THE BRIDGE

タグ ニューロスペース

睡眠を可視化して3カ月で改善「睡眠ビジネス」を掘り起こせーーニューロスペースにSOMPO HDが出資

SHARE:

ニュースサマリ:可視化で睡眠の課題解決を目指すニューロスペースは7月8日、SOMPOホールディングスを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。SOMPOホールディングスからの出資に融資を含め、調達した資金は1億7000万円。これにより、今年4月に公表した事業会社5社などからの出資と合わせ、総額5億1000万円のシリーズAラウンドにおける資金調達を完了した。 SOMPOホールディング…

neurospace_002

ニュースサマリ:可視化で睡眠の課題解決を目指すニューロスペースは7月8日、SOMPOホールディングスを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。SOMPOホールディングスからの出資に融資を含め、調達した資金は1億7000万円。これにより、今年4月に公表した事業会社5社などからの出資と合わせ、総額5億1000万円のシリーズAラウンドにおける資金調達を完了した。

SOMPOホールディングスとはグループ各社と、高齢者に関する健康と睡眠の関係についての共同研究開発の検討を進めるほか、睡眠領域での事業共創も開始する。

話題のポイント:仕事人に限らず、睡眠の質を改善したいと考えてる方は多いんじゃないでしょうか?ではその一方、ソリューションで思いつくものはなんでしょう。

そう、枕とかマットレスだと思うんです。

この分野にSleepTechを掲げて真正面からやってきてるのがニューロスペースさんです。やり方はシンプルで、睡眠を可視化し、それにあった改善プログラムを3カ月で提供するというものです。ニューロスペース取締役COOの北畠勝太さんに睡眠ビジネスの展開についてお聞きしたところ、この改善プログラムの法人向け提供をまずは進めているというお話でした。

「まず1つ目としては、弊社がB2B2E(Employee)として展開する法人・従業員向けサービスです。健康経営・働き方改革等において「睡眠」は企業の顕在的課題・ニーズになってきていますが、直近サービスインした自社開発の企業向け睡眠習慣デザインプログラム「lee BIZ(リー・ビズ)」の法人向け展開を推進しています」(北畠さん)。

現在、国内では働き方改革の名の下、組織における働きやすさ、生きやすさのような環境づくりが求められていますが、いざその方法となるとテレワークだったり、効率化の話が多く、働く人の健康面・精神面を支える福利厚生というのは意外と盲点のような気がします。

neurospace_001

睡眠が乱れる人というのは間違いなく時間の使い方に問題があるわけで、それがプライベートであろうとビジネスであろうと、結果的に活動に大きな影響を与えることになります。

その可視化によって定量的に働く人の状態が掴めるのであれば、組織を保つ責任のある人事やマネジメント層にとっては組織運営における重要なデータのひとつになるかもしれません。

また、ニューロスペースではこういった法人向けのサービスで得られた知見を元に、事業者を通じた消費者向けサービス(B2B2C)の展開も進めているそうです。例えばKDDIとはスマートホームの文脈で、フランスベッドのマットレスにIoT端末を組み込んだ展開を開始しています。今回出資した事業会社各社とは、同様のスキームで展開するケースもあるというお話でした。

----------[AD]----------

SleepTechのニューロスペース、事業会社5社などから3.4億円を資金調達——MTG、東電EP、東急不動産HDらと協業へ

SHARE:

睡眠課題を解決する SleepTech 事業を展開するニューロスペースは8日、3.4億円を調達したと発表した。調達ラウンドは不明。この金額には、三井住友銀行、みずほ銀行、東京東信用金庫からの9,000万円の融資も含まれる。今回の調達ラウンドに参加したのは、MTG Ventures、東京電力フロンティアパートナーズ、日本ベンチャーキャピタル、東急不動産ホールディングス(東証:3289)、ユーグレナ …

左から:MTG Ventures 藤田豪氏、東京電力フロンティアパートナーズ 菊池英俊氏、ニューロスペース 佐藤牧人氏、ニューロスペース 小林孝徳氏、ニューロスペース 北畠勝太氏、日本ベンチャーキャピタル 奥原主一氏、リアルテックファンド 永田暁彦氏
Image credit: Neurospace

