THE BRIDGE

タグ Meituan Dianping(美団点評)

中国のフードデリバリー産業の成長率が4年ぶりの低水準に【レポート】

SHARE:

モバイルインテリジェンス・プラットフォーム「Trustdata」のレポートによると、中国における2019年のオンラインフードデリバリー市場の取引量が4年ぶりに低い成長率になる見込みだという。 重視すべき理由:2015年に爆発的に伸びた中国のフードデリバリー市場は、その後テック大手のMeituanやEle.meが登場し、急成長を遂げた。 しかし市場が成熟するにつれ、成長率は次第に低下している。 今年…

IMG_2906
A delivery driver picks up an order in Shanghai on March 22, 2019. (Image credit: TechNode/Cassidy McDonald)

モバイルインテリジェンス・プラットフォーム「Trustdata」のレポートによると、中国における2019年のオンラインフードデリバリー市場の取引量が4年ぶりに低い成長率になる見込みだという。

重視すべき理由:2015年に爆発的に伸びた中国のフードデリバリー市場は、その後テック大手のMeituanやEle.meが登場し、急成長を遂げた。 しかし市場が成熟するにつれ、成長率は次第に低下している。

  • 今年の年間伸び率は約30%で健全な状態ではあるが、2018年の55.4%および2017年の65.7%と比べるとはるかに低い。
  • フードデリバリー産業が成長を続けるに伴い、食の安全や使い捨て包装材の使用に端を発する環境問題に焦点を当てるよう、同業界に求める声が高まっている。

詳細情報:レポートによると、2019年の同部門の取引量は、前年比で30.8%拡大し、6,035億人民元(862億米ドル)に達すると予想されている。

  • 今年の取引量に関して、第1四半期は1,200億人民元、第2四半期は1,430億人民元、第3四半期は1,790億人民元に達した。
  • Trustdataの調査レポートによると、オンラインフードデリバリーサービスの市場浸透率は、2018年の10.8%よりも上昇し、2019年は14.2%に達すると予想されている。
  • 中国のオンラインフードデリバリー利用者は若い年齢層が圧倒的に多く、80年代と90年代以降の世代が3分の2近くを占める。
  • オンラインデリバリーの大半をフード関係が占め、これに続くデザート・ドリンク部門は、第3四半期で成長率前年比88%上昇した。
  • レポートによると、男性利用者の注文はフード関連が多く、一方で女性利用者の注文は異なるカテゴリーにまたがっているという。

背景:何年にもわたり市場シェアを拡大するために資金が投入されてきたが、中国のオンラインフードデリバリー市場の明らかな勝者は2社となった。

  • リサーチ研究所Analysysのレポートによると、Meituanの市場シェアは65.1%、Ele.meの市場シェアは32.8%、そして残りの2.1%はそれ以外を合わせたものだという。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

インドの格安ホテル予約スタートアップOYO、中国でのプレゼンス向上を目指しMeituan Dianping(美団点評)と提携

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 インドのホスピタリティチェーン Oyo Hotels and Homes は、中国でのプレゼンス向上を目指してサービスのホストで中国のeコマースプラットフォーム「Meituan Di…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Image credit: Oyo

インドのホスピタリティチェーン Oyo Hotels and Homes は、中国でのプレゼンス向上を目指してサービスのホストで中国のeコマースプラットフォーム「Meituan Dianping(美団点評)」と提携した。

1年間の提携の第一フェーズとして、Oyo の中国における子会社 Oyo Jiudian(OYO 酒店)は、Meituan Hotels(美団酒店)のプラットフォームに標準化された宿泊施設のリストを掲載する。これにより Oyo Jiudian には顧客のトラフィックがもたらされるほか、データの運用、ブランドの販促につなげられる。

Oyo China の COO を務める Sam Shih(施振康)氏は次のように述べた。

当社では、中国でサプライセクターの変革に対し前向きに取り組んでいます。同じような志を持って顧客に特化し、旅行やホスピタリティ業界の発展に貢献しているパートナーを常に受け入れています。

数日前には、Oyo が中国で1,000人超の従業員を解雇するという噂が流れたばかりだ。同社はこの噂は否定したものの、Tech in Asia に対し何人かの従業員は実際に解雇されたことを明らかにした。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

