THE BRIDGE

タグ nulab(ヌーラボ)

私たちはゆっくりと成長しますーー福岡のヌーラボ、世界展開を語る #bdash

SHARE:

本稿は、B Dash Camp 2015 Spring in Fukuokaの取材の一部。 福岡のインターネット企業として積極的に世界に向けて展開を続けるのがヌーラボだ。BacklogやCacooといったプロダクトを武器に、単なる地方の中小企業に留まらない精力的な活動を見せている。 また最近では、同じく九州地区の宮崎県を拠点にコマース事業を展開していたアラタナがスタートトゥデイの傘下入りするなど、…

IMGP2967
面接の前に取材対応してくれたヌーラボ代表取締役の橋本正徳氏

本稿は、B Dash Camp 2015 Spring in Fukuokaの取材の一部。

福岡のインターネット企業として積極的に世界に向けて展開を続けるのがヌーラボだ。BacklogやCacooといったプロダクトを武器に、単なる地方の中小企業に留まらない精力的な活動を見せている。

また最近では、同じく九州地区の宮崎県を拠点にコマース事業を展開していたアラタナがスタートトゥデイの傘下入りするなど、東京以外のネット企業の成長のあり方にも注目が集まっている。

参考記事:スタートトゥデイが宮崎を拠点にネットショップ支援事業を展開する「アラタナ」を完全子会社化

彼らのホームタウンということもあり、現在の状況を同社代表の橋本正徳氏に聞いた。(太字の質問は全て筆者。回答は橋本氏)

前回のアップデートが法人向けのサービス提供でしたが最近の状況はどう?

2月18日に公開した法人向けの「Cacoo for Business」が、既に58社に導入して頂けるなど、好調です。最初の1ヶ月は無料お試しの期間でしたから、本格的な有料での利用開始は3月17日くらいからなので、約3週間でその数字に到達した感じですね。

ヌーラボは福岡から積極的に海外にも展開してますよね。今って何拠点ぐらい?

法人としては、ニューヨークオフィスとシンガポールオフィスになります。局所的には台湾やベトナムといったところがありますね。例えば台湾は、現地にヌーラボのスタッフがいるので、彼女の頑張りもあってCacoo、Backlogともに、ユーザーが増えています。

言語の壁は♡で乗り越えています。

なるほど。今回の法人向けサービスもやはり海外からのお客さんも取れてますか?

やはり国内に多いのですが、内10社はアメリカやフランス、ブラジルなど国外の組織や企業になります。また、このリリースを機に、SSO(シングルサインオン)の仕組みを導入することも決まってます。

ヌーラボのサービスがひとつのアカウントで使えるというもの?

はい、Nulab Account にて、グループ管理や、ヌーラボのサービスの契約管理ができるようになります。現在は、Cacooのみですが、あわせてBacklogやTypetalkなどにも導入が進めば、例えばCacooとBacklogを併用して利用されているユーザーの方は、同一インターフェースで支払いや、グループの管理等ができるようになり、管理者などにとって便利になると考えています。

どんどん便利になりますね。ところで、九州出身のアラタナさんがスタートトゥデイ入りされましたよね。外部から投資金を受けて事業を急成長させる方法はあまり東京以外の土地では積極的に採用する会社さんは少ないですが、ヌーラボはどうなんでしょうか?

先日、経済産業省の「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選ばれました。これでもうスタートアップは卒業です(笑。外部資金を積極的に活用する方法は急成長を求める場合にはいいと思いますが、私たちはゆっくりとやりたいですね。

なるほど。ご卒業おめでとうございます。お時間ありがとうございました。

----------[AD]----------

福岡は「けもの道」、だからこそハックする面白さがある:ヌーラボ橋本氏が語る地方で起業することの意味【後編】

SHARE:

ヌーラボ橋本氏へのインタビュー後編では、地方で起業すること、地方ならではの課題や今後の取り組みなどについて話を伺った。 インタビュー【前編】では、ヌーラボが取り組んでいるリモートワークについて話を伺っている。 憧れの経営者とメンターの不在は地方は課題 「メンターの存在が地方では課題だ」という話を以前の記事で紹介した。橋本氏も、地方で起業文化を醸成するためには、若手を育成する30代や40代の存在が鍵…