睡眠課題を解決する SleepTech 事業を展開するニューロスペースは8日、3.4億円を調達したと発表した。調達ラウンドは不明。この金額には、三井住友銀行、みずほ銀行、東京東信用金庫からの9,000万円の融資も含まれる。今回の調達ラウンドに参加したのは、MTG Ventures、東京電力フロンティアパートナーズ、日本ベンチャーキャピタル、東急不動産ホールディングス(東証:3289)、ユーグレナ SMBC 日興リバネスキャピタル。本ラウンドでの出資による調達総額は2.5億円。

これはニューロスペースにとって、2017年10月に実施した1億円の資金調達に続くものだ。同社はこれまでに、スローガンコアントと個人投資家からの調達(2015年7月実施、調達額とラウンド不明)、グローカリンクからの調達(2016年12月、調達額とラウンド不明)を実施している。出資による過去累計調達金額は、少なくとも3.5億円を超えたことになる。

ニューロスペースは2013年12月の設立。当初は企業の健康経営における睡眠改善プログラム「Sommnie」などを開発してきた。現在同社が注力するのは AI や IoT 技術を活用した「睡眠解析プラットフォーム」と呼ばれるものだ。最近では、睡眠サイクルが狂いやすい海外出張の多い三井物産の従業員が参加した実証実験を実施、ANA ホールディングスと海外渡航者向けの時差ボケ調整ソリューションを共同で開発。先月には、KDDI やフランスベッドとは、睡眠 × ホーム IoT サービス、スマートマットレスを組み合わせたサービスを開始している。

ニューロスペースでは今後、MTG Ventures および東京電力フロンティアパートナーズのそれぞれ親会社に当たる、MTG(東証:7806)および東京電力エナジーパートナーと、連携サービスや新規サービスを共同開発・展開するとしている。東急不動産ホールディングスの出資は TFHD Open Innovation Program を通じたもので、東急不動産が展開する住宅ブランドでの睡眠改善をコンセプトとしたサービス展開や、東急スポーツオアシスとの新規サービスの共同開発を意図している。

via PR TIMES

----------[AD]----------

SleepTechのニューロスペースが時差ボケ調整アプリを共同開発、ANAと実証実験を開始へ

SHARE:

睡眠課題を解決するSleepTech事業を展開するニューロスペースは9月14日、ANAホールディングスと共同で実施する海外渡航者向けの時差ボケ調整ソリューションの取り組みを公表した。両社は時差ボケ調整アプリの共同開発および共同実証実験を通じて海外渡航時の時差ボケ解決に取り組む。 共同開発する時差ボケ調整アプリは、海外渡航者が悩まされる日中の眠気や集中力の低下、時差に伴う寝つきの悪さなどを和らげるこ…

睡眠課題を解決するSleepTech事業を展開するニューロスペースは9月14日、ANAホールディングスと共同で実施する海外渡航者向けの時差ボケ調整ソリューションの取り組みを公表した。両社は時差ボケ調整アプリの共同開発および共同実証実験を通じて海外渡航時の時差ボケ解決に取り組む。

共同開発する時差ボケ調整アプリは、海外渡航者が悩まされる日中の眠気や集中力の低下、時差に伴う寝つきの悪さなどを和らげることを目的としたアプリ。時差ボケ調整アルゴリズムを活用し、時差ボケのタイミングなどわかりやすく情報提供される他、フライト情報や現地での予定をもとに、時差ボケを調整するために必要な情報が、出国前、渡航中、帰国後のタイミングで、一人一人に最適化して提供される。

今年の10月頃を目途に、一部のANA社員を対象に実際の海外出張時の利用をスタートし、機能や効果の実証実験を行い、その後、ユーザーの声とフィードバックを基にしたオープンな開発を進める。

出発前・到着後のラウンジサービスとの連携、機内での食事や光などの最適化や渡航先でのANAグループ・提携先でのサービス連携なども予定されており、今後は外部の連携パートナー企業に時差ボケ調整プラットフォームを開放することも検討する。

via PR TIMES

----------[AD]----------

「睡眠解析プラットフォーム」開発のニューロスペース、三井物産と海外出張の多い従業員ら向けの実証実験を開始

SHARE:

⼤⼿企業向けに睡眠改善プログラム事業を展開するニューロスペースは19日、三井物産の海外出張の多い従業員を対象に実証実験を行うと発表した。昨年、吉野家と実施した実証実験では、ニューロスペースがデバイスやモバイルアプリを配布していたが、今回は三井物産が出資するイスラエルの EarlySense のデバイスを用いてデータを取得する。EarlySense の日本市場参入にあわせ、ニューロスペースでは、同社…

⼤⼿企業向けに睡眠改善プログラム事業を展開するニューロスペースは19日、三井物産の海外出張の多い従業員を対象に実証実験を行うと発表した。昨年、吉野家と実施した実証実験では、ニューロスペースがデバイスやモバイルアプリを配布していたが、今回は三井物産が出資するイスラエルの EarlySense のデバイスを用いてデータを取得する。EarlySense の日本市場参入にあわせ、ニューロスペースでは、同社の睡眠解析プラットフォームのマルチデバイス対応の検討の足がかりにしたい考えだ。

ニューロスペースの睡眠解析プラットフォーム
Image credit: Neurospace

ニューロスペースは2013年12月の設立。企業の健康経営における睡眠改善プログラム「Sommnie」などを開発してきた。現在同社が注力するのは AI や IoT 技術を活用した「睡眠解析プラットフォーム」と呼ばれるもので、このプラットフォームでは、個⼈毎の睡眠データを⾼精度に計測し、AI を活⽤した独⾃の解析技術から導き出した個⼈別睡眠解析結果と最適ソリューションそして改善データを提供する。社員の健康増進・⽣産性向上を志向する企業や睡眠ビジネス参⼊を検討する企業が、API を通じて経営の改善や⾃社サービス・IoT 対応製品に組み込むことが可能となる。

EarlySense のデバイスと Neurospace のモバイルアプリ

今回実証実験の対象となるのは、海外出張に伴う時差ボケや早朝・深夜の海外拠点・パートナー企業との電話会議に伴うスケジュール調整など、さまざまなタイムゾーンに対応しながら仕事が求められる従業員約20人。社員の睡眠を解析することで、業務におけるパフォーマンス向上を側面支援する。

----------[AD]----------

「睡眠解析プラットフォーム」開発のニューロスペース、リアルテックファンドから約1億円を調達——吉野家とシフト勤務者対象の実証実験を開始

SHARE:

⼤⼿企業向けに睡眠改善プログラム事業を展開するニューロスペースは11日、リアルテックファンド(運営元は、ユーグレナ SMBC 日興リバネスキャピタル)から資金調達を実施したことを明らかにした。調達額は不明1億円。ニューロスペースにとっては、2015年7月に実施したスローガンコアントと個人投資家からの調達、2016年12月に実施したグローカリンクからの調達に続くものだ(共に、調達ラウンドおよび調達金…

⼤⼿企業向けに睡眠改善プログラム事業を展開するニューロスペースは11日、リアルテックファンド(運営元は、ユーグレナ SMBC 日興リバネスキャピタル)から資金調達を実施したことを明らかにした。調達額は不明1億円。ニューロスペースにとっては、2015年7月に実施したスローガンコアントと個人投資家からの調達、2016年12月に実施したグローカリンクからの調達に続くものだ(共に、調達ラウンドおよび調達金額は非開示)。今回の調達とあわせ、ニューロスペースは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発型ベンチャー⽀援事業に採択されたことも明らかにしている。

ニューロスペースは2013年12月の設立。企業の健康経営における睡眠改善プログラム「Sommnie」などを開発してきた。現在同社が注力するのは AI や IoT 技術を活用した「睡眠解析プラットフォーム」と呼ばれるもので、今日そのβ版がローンチした。

睡眠解析プラットフォーム
Image credit: Neurospace

このプラットフォームでは、個⼈毎の睡眠データを⾼精度に計測し、AI を活⽤した独⾃の解析技術から導き出した個⼈別睡眠解析結果と最適ソリューションそして改善データを提供する。社員の健康増進・⽣産性向上を志向する企業や睡眠ビジネス参⼊を検討する企業が、API を通じて経営の改善や⾃社サービス・IoT 対応製品に組み込むことが可能となる。