Meituan(美団)、統合された配車サービスの提供を中国国内15都市に拡大

SHARE:

ライフスタイルサービスのスーパーアプリを提供している Meituan(美団)は、中国の15都市で新たに統合配車サービスを提供する。これにより業界での競争が激化し、Didi(滴滴出行)に直接狙いを定めることになる。 同社がこのサービスを最初に導入したのは4月後半で、南京と上海でユーザは Meituan のアプリを使い複数の配車プラットフォームがサービスを提供する車にアクセスすることができた。選択可能…

ライフスタイルサービスのスーパーアプリを提供している Meituan(美団)は、中国の15都市で新たに統合配車サービスを提供する。これにより業界での競争が激化し、Didi(滴滴出行)に直接狙いを定めることになる。

同社がこのサービスを最初に導入したのは4月後半で、南京と上海でユーザは Meituan のアプリを使い複数の配車プラットフォームがサービスを提供する車にアクセスすることができた。選択可能な配車サービスは、Shouqi Limousine & Chauffeur(首汽約車)、Caocao Chuxing(曹操出行)、Shenzhou(神州)のほか、自社の「Meituan Dache(美団打車)」だった。業界最大手の Didi は、この中に含まれていない。

これにより Meituan のサービス提供地域は中国東部の蘇州、杭州、寧波のほか西安、成都、武漢、深圳に広がることになった。

複数の配車企業を使った予約ができるようにしているのは、Meituan が初めてではない。中国の地図アプリ「Autonavi(高徳)」と「Baidu Map(百度地図)」も同様のサービスを提供している。

<関連記事>

配車業界への規制が強化されつつある中で顧客体験を改善するにあたり、Meituan は慎重なアプローチを採用しており、2018年第4四半期には営業損失が57%拡大した。乗車利用が統合されることで、同社は費用を大幅に増やすことなく、追加的な機能を提供することができる。

Shouqi や Shenzhou といった企業と提携することで、現在中国の配車市場を牛耳っている Didi に対抗することが可能になる。Didi に関しては、同社のカープールサービス「Hitch(順風車)」を使用して運転手が乗客を殺害するという世間の注目を集める事件が2件起きたことで、監視の目が強くなっている。

この事件以降、複数の中小事業者がサービスを展開し始め、同社の市場シェアを奪おうとしている。最近では、電気自動車(EV)メーカーの Xpeng(小鵬、Xiaopengとしても知られる)が、中国南部の広州で配車サービスのパイロット実験を開始した。同業他社と異なり、このEVメーカーは自社ドライバーを採用するという。

複数の自動車メーカーも、同様のサービス開始を目論んでいる。12月には、メルセデスベンツとフォルクスワーゲンが上海で高級配車サービスの提供で提携したほか、ダイムラーと Geely(吉利)が先週、配車とレンタカーサービスに特化した合弁会社を設立した。テクノロジー大手の Tencent(騰訊)と Alibaba(阿里巴巴)も、南京で国営自動車メーカーの Changan(長安)と共同で100億人民元(約1,580億円)のモビリティベンチャーを設立し、市場シェアを獲得しようとしている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国のO2O大手Meituan Dianping(美団-大衆点評)、香港市場へのIPOを申請

SHARE:

中国のフードデリバリ・ライフサービスプラットフォーム「Meituan Dianping(美団-大衆点評)」は6月25日、香港市場への IPO を申請した。この IPO は、ウォール・ストリートを代表する3つの投資銀行、Goldman Sachs、Morgan Stanley、Bank of America Merrill Lynch によって共同引受される。 報道によれば、Meituan Dian…

Meituan Dianping(美団-大衆点評)

中国のフードデリバリ・ライフサービスプラットフォーム「Meituan Dianping(美団-大衆点評)」は6月25日、香港市場への IPO を申請した。この IPO は、ウォール・ストリートを代表する3つの投資銀行、Goldman Sachs、Morgan Stanley、Bank of America Merrill Lynch によって共同引受される。

報道によれば、Meituan Dianping はこの IPO で40億米ドル以上の調達を目指しているとされるが、具体的な金額は IPO の申請内容においては明らかにされていない。

