクセスすることができる。それにはロイヤルティプログラムや集中化されたプラットフォームがあり、コーヒーの注文や商品の購入、友人へのコーヒーギフト提供などができる。

Starbucks 側のメリット

Starbucks にとって、Alibaba のようなテクノロジー企業大手と手を組むという選択は、中国全土でのスケール達成という意味では当然の成り行きだ。コーヒーチェーンとして中国で支配的な立場にある Starbucks は、反競争的な取引慣行があると非難されるなど競合他社からの脅威を受けていることもあり、それが特に当てはまる。Alibaba にとって今回の動きは、同社が「ニューリテール」と呼ぶ取り組みをさらに前進させることになる。国内で商取引を変革する構想だ。この取り組みは、未来志向のオフライン・オンライン店舗の開設や世界的なコングロマリットとの提携にとどまらない。Alibaba は中小の個人商店とも手を組んでそこにオンラインを導入し、同社のエコシステムに取り込んでいる。

Starbucks を提携相手として確保することは、Alibaba が中国で小売業界を手にするのにいくらか貢献するだろう。

Starbucks の CEO 兼社長の Kevin Johnson 氏は、次のように付け加えている。

当社は他のどの地域よりも中国で早く成長し、かつ革新的になっています。

Alibaba との変革的な提携は、現代的なリテールを再形成することになるほか、中国の消費者の予想を超える取り組みとして画期的なものです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

中国のフードデリバリサービス「Ele.me(餓了麼)」、配送にかかる費用と時間の節約を目指しドローンの活用を開始

SHARE:

中国のフードデリバリーサービスにドローンが正式に導入されることになった。 中国のフードデリバリープラットフォーム Ele.me(餓了麼)は5月29日、上海での中国初のリアルタイム配送用ドローンの飛行を承認された最初の企業の1社となった。飛行経路は17、その全てが上海郊外の金山工業区内にある。ドローン用に設定された各径路につき3~4回の飛行をすることで、約100社の食品ベンダーを結ぶ予定。 配送員が…

Image credit: Ele.me(餓了麼)

中国のフードデリバリーサービスにドローンが正式に導入されることになった。

中国のフードデリバリープラットフォーム Ele.me(餓了麼)は5月29日、上海での中国初のリアルタイム配送用ドローンの飛行を承認された最初の企業の1社となった。飛行経路は17、その全てが上海郊外の金山工業区内にある。ドローン用に設定された各径路につき3~4回の飛行をすることで、約100社の食品ベンダーを結ぶ予定。

配送員がベンダーから食品を集荷すると、着脱可能な食品配送箱が実装されたドローンの待つ配送センターに荷物を届ける。ドローンが空輸した後、別の配送スタッフが荷物を受け取って注文主に届ける。つまり顧客は、ドローンから直接、食品を受け取るわけではない。

同社によると、ドローンを使った配送費用は人手による費用を下回るという。空中でのドローン配送は全工程の70%を占めるため、最初と最後の配送員の受け持ちはそれぞれ全体の15%にすぎない。そのため現在30分かかっている配送時間が20分に短縮できる、と同社 COO の Kang Jia(康嘉)氏は話している。

中国最大の宅配事業者 SF Express(順豐速運)の子会社である同社は3月下旬、中国民用航空局より同国初のドローン配送免許を交付されていた。同社は国内の過疎地や郡部への宅配にドローンを活用していく意向だ。中国でドローンを使った配送を行っているeコマースプラットフォームの JD.com(京東)も、2月に陝西省でのドローン配送サービス実験を行う免許を交付されている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)のEle.me(餓了麼)買収が意味するものとは?

SHARE:

今週(2月最終週)は、Alibaba(阿里巴巴)が食事宅配プラットフォームの Ele.me(餓了麼)を買収するとの噂で持ち切りだった。Alibaba が Ele.me を95億米ドルで買収する計画があると複数のメディアが報じた。両社ともこの噂に対するコメントを避けたが、私たちが把握していることは1つ。両社の間で何らかの動きがあったということだ。 Ele.me を所有・運営している香港拠点の Raj…

Ele.me(餓了麼)
Image credit: Ele.me(餓了麼)

