中国のO2O大手Meituan Dianping(美団-大衆点評)、香港市場へのIPOを申請

by TechNode TechNode on 2018.6.27

Meituan Dianping(美団-大衆点評)

中国のフードデリバリ・ライフサービスプラットフォーム「Meituan Dianping(美団-大衆点評)」は6月25日、香港市場への IPO を申請した。この IPO は、ウォール・ストリートを代表する3つの投資銀行、Goldman Sachs、Morgan Stanley、Bank of America Merrill Lynch によって共同引受される。

報道によれば、Meituan Dianping はこの IPO で40億米ドル以上の調達を目指しているとされるが、具体的な金額は IPO の申請内容においては明らかにされていない。

Meituan Dianping は、Meituan(美団)と Dianping(大衆点評)という2つのサービスを運営している。Meituan は、中国最大の日常生活サービスに関するオンラインマーケットプレイスを提供、一方、Dianping は地元ビジネスについてのクラウドソーシングによるレビューを提供するほか、クーポンを販売している。同社はフードデリバリから顧客の求めに応じ買物代行までしてくれる、Meituan Waimai(美団外売)というデリバリサービスも提供している。

申請内容によると、Meituan Dianping は今年4月はじめ、より顧客を惹きつけ、消費者に提供できるサービスの幅を拡げるために、バイクシェアリング企業 Mobike(摩拜単車)を27億米ドルで買収している。

Meituan Dianping によれば、同プラットフォーム上で2017年に実施された取引の件数は58億件を超え、GMV(そう流通総額)は3,570億人民元(約6兆円)に達した。プラットフォーム上に出店する事業者数は、2015年の300万から2017年の550万にまで増加。また同社の売上は、2年前の130億人民元(約2,180億円)から2017年には339億人民元(約5,700億円)にまで成長した。

Meituan Dianping は、中国のテック大手 Tencent(騰訊)の支援を受けている。IPO 申請内容によれば、競合には、Alibaba Group(阿里巴巴集団)と同社傘下のフードデリバリ・インストアサービス子会社のほか、旅行サービスの Ctrip(携程)がいる。

【原文】

【via Technode】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------