Meituan Dianping は、Meituan(美団)と Dianping(大衆点評)という2つのサービスを運営している。Meituan は、中国最大の日常生活サービスに関するオンラインマーケットプレイスを提供、一方、Dianping は地元ビジネスについてのクラウドソーシングによるレビューを提供するほか、クーポンを販売している。同社はフードデリバリから顧客の求めに応じ買物代行までしてくれる、Meituan Waimai(美団外売)というデリバリサービスも提供している。

申請内容によると、Meituan Dianping は今年4月はじめ、より顧客を惹きつけ、消費者に提供できるサービスの幅を拡げるために、バイクシェアリング企業 Mobike(摩拜単車)を27億米ドルで買収している。

Meituan Dianping によれば、同プラットフォーム上で2017年に実施された取引の件数は58億件を超え、GMV(そう流通総額)は3,570億人民元(約6兆円)に達した。プラットフォーム上に出店する事業者数は、2015年の300万から2017年の550万にまで増加。また同社の売上は、2年前の130億人民元(約2,180億円)から2017年には339億人民元(約5,700億円)にまで成長した。

Meituan Dianping は、中国のテック大手 Tencent(騰訊)の支援を受けている。IPO 申請内容によれば、競合には、Alibaba Group(阿里巴巴集団)と同社傘下のフードデリバリ・インストアサービス子会社のほか、旅行サービスの Ctrip(携程)がいる。

【原文】

【via Technode】

----------[AD]----------

中国のO2O大手Meituan(美団)、バイクシェアリングのMobike(摩拜単車)を買収

SHARE:

Beijing News(京報)によれば、4月3日の夜、Meituan(美団)による買収の賛否を問う Mobike の株主会合が開かれたようだ。中国のグループ購入サイト Meituan は、自転車レンタル企業 Mobike(摩拜単車)について、35%を株式交換、65%を現金で買収することに合意した。このうち、3.2億米ドルについては、将来の流動的なニーズのために使われる見込み。詳細によれば、シリー…

Beijing News(京報)によれば、4月3日の夜、Meituan(美団)による買収の賛否を問う Mobike の株主会合が開かれたようだ。中国のグループ購入サイト Meituan は、自転車レンタル企業 Mobike(摩拜単車)について、35%を株式交換、65%を現金で買収することに合意した。このうち、3.2億米ドルについては、将来の流動的なニーズのために使われる見込み。詳細によれば、シリーズ A と シリーズ B ラウンドに参加した投資家と創業チームは、7.5億米ドルの現金を手にして同社をイグジット。Meituan のある情報筋は、TechNode(動点科技)に対し、この買収を認めた。Beijing News は、創業メンバーの中には売却を望まず、同社を離れる決断をせざるを得ない者もいたと伝えている。

Mobike の共同創業者で社長の Hu Weiwei(胡瑋煒)氏は、WeChat(微信)への投稿の中で、次のように書いている。

誰かが退陣にさせられるようなことはない。私から見れば、すべては新たな始まりだ。

Mobike の共同創業者兼社長 Hu Weiwei(胡瑋煒)氏によるWeChat(微信)への投稿

中国のソーシャルメディア上では昨日、Meituan が Mobike を37億米ドルで買収するとの噂や未確認情報が駆け巡った。この夜遅く、地元メディアは Meituan が Mobike と大量株式の買取に向けた話し合いをしていると伝えた。しかし、Mobike のチームはメディアチャットグループで、この噂の有効性を否定していた。

Meituan CEO の Wang Xing(王興)氏は、今日(4月4日)の社内向け声明で、Mobike の買収を認めている。Wang 氏は、Mobike が Meituan からは独立してブランドと経営が維持されるとも付け加えた。

この日、Meituan と Mobike は共同声明で、公式に Mobike 買収を発表した。Mobike CEO の Wang Xiaofeng(王暁峰)氏は声明の中で、両社が健康的なライフスタイルを促進するという共通のビジョンを持っていると述べた。