今週(2月最終週)は、Alibaba(阿里巴巴)が食事宅配プラットフォームの Ele.me(餓了麼)を買収するとの噂で持ち切りだった。Alibaba が Ele.me を95億米ドルで買収する計画があると複数のメディアが報じた。両社ともこの噂に対するコメントを避けたが、私たちが把握していることは1つ。両社の間で何らかの動きがあったということだ。

Ele.me を所有・運営している香港拠点の Rajax の一株主であるBeijing Hualian Department Store(北京華聯)は本日(原文掲載日:2月28日)、Rajax が Ele.me の持分追加に関して Alibaba と実際に交渉していると発表した。しかし、話し合いは終了していないという。

Hualian はロイターに対し、「株式移転の価格、時期、数量といった重要事項についての交渉は継続中」と語った。

それではどうして、Alibaba による Ele.me の買収がそれほど重要なのか? Alibaba は傘下の金融部門 Ant Financial(螞蟻金融)とともに、すでに同社の32.94%を保有する最大株主になっている。買収の噂は、中国系メディアでかなり長い間報じられていた。Ele.me の CEO である Zhang Xuhao(張旭豪)氏は月曜日(2月26日)、ネットでの投稿で読者に対し「冷静になるように」と訴えた。

WeChat Moments(微信朋友圈)

友人も親類も、少し落ち着いてほしいです!毎年、このニュースが流れていますが、力が足りないようです。懸命に仕事を続けなければ。

Zhang 氏は WeChat Moments(微信朋友圈)で謎めいた言い方をした。

Zhang 氏が言及したのは、昨年12月に世間を賑わした噂だ。当時、Alibaba が Ele.me を買収するのは、投資対象で利益をあげられなかった時に投資家が資金の回収を請求できる基準である VAM(バリュエーション調整メカニズム)を同社が達成できなかったからだという噂である。両社ともこの件は否定したが、Alibaba と Ele.me をめぐる憶測は溢れ続けるだろう。

こうした憶測の多くは、Alibaba が自身で展開する傘下の配送サービス Koubei(口碑)の今後の役割に関するものだ。Ele.me は Koubei と統合され、Alibaba グループの CEO である Daniel Zhang(張勇)氏の手元に置かれるだろうと予想する人もいる。Ele.me はすでに正式に Koubei と接触しており、 Alipay(支付宝)のアプリとも統合されている。

違う組み合わせもあり得ると考える人たちもいる。昨年に Alibaba と Ant Financial が10億米ドルを Ele.me に投資している間(2回連続)、Alibaba は、Koubei と Ele.meと で業務の切り分をするだろうと述べた。Koubei はレストランに特化する一方、Ele.me は宅配に集中する。Koubei はすでに杭州で無人レストランのレイアウトを完成しているが、半加工食品で新たな市場の創出に取り組んでいるという(Tencent Tech=騰訊科技の報道による) 。

Alibabaが可能性のある買収を行うことで得られる明らかなメリットは、 「Hummingbird(蜂鳥)」と呼ばれる Ele.me の配送システムだ。最近のデータによると、このシステムは1,200の中小の都市で日々450万件の注文を受けているという。Alibaba にとっての大きな目標は、データを通じて人員効率性の問題を解決することだ。配送人員の部隊は、Alibaba が提唱する「新しい小売」計画の重要な要素となる可能性がある。

私たちが知っていること、それは Alibaba と Ele.me の買収案件が進展していけば、食事宅配事業における Alibaba と Tencent(騰訊)の寡占がさらに堅固となることだ。Tencent は O2O(オンライン・ツー・オフライン)プラットフォームで、食事宅配からホテル予約、グループ購買まで幅広くサービスを展開している Meituan-Dianping(美団-大衆点評)を支援している。iiMedia(艾媒)が2017年上半期に公表したデータによると、食事宅配市場で Ele.me が41.7%のシェアを占め、Meituan-Dianpingが41%、Baidu(百度)の持ち帰りサービス Baidu Waimai(百度外売)が13.2%だった。Baidu は昨年8月、Baidu Waimai を競合の Ele.me に売却したことで、この競争から正式に離脱した。

iiMedia(艾媒)

ビジネスアナリストの Doug Young 氏によると、食事宅配市場はテックの両巨人企業によって巧妙に分割されているため、この分野での争いは落ち着くだろうという。しかしこれは、終戦を意味するわけではない。

