BRIDGE

タグ Meetrip

現地ガイドに地元を案内してもらえる海外旅行サービス「Meetrip」がアジア12都市に対応してアンドロイドアプリをリリース

SHARE:

現地を案内してくれる地元の人が見つかる海外旅行サービス「Meetrip」が、サービスを展開している都市ごとにアンドロイドアプリを計12個、一挙同時にリリースした。海外からの旅行者と出会いたいという現地サイドの強いニーズに応え、より多くの旅行者にMeetripを利用してもらうべく、今回のリリースに踏み切ったという。 Meetripは、今年の9月18日に東京と台北でβ版開始。11月8日にはアジア12都…

meetrip

現地を案内してくれる地元の人が見つかる海外旅行サービス「Meetrip」が、サービスを展開している都市ごとにアンドロイドアプリを計12個、一挙同時にリリースした。海外からの旅行者と出会いたいという現地サイドの強いニーズに応え、より多くの旅行者にMeetripを利用してもらうべく、今回のリリースに踏み切ったという。

Meetripは、今年の9月18日に東京と台北でβ版開始。11月8日にはアジア12都市へとその規模を拡大して展開した。「現地の人との出会い」というコンセプトが大きな反響を呼び、登録数はオープンから2ヶ月後に1000件を超えβ版の提供開始から三ヶ月で今回のアンドロイドアプリのリリースと順調にその規模を拡大している。

Meetripを運営するダックダイブ社CEOの貴山敬氏は今回のリリースについて、以下のように語ってくれた。

9月18日東京・台北を対象にβ版オープン、および11月8日アジア10都市拡大展開以降、現地ガイドは短い期間で1000人を集める事ができました。各都市のユーザ登録状況を見ていると、自分の街を外国人旅行者に教えてあげたい、というニーズは各都市ごとにかなりの違いがあることがわかりました。

簡単に説明すると、所得水準が低い国のガイドほど、案内役の指名を受けることにより真剣になる傾向があります。例えば、20米ドルの価格でも、発展途上国の場合は、とても良い収入になるわけです。実際には所得水準だけでなく、英語の普及度合い、観光産業への依存度、国民性など、いろいろな要因があります。

今後、各国ごとに使われ方が大きく変わってくる可能性があります。グローバルなC2Cマーケットプレイスとして、様子を見ながらFacebook 広告、SEM、現地イベント等、マーケティング方法を国ごとに柔軟に対応していく必要があると感じています。

Meetripは1000都市での展開を目指しており、今回のアンドロイドアプリの同時リリースはそのパイロットケースとして位置づけられているという。この勢いで成長していくと、Meetripを使って現地を案内してもらうことが世界中の都市で可能になるかもしれない。Meetripのサービス詳細はこちらからどうぞ。

----------[AD]----------

「その土地の人と交流し、いつまでも思い出に残る旅を。」新たな旅行の形を提案するスタートアップたち

SHARE:

毎週水曜日にNOMAD’S NEWS BASEで開催しているStartup Dating サロン。10月24日の回では、「テクノロジーが可能にした新たな旅行のカタチ」をテーマに開催した。情報技術の発達や、グローバル化にともなって、旅のあり方にも変化が起きている。 これからの時代の旅とは、どのようなカタチが考えられるのか。旅に関するサービスを提供するスタートアップ二社にピッチしてもらった…

毎週水曜日にNOMAD’S NEWS BASEで開催しているStartup Dating サロン。10月24日の回では、「テクノロジーが可能にした新たな旅行のカタチ」をテーマに開催した。情報技術の発達や、グローバル化にともなって、旅のあり方にも変化が起きている。

これからの時代の旅とは、どのようなカタチが考えられるのか。旅に関するサービスを提供するスタートアップ二社にピッチしてもらった。

現地に詳しい旅行ガイドを見つけられるマーケットプレイス

観光スポットをめぐるだけの旅はつまらない。観光地にいったら外国人ばかりだった。そんな経験はないだろうか。テクノロジーによって旅はとても便利になったが、それ同時に未知のことが少なくなり、つまらないものになってしまったのかもしれない。Meetripを運営するduckdive社代表の貴山敬氏は18歳のころ、ネパールへの旅で心に残っている旅の思い出があるという。その経験から、現地の人と出会うことが、思い出に残る旅には必要だ、と考えたことが同サービスを作ったきっかけだ。

現地の人にガイドしてもらえる旅行サービスMeetripは、現地の人にコンタクトをとり、その人にお金を支払って街を案内してもらう。支払いはPayPalでできるようになっているという。現在は、東京と台湾でサービスを提供しており、ピッチ中に台湾で現地の人にガイドをしてもらっている様子の映像を見せてもらった。今日は、日本で一番人気のガイドだという学生の方も会場に来てもらい、実際にサービスを体験した感想などをシェアしてくれた。

Meetripは、今年中にアジア10都市に展開する予定だという。このサービスによって、旅のおもしろさを再発見できるかもしれない。アジアの各都市で現地の人に案内をしてもらいたい方、東京を海外の人々に案内したいという方はぜひサービスをチェックしてもらいたい。