Mobike と Meituan は今後、ユーザ価値やユーザを驚かせるような体験を作り出すことに集中し続けることになるだろう。

声明によれば、Wang Xing 氏は Mobike の新しい会長に就任するが、これ以外には Mobike の経営チームに変化は生じない模様だ。Wang Xiaofeng 氏は Mobike の CEO、Hu Weiwei 氏は社長としてのポジションを継続する。

Didi(滴滴出行)とソフトバンクが Mobike の株主になろうとしていたものの、結果的にその試みが実を結ばなかったことは特筆に値する。Meituan は最近、配車サービスにも参入し Didi の直接的な競合となった。自転車レンタル事業が、配車サービスにおける戦いの延長戦となるかどうかについては、多くの推測がなされている。

Meituan と Mobike の共同声明

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国のO2O大手Meituan(美団)、Didi Chuxing(滴滴出行)に対抗し国内7都市で配車サービスを展開との噂

SHARE:

配車サービスで再び戦火を交えたいという野望を持つ Meituan(美団)がますます真剣になっている。中国の O2O、e コマースの巨人 Meituan は、3月16日に7都市でオンデマンド自動車サービスをローンチするとの噂が中国系メディア TechWeb で報じられている。北京、上海、成都、杭州、温州、福州、アモイの大都市が候補にあがっている。 昨年に南京で配車サービスをローンチした同社は、北京や…

配車サービスで再び戦火を交えたいという野望を持つ Meituan(美団)がますます真剣になっている。中国の O2O、e コマースの巨人 Meituan は、3月16日に7都市でオンデマンド自動車サービスをローンチするとの噂が中国系メディア TechWeb で報じられている。北京、上海、成都、杭州、温州、福州、アモイの大都市が候補にあがっている。

昨年に南京で配車サービスをローンチした同社は、北京や上海といった都市にも進出する計画を明らかにした。しかしながらこの発表の直後、諸都市で配車サービスを運営するために必要な法的要件を満たすのに苦戦を強いられてしまった。それぞれの都市でサービスの許可が必要なのだ。

Meituan Dache(美団打車)は1月12日に北京でサービスを展開すると発表したが、北京当局からの指令によりローンチが延期させられていた。1月に同社は、南京と上海では当局からの承認を得ているとコメントした。

広報担当はこの噂を否定したが、詳しい説明はなされなかった。

まだ不確実性はあるものの、同社は新しい機能に対する期待をうまく高めている。昨年12月には、ユーザが進出都市を投票できる登録ページが立ち上げられ、票が20万に達したら、そこでサービスをローンチするとしていた。

それに加えて同社は、Didi Chuxing(滴滴出行)が支配している市場分野でユーザを確保するのに最も効果的な方法である補助金を活用している。その方針の下、最初の20万人までの登録者には乗車クーポンを提供し、最初の5万人(北京)および2万人(上海)の運転手には手数料無料のサービスを受けられるようにした。

特定の市場分野から中国の新興テック企業がブームになることがあるが、あらゆる要素を含むプラットフォームに進化するという全体的な傾向がある。その結末として、主要企業の間で事業が重複する事態になることが避けられない。それは特に、配車サービスのような競争の激しい業界に当てはまる。Didi でも同様に、Meituan の中核事業であるフードデリバリーサービスのローンチに向けた取り組みを行っていると報じられている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

昨年配車サービスに参入した中国のO2O大手Meituan(美団)、大盤振る舞いの補助金制度で次なるDidi Chuxing(滴滴出行)を狙う

SHARE:

地元メディアによると、中国の O2O および e コマースプラットフォーム大手の Meituan(美団)は配車サービス分野への進出を推し進めており、配車1回ごとに平均20人民元(約350円)の補助金をユーザに給付していることから、補助金合戦を巻き起こしているという。 Didi Chuxing(滴滴出行)が市場を独占している配車サービス業界への進出にあたって、補助金の給付は Meituan がさらな…

地元メディアによると、中国の O2O および e コマースプラットフォーム大手の Meituan(美団)は配車サービス分野への進出を推し進めており、配車1回ごとに平均20人民元(約350円)の補助金をユーザに給付していることから、補助金合戦を巻き起こしているという。