AlibabaとTencentが食事宅配スタートアップに手を伸ばす選択をした理由として、Alipay および WeChat Pay(微信支付)という両社の決済サービスの強化が挙げられる。しかし食事宅配は、モバイル決済の利用を促進させるにあたり、パズルの一部分であるにすぎない。ホテルの予約や映画のチケット、「新しい小売」の取り組みに至るまで、中国の O2O 市場はビジネスの機会で溢れている。Alibaba と Tencent との間で繰り広げられている同じような代理戦争が行われている分野はたくさんある。つまり、楽しみはまだ残されているということだ。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Baidu(百度)、出前サービス事業「Baidu Waimai(百度外売)」を Alibaba(阿里巴巴)傘下のEle.me(餓了麼)に売却

SHARE:

中国のインターネット大手 Baidu(百度)は、自社の出前サービス「Baidu Waimai(百度外売)」を競合の Alibaba(阿里巴巴)傘下 Ele.me(餓了麼)に売却する。出前サービス業界の2巨頭は今回の取引に同意しており、詳細は今週(21日週)の早い時期に明らかにされると現地メディアが報じている。 統合の噂はここ最近広まっていたが、現地メディアは匿名の情報筋の話として近く取引がまとまり…

中国のインターネット大手 Baidu(百度)は、自社の出前サービス「Baidu Waimai(百度外売)」を競合の Alibaba(阿里巴巴)傘下 Ele.me(餓了麼)に売却する。出前サービス業界の2巨頭は今回の取引に同意しており、詳細は今週(21日週)の早い時期に明らかにされると現地メディアが報じている。

統合の噂はここ最近広まっていたが、現地メディアは匿名の情報筋の話として近く取引がまとまりそうだと報じている。現地の金融誌 Caijing(財経)によると取引金額は約5億米ドル、資金はキャッシュと株式の組み合わせにより調達されるという。

今回の取引の一環として、Baidu Waimai は今後1年間独立的に事業を継続し、同社ブランド名は18ヶ月間、Ele.me による使用が可能になる(China Business News=第一財経日報による)。

さらにEle.meは、多くのデータを取り込むために Baidu の他のサービス(Baidu Maps=百度、Baidu Search=百度搜索、グループ購入サービス Baidu Nuomi=百度糯米など)を利用できるよう3億米ドルを支払う

統合後、Ele.me は業界最大手となるだろう。成長著しい同社は先月、Alibaba とその金融関連会社 Ant Financial(螞蟻金融) からシリーズGラウンドで10億米ドルを調達した。

この統合が意味するのは、Alibaba と Tencent(騰訊)の競争がさらに過熱するということだ。Tencent はまた別の出前サービス Meituan-Dianping(美団-大衆点評)を支援しており、中国の出前大手は Ele.me を含む2社のみとなる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)が中国のフードデリバリ最大手Ele.me(餓了麼)に資本参加、12.5億ドルで27.7%の株式を取得へ

SHARE:

Alibaba Group Holding(阿里巴巴集団控股)は、中国のオンライン・フードデリバリ Ele.me(餓了麼)に12.5億ドルを出資することで合意したと、中国のビジネス金融メディア Caixin(財新)が今日(原文掲載日:12月25日)伝えた。 報道によれば、両者は1週間前の12月17日に合意したとされ、Alibaba は27.7%の株式を確保する大株主になる。2016年2月の春節(旧…

Ele.me-logo-1024x682

Alibaba Group Holding(阿里巴巴集団控股)は、中国のオンライン・フードデリバリ Ele.me(餓了麼)に12.5億ドルを出資することで合意したと、中国のビジネス金融メディア Caixin(財新)が今日(原文掲載日:12月25日)伝えた

報道によれば、両者は1週間前の12月17日に合意したとされ、Alibaba は27.7%の株式を確保する大株主になる。2016年2月の春節(旧正月)後には、ディールが完了する見込みだ。

「今、おなか空いてる?」という意味を持つ Ele.me は、今回の調達に先立ち、今年8月に6.3億ドルを調達している。現在のバリュエーションは45億ドルに上るとみられる。

Tencent Holdings(騰訊控股) も Ele.me の投資家であることから、Ele.me は BAT(Baidu、Alibaba、Tencent)を構成する2つのメンバーを投資家に迎えたことになる。BAT の3社は、今年の中国のインターネット・ビジネス界においては、大きな役回りを演じた。