同社では、「睡眠解析プラットフォーム」の実証実験として、牛丼チェーン大手の吉野家のシフト勤務者を対象に、睡眠計測デバイスと、その計測データから睡眠ソリューションを提示するモバイルアプリを配布。⼀ヶ⽉におよぶ睡眠計測と改善⾏動のレコメンデーション、シフト調整などを通じて、プラットフォームの有効性の実証とブラッシュアップを行うとしている。

<関連記事>

----------[AD]----------

現代人の悩み「睡眠障害」の解決を目指してーー脳波を計測するデバイスを開発するニューロスペースが資金調達

SHARE:

これだけ日々多くのデバイスが登場する中においても、睡眠時間を短縮できるデバイスとして打ち出され、話題となった「neuro:on」というデバイスを覚えているという人は多いのではないだろうか。 「neuro:on」への注目から、現代人がどれだけ睡眠におけるソリューションを欲しているかが伺える。だが、「neuro:on」のアプローチではうまくいかないと語るプレイヤーが日本にいる。 ニューロスペースという…

これだけ日々多くのデバイスが登場する中においても、睡眠時間を短縮できるデバイスとして打ち出され、話題となった「neuro:on」というデバイスを覚えているという人は多いのではないだろうか。

話題となった「neuro:on」のプロトタイプ
話題となった「neuro:on」のプロトタイプ

「neuro:on」への注目から、現代人がどれだけ睡眠におけるソリューションを欲しているかが伺える。だが、「neuro:on」のアプローチではうまくいかないと語るプレイヤーが日本にいる。

ニューロスペースというスタートアップが、研究者と協力しながら開発しているのは脳波を計測することで睡眠時における障害の解決を目指すデバイスだ。スローガンコアントと個人投資家から資金調達を実施し、開発スピードを早めようとしている。

ニューロスペース代表取締役の小林孝徳は、

ニューロスペース 代表取締役 小林孝徳氏
ニューロスペース 代表取締役 小林孝徳氏

小林氏「現代人が悩まされている睡眠障害のほとんどは、睡眠の深度が問題となっています。ただ、これまでには睡眠の深さを正確に測るものがありませんでした。

私たちは筑波大学の国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)にも所属している研究者の方々の協力を得て、脳波を計測可能にし、ハードウェアの開発に取り組んでいます。」

とコメントしている。筑波大学が技術アドバイザーにつき、下の写真のような脳波計と睡眠解析アルゴリズムの技術を用いてサービスの開発に取り組んでいる。

脳波計
脳波計

11741866_1086299021385139_1140644941_n

協力している研究者には、筑波大学の裏出教授の名前もある。大手企業からも協業の誘いがあったそうだが、裏出教授はスタートアップでスピード感と熱意をもってやれる人間を求めていたため断っていたという。そこに小林氏が何度も通って熱意を語り、共に開発に取り組むこととなった。

マネタイズモデルはC向けにアプリと連動してサービスを提供するモデルと、B向けにライセンスの提供を検討しているという。企業によっては「スリープマネジメント」に取り組んでいるところも登場してきており、この領域も視野に入れている。

現在、デバイスのプロトタイプができている段階で、ソフトウェアの開発に着手している。9月〜10月ごろにはユーザーテストを実施し、来年の春には次の調達に向けて開発していくことを検討しているという。

小林氏「脳波計をまるで体重計のように家電製品として家に置いてある状態にしていきたい。使う習慣がつけば、睡眠に対する関心も変わります。日本大学医学部の内山真教授が発表していた睡眠障害による日本経済への損失は、年間で約3.5兆円にものぼるとされています。ニューロスペースは睡眠における課題の解決に取り組んでいきたいと思います」

ニューロスペースでは、クラウドファンディングサイト「Makuake」で資金を募り、睡眠ラウンジ「nemee」をオープンさせている。

「睡眠」という領域に取り組むスタートアップであるニューロスペースが、今後どのようなソリューションを生み出していくのか楽しみだ。

----------[AD]----------