Didi Chuxing(滴滴出行)が市場を独占している配車サービス業界への進出にあたって、補助金の給付は Meituan がさらなる顧客を獲得するのに最も簡単で効果的な方法かもしれない。Meituan はすでに補助金制度を開始しており、2017年12月には、8回配車を頼んだユーザは60人民元(約1,050円)、13回頼んだユーザは100人民元(約1,740円)の補助金がもらえる。ピークの時間帯にはまた別の補助金ももらえるという。

Meituan は事業拡大に意欲的であり、2017年12月には配車サービス運営のため200人以上の従業員でチームを組んだと発表した。昨年2月に始まった南京での試験運用の後、北京、上海、成都、杭州、福州、温州、厦門(アモイ)の7都市でサービスを開始する予定だ。

そのためにまず、さらにドライバーを獲得するために同社は北京のドライバー先着5万人に対し、手数料を3ヶ月間免除し、ドライバーの報酬の一部をプラットフォーム利用手数料として差し引かないことにするという。

こうした動きはすべて Meituan が Didi へ対抗するという決断を反映している。配車サービス業界の競争は2016年8月に Didi が Uber の中国部門を買収したことで終結したはずだった。Meituan が参戦した現在、Didi の地位にも揺らぎが見られそうだ。2017年10月、Meituan は Tencent(騰訊)がリードしたシリーズCラウンドで40億米ドルの投資を受け、その評価額は300億米ドルとなっている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国O2O大手「Meituan-Dianping(美団-大衆点評)」、シリーズCで40億ドルを調達——Tencent(騰訊)・Alibaba(阿里巴巴)対決を反映

SHARE:

中国の O2O および e コマースプラットフォーム「Meituan-Dianping(美団-大衆点評)」は10月19日、Tencent(騰訊)がリードするシリーズ C ラウンドで40億米ドルを調達したと発表した。 新たな資金を獲得した同社は、店舗内飲食、エンターテイメント、オンデマンド配送、旅行という4つのコア事業を拡張していくとみられる。Meituan-Dianping は現在、フードデリバリ…

中国の O2O および e コマースプラットフォーム「Meituan-Dianping(美団-大衆点評)」は10月19日、Tencent(騰訊)がリードするシリーズ C ラウンドで40億米ドルを調達したと発表した。

新たな資金を獲得した同社は、店舗内飲食、エンターテイメント、オンデマンド配送、旅行という4つのコア事業を拡張していくとみられる。Meituan-Dianping は現在、フードデリバリーサービス、グループ購入、ホテル予約、さらには映画チケット販売まで手広く事業を展開している。さらに、引き続き Alibaba(阿里巴巴)に対抗すべく O2O セクターでもさまざまなサービスを提供している。とはいえ今回の資金調達は、Tencent 対 Alibaba の代理戦争が激化していることを反映しているといってもおかしくない。

同社 CEO の Wang Xing(王興)氏は会社声明の中で述べた。

Meituan-Dianping は、顧客の1日のライフスタイル・シナリオ全体を対象とする強力で新しいeコマースエコシステムを作ることで中国の伝統的なサービス業を大きく変革させる動きを先導しています。

今回の資金調達では、多くの革新的、戦略的投資家から支援を受けましたが、これは当社のビジネスモデルと戦略の強さが証明されたことを示しています。

今回の案件では、Booking.com のほか priceline.com、Agoda.com、rentalcars.com などのサイトを抱える世界的なオンライン旅行サービス大手の The Priceline Group という新規の投資家が参加したことも注目される。The Priceline Group による投資がなされたことで、Meituan-Dianping の旅行・レジャー部門 Meituan Travel(美団旅遊)は、世界的なオンライン宿泊予約企業大手 Agoda.com と新たに戦略的な提携を交わした。さらに現地メディアによると、 The Priceline Group は中国のオンライン旅行代理店大手 Ctrip(携程)の株式を約13%保有しているという。

The Priceline Group の事業開発部門グローバル責任者 Todd Henrich 氏は会社声明の中で次のように述べている。

Meituan-Dianping を支援できるのを喜ばしく思います。Agoda.com と Meituan-Dianping が商業ベースで提携することにより、相手企業の専門知識から利益を受けられるほか、比類ない中国の巨大な旅行市場がもたらす機会から収益を上げられるようになるでしょう。