Tencent が支援する Didi Dache(嘀嘀打車)と Alibaba が支援する Kuaidi Dache(快的打車)は2月に合併し、中国最大のタクシー配車会社 Didi Kuaidi(嘀嘀快的)となった。10月には Baidu が中国最大のオンライン旅行会社 Ctrip(携程)の株式25%獲得と引き換えに、Qunar(去哪)の株式を売却した。

今月初めには、Alibaba は香港の英語紙 South China Morning Post の買収を確認している。

<関連記事>

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

中国の配車アプリ大手Didi(滴滴)がEle.me(餓了麼)と提携、UberEATS風のフードデリバリをローンチか

SHARE:

中国のO2Oサービス間で大きく期待されているパートナーシップ、Didi Dache(嘀嘀快的)と Ele.me(餓了麼)と提携、UberEATS 風のフードデリバリをローンチかが今週パートナーシップ計画を決定すると報じられていることから、年内に新サービスがローンチされる可能性がある。 Ele.me の CEO である Zhang Xuhao(張旭豪)氏は、Didi Dache との戦略的プログラム…

ele.me-didi-620x390

中国のO2Oサービス間で大きく期待されているパートナーシップ、Didi Dache(嘀嘀快的)と Ele.me(餓了麼)と提携、UberEATS 風のフードデリバリをローンチかが今週パートナーシップ計画を決定すると報じられていることから、年内に新サービスがローンチされる可能性がある。

Ele.me の CEO である Zhang Xuhao(張旭豪)氏は、Didi Dache との戦略的プログラムの契約を結んだことを中国報道陣に発表した。財務的な詳細は明らかにされていない。

Ele.me は中国のO2Oフードデリバリーサービス業界でトッププレーヤーだ。上海拠点の同社は2009年に設立され、中国全土に及ぶレストランと提携してオンデマンドのフードデリバリーサービス Ele.me(中国語で「おなかすいた?」の意味)を提供している。食事はバイクで届けられる。Didi は中国で最も大きな配車サービスであり、評価額は160億米ドルを超えているとされている。

Ele.me のシリーズAラウンドに出資した GSR Ventures(金沙江創業投資)のディレクター Zhu Xiaohu(朱嘯)氏は、9月にDidiとの戦略的提携を進めていると認めたが、まだ金銭的な話し合いには至っていないとしていた。Didi も同時期に、協議中の提携には直接投資が含まれていないと述べていた。

最新の計画には、バイクと車両方をデリバリーに活用するプログラムが含まれている。同じソースによると、北京ではトライアルが始まっており、12月末までには本格的なサービスへと拡大していくという。

Ele.me と Tencent(騰訊)の協力関係は長い間噂されていた。それは、両社が  Tencent の戦略的投資エコシステム内に存在しているのを受けてのことである。両社には、共同プロジェクトを思いのままにコントロールできるだけの十分な資金がある。Ele.me は、Tencent 主導で行われた1月のEラウンドで調達した3億5,000万米ドルに加え、8月に行われた資金調達ラウンドで6億3,000万米ドルを獲得した。Didi はこの夏、30億米ドルという途方もない額の出資を受けたが、これにより Uber や一握りの他の配車サービス企業とのマーケットシェアをめぐる争いに油が注がれることとなった。

このプログラムはUberが提供している食品配達サービス UberEATS に類似している。Uber は Didi と対抗するため中国に独立現地法人を立ち上げて以来、中国マーケットに積極的に参入している。しかし定期的に食品サービス販売促進をしているのにも関わらず、まだ本土では UberEATS のようなサービスは始めていない。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

上海市食品薬品監督管理局が、O2Oフードデリバリアプリの取り締まりを強化

SHARE:

中国において、O2Oフードデリバリはここ数年で驚くべきほど爆発的に増加しており、Baidu(百度)や Meituan(美団)のような有力企業も参入しているほか、Ele.me(餓了麼)のような強力で新たなスタートアップも誕生した。その理由は明らかだ。O2Oフードデリバリは、誰にとっても得だからだ。レストランは着席スペースを追加せずにより多くの顧客を獲得でき、顧客は自分が欲しい食品を玄関先まで配達して…

chinese-food-delivery-mobile-apps

中国において、O2Oフードデリバリはここ数年で驚くべきほど爆発的に増加しており、Baidu(百度)や Meituan(美団)のような有力企業も参入しているほか、Ele.me(餓了麼)のような強力で新たなスタートアップも誕生した。その理由は明らかだ。O2Oフードデリバリは、誰にとっても得だからだ。レストランは着席スペースを追加せずにより多くの顧客を獲得でき、顧客は自分が欲しい食品を玄関先まで配達してもらえる。