関連記事

空き部屋のマーケットプレース

Roomstayは、世界中の日本人同士で部屋を貸し借りできるサービスで、Airbnbのクローン的位置づけのサービスだ。海外へ行って部屋をとろうとすると予算で決める、ホテルは高い。旅行にいった思い出は、誰と出会ったかが思い出に残る、普通の旅行ではローカルな楽しみができない。Airbnbは一定以上の英語力が求められる、といった課題があると考え、それを解決するために同サービスを開発した。

Roomstayを使えば、ホテルの利用料より安く、世界中どんな都市にでも泊まることが可能になる。さらに、現地に暮らしている人の家に泊まることができるため、ホテルに泊まるよりも、その土地の暮らしに触れることも可能になる。日本語ができる人の家に泊まることになるため、英語に自信がない人でも安心して家に泊まれるようになる。

実際、海外での日本人同士での部屋の貸し借りに関するデータも発表してくれた。ニューヨークで日本人が経営している日本人向けのゲストハウスは98%の稼働率をほこり、世界の主要都市には日本人のための掲示板サイトがあり、「お部屋貸します」といった主旨の投稿件数は月に200件を超えるという。日本人同士での部屋の貸し借りのニーズはかなり高いことが伺える。

海外へ行く予定がある方、ちょっと普段と違う旅行の仕方を試してみたい方はぜひRoomstayにアクセスして、部屋を探してみてほしい。部屋を探しながら、「この都市のこんな部屋に泊まってみたい!」と想像するのも楽しいと思う。

関連記事

今回ピッチしてもらった二社を組み合わせても普段の旅とは違った、ユニークな体験をすることができそうだ。秋冬にかけてどこかに旅行に行くという方は、ぜひともチェックしてみてほしいサービスたちだ。

----------[AD]----------

「Meetrip」を使ったローカルガイドでユニークな旅を経験しよう

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 旅はとても楽しいものであるのと同時に、とても平凡にもなりえる。ガイドブックを購入して、「人気のレストラン」をGoogleで検索した結果、私たちは皆同じような場所へ行くことになる。Airbnbの人気は、人々が旅行にそれ以上のものを探し求めている証だ。日本のスタートアップ「Meetrip」が、この旅行シェアリング市場に乗り出した。 Meetripは地元ユーザ(ま…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

旅はとても楽しいものであるのと同時に、とても平凡にもなりえる。ガイドブックを購入して、「人気のレストラン」をGoogleで検索した結果、私たちは皆同じような場所へ行くことになる。Airbnbの人気は、人々が旅行にそれ以上のものを探し求めている証だ。日本のスタートアップ「Meetrip」が、この旅行シェアリング市場に乗り出した。

Meetripは地元ユーザ(またはガイド)と旅行者をつなげるスマートフォンアプリ(写真下)。Facebook認証をしてサインアップしたら、地元ガイドは簡単にツアー計画を作成できる。例えば、旅行者には知られていない古い街並みを探索する3時間のツアー、地元で最も人気な麺を楽しむランチなどだ。旅行者はおもしろそうなツアーを見つけて申し込むことができる。ガイドと連絡を取り合うことで、自分だけの完璧なツアーを練り上げることができるし、値段を含むツアーの詳細は後から変更できるので調整の余地もある。

Meetripのアイディアは、共同設立者であり、自身が数々の旅に出た経験を持つ貴山敬氏によるものだ。数々の旅の中で彼の記憶に最も残っているのは、その土地の人に出会い交流した旅だと貴山氏はいう。Meetripが、アクティビティより「人」に焦点を当てている理由はそこにある。チームは2011年6月に会社を設立し、4ヶ月間サービスの開発に取り組んできた。台湾の台北でプロトタイプをリリースし、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにベータ版のユーザーインタビューを繰り返してきた。

地元の人たちがMeetripを使う動機はいろいろ考えられる。遠くから来た旅行者との交流や、外国語の会話や練習、または地元の特別な場所を旅行者に紹介することなど。これらはどれも、地元の人たちがアプリを最初に使い始める理由だ。しかし時間が経つにつれ、Meetripが彼らの大きな収入源になる可能性がある。だからこそ、Meetripチームは旅行サービスをまずアジアの国々に導入することにしている。現在は東京と台北で利用でき、今後数ヶ月の間にソウル、ジャカルタ、バンコクに拡大する予定だ。今年中に10都市以上でリリースすることを目標に掲げている。

Meetripを運営するのはDuckdive Inc.。もう1人の共同設立者は有安伸宏氏だ。有安氏は、大学時代に最初の会社をNet Age Groupに売却した。彼の次のスタートアップはCyta.jpというC2Cマーケットプレイスだ。CTOは笠谷真也氏で、別の会社のCTOをするあいだに大人気iPhoneアプリ「Pocket Guitar」をリリースした。この有料アプリは150万回以上ダウンロードされている。彼らは3人共、慶應義塾大学の卒業生である。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------