Meituan-Dianping によると同社は現在、1年で2億8,000万を超えるアクティブ購買顧客と500万のアクティブ現地店舗を中国2,800都市でつないでいる。同社の事業は、第一級のティア1都市から農村郡までを対象としており、1日に2,100万件の注文処理を行っている。昨年、店舗内飲食市場での同社シェアは86%であったほか、オンデマンド配送市場では61%を占めた。一方で Meituan Travel は中国第2のホテル予約プラットフォームとなり、会社声明によると市場シェアは36%だった。

Tencent 社長の Martin Lau(劉熾平)氏はプレスリリースで次のように述べた。

Meituan-Dianping が中国の飲食・ライフスタイルサービス業界を変革するというビジョン達成を目指しているところ、この会社を引き続き支援できるのを嬉しく思います。

この会社は、複数の業界でスムーズかつ大々的にサービスを実行しつつ、顧客に利便性と価値を提供し、健全で多様化した中国のインターネットエコシステムに貢献しています。

Tencent は事実、Alibaba が8月に Ele.me(餓了麼)によるBaidu Waimai(百度外売)買収の支援をしてフードデリバリー事業を全力で強化した際に、Alibaba のさまざまなサービスに対抗する取り組みを実施している。Tencent が今回これほどの大金を Meituan-Dianping に投資したことで、中国の2大テック巨頭による代理戦争は少しも衰えを見せていないことがわかる。

今回の新規投資ラウンドに参加した他の投資家には、Sequoia Capital、GIC、Canada Pension Plan Investment Board(カナダ年金計画投資委員会)、Trustbridge Partners、Coatue Management、IDG Capital、Tiger Global Management、China-UAE Investment Cooperation Fund などがある。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国のO2O大手Meituan-Dianping(美団-大衆点評)、最大50億米ドルを調達予定との噂【報道】

SHARE:

近々 Meituan-Dianping(美団-大衆点評)が新たなラウンドで30億~50億米ドル相当の資金調達を計画しており、同社の企業価値が250億~300億米ドルに増えそうだと Bloomberg が匿名筋の情報をもとに報じている。同記事によれば、Meituan を長年支えてきた Tencent(騰訊)もラウンドに参加するという。 この新たな資金調達は、中国オフラインツーオンライン(O2O)市場…

近々 Meituan-Dianping(美団-大衆点評)が新たなラウンドで30億~50億米ドル相当の資金調達を計画しており、同社の企業価値が250億~300億米ドルに増えそうだと Bloomberg が匿名筋の情報をもとに報じている。同記事によれば、Meituan を長年支えてきた Tencent(騰訊)もラウンドに参加するという。

この新たな資金調達は、中国オフラインツーオンライン(O2O)市場の征圧ゲームにおける Meituan-Dianping の立ち位置を強化することを意味する。主力事業の食品配送とグループ購入を含め、Meituan-Dianping は幅広いO2Oサービスを提供している。その他サービスにはチケット予約、配車、マイクロローン、ホームステイなどがある。

先週、Meituan-Dianping は「オフライン小売市場で最もアグレッシブな投資家になる」ことを計画していると発表した。「新たな小売業」に参入することで、同社は中国eコマースの2大巨頭である Alibaba(阿里巴巴)と JD(京東)の主戦場に殴り込みをかけている。オフライン小売用のものを含めサービスインフラの構築には、2016年はじめに調達した33億米ドルの資金から、まだ未使用の30億米ドル以上を充てる計画だと Meituan-Dianping は公表している。

新たな資金調達は、Meituan が食品配送サービスにおける競合他社に対してさらにアグレッシブなスタンスを取ることも意味し得る。競合には Alibaba が支援する Koubei(口碑)や Ele.me(餓了麼)などがおり、Ele.me は Alibaba とその金融関連企業である Ant Financial(螞蟻金融)から10億米ドルの投資を受ける予定だと6月に発表していた。競争が激化するこの食品配送ビジネスでは、規模の小さい企業は撤退を余儀なくされることを意味する。新たな報道によれば、Baidu(百度)の配送サービス Waimai(百度外売)は近々 Ele.me と合併するかもしれない、とのことだ。