しかし、上海市食品薬品監督管理局(SFDA)によると、中国のO2O飲食業者のいくつかは規準が緩いという。最新の調査では、Ele.me、Meituan、Dianping(大衆点評)など多数のプラットフォームに下記のような問題があることがわかった。

  • 販売業者の飲食サービス許可書の掲示がない
  • 無許可飲食業者の所在地付き許可書を記載している
  • 借りた許可書を記載している(実際の食品調達先とは異なる食品業者の名義及び所在地の許可書)
  • 偽造許可書を記載している(偽造の食品業者名及び所在地を使用した許可書)

これらプラットフォームは上記の問題を一掃し、直ちに無許可食品業者から調達した製品を全て除外するよう要請されている。また SFDA は犯罪行為も調査しており、5万元から20万元(7,800米ドル~3万米ドル)までの罰金を課す可能性もある。

これは些細な問題のように思えるかもしれないが、食品の安全性が問題になることが多い中国では、食品の調達に大きな懸念が寄せられている。スキャンダルが次々と起こるため、復旦大学の学生が後に非常に人気を博すようになるサイトを開設し、それらすべてを記録したという数年前に比べれば、注目を集める事例は少なくなってきた。だが問題は残っている。例えばほんの数ヶ月前、中国企業が生産した乳製品に、違法に高レベルのスルフォシアン酸ナトリウムが含まれていることがわかったのを受け、河北省の職員が強制リコール命令を出した。

SFDAの調査によると、結局Ele.meやMeituanのような大企業にとってはそこまでダメージを負う問題でもないのだろう。Ele.meにいたっては6.3億米ドルを調達したばかりで、3万米ドルの罰金など小さなものにすぎない。

しかし最も資金力のある企業でさえ、食品スキャンダルには注意を払う必要がある。例えば、大多数の人に安全性が保証されていない食品を届けることで食中毒でも発生してしまうようなスキャンダルが起こると、それこそ企業のコアビジネスが大きなダメージを受けてしまう。最悪の場合、企業を徹底的に崩壊させてしまうことがあるのだ。2008年にメラミン混入粉ミルク事件を起こして倒産してしまったSanlu(三鹿)は、当時中国最大の乳製品メーカーであった。

もちろんそのような極端な事例はO2O分野においてはあまり起こる可能性はない。だが、小さい規模のスキャンダルでさえフードデリバリ企業には深刻な影響を及ぼすことがある。結局、あるフードデリバリー企業が大腸菌で汚染された食品をとあるオフィスへ近頃宅配したというニュースを見て、昼食をその企業に注文するだろうか? それとも代わりに他の企業に注文するだろうか? O2Oフードデリバリ企業は食品を自社で作っているわけではないが、もし顧客が食品供給源について疑いを持つと、他のデリバリ企業を試すようになるだろう。

だとすると、中国のO2Oフードデリバリ業界は規制に従って運営することが賢明だろう。偽造ではない公式許可書を徹底することは、中国O2O業界の成長スピードを落とす大きな要因になるだろうが、SFDA が認可していない裏通りの調理場ではなく、適正に認可された調理場から食品の安全を届ける保証につながるのであれば、価値があることである。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

中国のフードデリバリー最大手Ele.me(餓了麼)が6億3,000万米ドルを調達、評価額は30億米ドルに

SHARE:

金曜日、中国のフードデリバリーサービス最大手Ele.me(餓了麼)は、CITIC Capital(中信資本)とスーパーマーケットチェーンのHualian(華連)が率いた資金調達ラウンドで6億3000万米ドルを調達したことを明らかにした(編集部注:原文掲載8月31日)。同社の評価額は30億米ドル以上となり、これまでの調達額の総額は驚異的な11億米ドルとなった。 このラウンドにはTencent(騰訊)…

