中国のフードデリバリサービス「Ele.me(餓了麼)」、配送にかかる費用と時間の節約を目指しドローンの活用を開始

by TechNode TechNode on 2018.6.8

Image credit: Ele.me(餓了麼)

中国のフードデリバリーサービスにドローンが正式に導入されることになった。

中国のフードデリバリープラットフォーム Ele.me(餓了麼)は5月29日、上海での中国初のリアルタイム配送用ドローンの飛行を承認された最初の企業の1社となった。飛行経路は17、その全てが上海郊外の金山工業区内にある。ドローン用に設定された各径路につき3~4回の飛行をすることで、約100社の食品ベンダーを結ぶ予定。

配送員がベンダーから食品を集荷すると、着脱可能な食品配送箱が実装されたドローンの待つ配送センターに荷物を届ける。ドローンが空輸した後、別の配送スタッフが荷物を受け取って注文主に届ける。つまり顧客は、ドローンから直接、食品を受け取るわけではない。

同社によると、ドローンを使った配送費用は人手による費用を下回るという。空中でのドローン配送は全工程の70%を占めるため、最初と最後の配送員の受け持ちはそれぞれ全体の15%にすぎない。そのため現在30分かかっている配送時間が20分に短縮できる、と同社 COO の Kang Jia(康嘉)氏は話している。

中国最大の宅配事業者 SF Express(順豐速運)の子会社である同社は3月下旬、中国民用航空局より同国初のドローン配送免許を交付されていた。同社は国内の過疎地や郡部への宅配にドローンを活用していく意向だ。中国でドローンを使った配送を行っているeコマースプラットフォームの JD.com(京東)も、2月に陝西省でのドローン配送サービス実験を行う免許を交付されている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------