これまでのところ、Meituan-Dianping は同社の最新資金調達の噂に関してコメントを発表していない。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国のO2O大手Meituan-Dianping(美団-大衆点評)、Tencent(騰訊)の投資ラウンド撤退の噂を一蹴

SHARE:

中国 O2O の大手 Meituan-Dianping(美団-大衆点評)は、進行中の新たな投資ラウンドから筆頭株主の Tencent(騰訊)が撤退するという最近のメディア報道を否定した。そのような報道は誤りに満ちたものであり、Meituan の全体としての業績も損益分岐点に達し好調だとしている。 Meituan のシニア VP である Chen Shaohui(陳少暉)氏は、同社ではまだ新規資金調…

中国 O2O の大手 Meituan-Dianping(美団-大衆点評)は、進行中の新たな投資ラウンドから筆頭株主の Tencent(騰訊)が撤退するという最近のメディア報道を否定した。そのような報道は誤りに満ちたものであり、Meituan の全体としての業績も損益分岐点に達し好調だとしている。

Meituan のシニア VP である Chen Shaohui(陳少暉)氏は、同社ではまだ新規資金調達ラウンドを開始しておらず、上場の計画もないと言う。従って「Tencent 撤退」との報道は実際の事実に基づくものではないとしている。

Tencent の M&A 部門ゼネラルマネージャーであるLin Haifeng(林海峰)氏も、撤退に関する報道は単なる噂に過ぎないと見ており、Tencent は顧客サービスのローカライゼーションおよび同部門における Meituan の継続中のビジネスプランの今後の見通しについて強気であると述べた。また、Tencent と Meituan が戦略的パートナーシップを強化してきたことも強調した。

噂では Tencent が、Meituan によって最近開始された新規資金調達ラウンドをリードせず、またその他中国国内の投資家らも投資に渋っているとされている。巨額の投資を必要とする Meituan がその目的を満たすために海外からの投資を検討し始めたことから、このように推測されるようになった。

報道によると、Meituan は主に業績不振によって冷遇されるようになり、よって投資家らは同 O2O サービスへの今後の投資を利益の見込めないものと見なすようになったという。加えて、Meituan の決済サービス部門への事業拡張も、噂されていた新規投資ラウンドから Tencent が撤退する理由であると言われていた。

Meituan は昨年9月、サードパーティ決済プロバイダである Qiandaibao(銭袋宝)の買収後、サードパーティ決済ライセンスを手に入れた。これは筆頭株主から独立性を得るための試みの一環であり、つまり筆頭株主である Tencent を激怒させる行為だと見なされた。Tencent はモバイル決済サービス Tenpay(財付通)を所有しており、市場シェア率37%と市場第2位の規模を誇っているからだ。Meituan は最終的には独自の決済サービスが勢いを得られなかったため Tencent のWeChat Pay(微信支付)に舞い戻ったものの、これによって両者の間に亀裂が生じたと考えることもできる。

共同購入ウェブサイトとしてスタートした Meituan は、6回にわたる資金調達ラウンドから約45億米ドルの軍資金を手に入れ、フードデリバリーやホテル予約、配車サービスや短期賃貸不動産サービスなど、様々な市場で多くのサービスを展開をしてきた。しかし、このように参入した部門それぞれで厳しい競争に直面し、全体としての牽引力は得られていない。

経営陣と企業構造が入れ替わり立ち代わりになったこともこうした奮わぬ業績の原因になっているが、同社の中心メンバー8人のうち7人が何らかの理由で去っていったと報じられている。

Tencent の CEOである Pony Ma(馬化騰)氏が、Tencent が積極的な投資を続けてきたニュースアプリ Toutiao(今日頭条)や人気配車サービス Didi(滴滴)について自信がある旨を公に述べたことも注目すべきだ。しかし、同氏がこの場で Meituan について言及することはなかった。

信頼回復のため、Meituan も本日(原文掲載日:5月16日)最新の業績について発表し、毎日1,800万件を超える注文と30億米ドル以上の資金があるとした。また、年間ベースで2億4,000万人のアクティブバイヤーと300万件のアクティブ店舗を獲得しているという。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------