Ele.me-logo-1024x682

金曜日、中国のフードデリバリーサービス最大手Ele.me(餓了麼)は、CITIC Capital(中信資本)とスーパーマーケットチェーンのHualian(華連)が率いた資金調達ラウンドで6億3000万米ドルを調達したことを明らかにした(編集部注:原文掲載8月31日)。同社の評価額は30億米ドル以上となり、これまでの調達額の総額は驚異的な11億米ドルとなった。

このラウンドにはTencent(騰訊)、JD(京東商城)、Sequoia Capitalといった既存の投資家とChina Media Capital(華人文化産業投資基金)とGopher Asset(歌斐資産)の新規投資家らが参画した。

同社は各投資家の出資金額について明らかにしなかったが、Hualianからは9000万米ドルを調達したと発表した。今後、中国国内において食品配達のより早いサービスができるようオフライン資源を活用する予定だ。

2009年に学生起業プロジェクトとして設立されたEle.meは、近年、中国のO2O業界ブームと並んで実質成長を遂げた。今回の資金調達のニュースと共に、インパクトのある数値も公表している。2015年7月の時点で、これまで1万人以上の従業員を抱え、4000万人以上の利用者にサービスを提供しており、国内260都市30万の飲食店と提携している。そして、一日当たりの取引額は6000万元(約940万ドル)にのぼり、その98%はモバイルユーザによるものだ。

設立者でありCEOであるZhang Xuhao(張旭豪)氏は、この資金をさらに洗練された取引とデリバリープラットフォームの構築、またユーザエクスペリエンスの向上のために活用していくと述べた。今後、より効果的なデリバリープラットフォームを築くために安定した資金のサポートが必要になる。そのための投資ラウンドをさらに実施することも示唆した。

中国のオンラインフードデリバリー分野では、様々なプレイヤーが入り交じっており混戦している状況だ。インターネット大手Baidu(百度)、Tencent(騰訊) 、Alibaba(阿里巴巴)をはじめ、中堅ではDianping(大衆点評)、Meituan(美団)、バーティカル・スタートアップのLine0(零号線)、Waimaichaoren(外売超人)、Daojia(到家)、Meican(美餐)、Dianwoba(点我吧)などである。こうした成長市場は、資本を投資したいと躍起になっている資本家を引き込んでいる状態だ。

しかし、熾烈な競争によってプレイヤーらは多額の資金を注ぎ込み、ますます多くの市場シェアを奪い合うという市場になっている。もちろん、投資は企業がさらにクーポンや割引などを配布してユーザを引き付ける助けにはなるが、どの企業も資金が潤沢にある場合は、より良いユーザエクスペリエンスでサービスを差別化する必要が出てくるだろう。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

オンラインの食品注文サービスEle.me(餓了麼)、シリーズCラウンドで2500万米ドルを調達

SHARE:

中国のオンライン食品注文サイトEle.me(餓了麼)が、以前からの投資者であるGSR VenturesとMatrix Partners China(経緯中国)が参加したSequoia China主導のシリーズCラウンドで、2500万米ドルを調達したと発表した。 Eleme――中国語で「お腹すいた?」の意味――は 2008年に設立し、上海に拠点を置いている。同社ウェブサイトとアプリでユーザは近隣のレ…

Ele.meapps

中国のオンライン食品注文サイトEle.me(餓了麼)が、以前からの投資者であるGSR VenturesMatrix Partners China(経緯中国)が参加したSequoia China主導のシリーズCラウンドで、2500万米ドルを調達したと発表した。

Eleme――中国語で「お腹すいた?」の意味――は 2008年に設立し、上海に拠点を置いている。同社ウェブサイトとアプリでユーザは近隣のレストランを検索し、注文をすることができる。ユーザは食品を注文するサービスに登録する必要はない。ただしEle.meはデリバリーサービスは提供していない。

このサービスには中国12の都市に2万の提携レストランがある。Ele.meを通じての2012年の売上総額は6億元(1億米ドル弱)で、そのうちEle.meが受け取った報酬は約1000万元(約1600万米ドル)だった、と今年初めにElemeはForbesChinaの取材で語った(中国語の記事)。同社ははじめ、レストランの総売上高の8%を手数料としていたが、その後はレストランが受け入れやすい固定料金制を開始した。

Ele.meは2011年初期にシリーズAラウンドでGSR Venturesから、2013年初期にシリーズBラウンドでGSRとMatrix Partners Chinaから資金調達を受けた。同社には200人以上の従業員がいる。

【原文】

----------[AD]----------