ヌーラボ橋本氏へのインタビュー後編では、地方で起業すること、地方ならではの課題や今後の取り組みなどについて話を伺った。

インタビュー【前編】では、ヌーラボが取り組んでいるリモートワークについて話を伺っている。

DSC_0591_2

憧れの経営者とメンターの不在は地方は課題

「メンターの存在が地方では課題だ」という話を以前の記事で紹介した。橋本氏も、地方で起業文化を醸成するためには、若手を育成する30代や40代の存在が鍵だという。同時に、あこがれの経営者の存在も大きな役割だという。

「いまの30代40代くらいが松下幸之助さんにあこがれたように、地方にいるあこがれの経営者的存在が必要。楽天の三木谷さんやソフトバンクの孫さんといった人もいるが、まだまだ少ない。近くにいて、話ができる距離感があることで、目標とすべき人と出会えるはず。そうした意味で、福岡には成功した起業家があまりいない」

起業支援やITスタートアップコミュニティ、情報発信やリモートワークによる東京とのコミュニケーションもかつてよりも容易になった。そうした中、福岡からスタートアップが生まれにくい要因として、起業の「ゴールが見えづらい」というものがある。事実、福岡の企業からIPOはあるが、M&Aを経験した企業は少ない。

「東京では、IPOやM&Aといった話題が豊富。特にM&Aを一つの目標に、2年や3年という短期でサービスを拡大させるスタートアップも多い。出口の選択肢が複数あることでチャレンジもしやすい」

起業の出口が見えることで、起業文化が生まれやすくなる。M&Aを経験し、そこから若い世代に投資をしたり、新しい起業をするシリアルアントレプレナーの絶対数の少なさも、地方の起業文化を作る上で必要だと橋本氏は語る。

「もちろん、東京もまだまだシリアルアントレプレナーが多いとは言えないかもしれないが、地方ではそれがより顕著。憧れの経営者や、起業して成功し、そこから新しい挑戦をする先輩起業家やメンターといった役割は、東京以上に地方にとって必要な存在」

福岡が持つ土壌の文化とインターネットが武器になる

Some rights reserved by tsuna72
Some rights reserved by tsuna72

2012年の調査によると、福岡市は開業率3.6%と日本一の数字を誇っており、潜在的なアントレプレナー率は高いといえる。その多くが、商店やサービス業といった対面によるビジネスだ。

九州は、もともとECや通販といった小売が盛んな地域だ。ジャパネットたかたや再春館製薬所といった企業が本社を構えており、対面販売を得意としてきた文化がある。ダイレクトマーケティングからネットマーケティングへの移行が、福岡のスタートアップに必要だと橋本氏は語る。

「ヌーラボは、BtoBのビジネス。近くのお客さん以外にどれだけリーチできるかを日々考える中で、ウェブマーケティングを強く意識している。ヌーラボのように、ウェブマーケティングに力を入れたことで、福岡にある同規模の企業がいまものすごく伸びている。もともとマーケティングのノウハウや技術があるからこそ、リアルの対面からウェブに移行することで成長する福岡の企業はこれから多くなってくる」

対面で直接モノを売るビジネスとネット上でコミュニケーションやECを展開する企業が、福岡ではビジネスチャンスがあると橋本氏は語る。橋本氏が前編で語ったように、「インターネット」という強みをどのように活かすかが地方の企業は重要だという。

「インターネットの特性を認識している人は、福岡には少ない。インターネットというグローバルのネットワークがある中で、どのようにビジネスを展開していくか。そこには、東京も福岡も、シリコンバレーであろうと関係ない。同じ土俵の上での勝負だからこそ、自分にとって最も最適な場所で仕事をすることで、結果としてパフォーマンスが高くなる」

福岡という土壌がもつ強みをインターネット上で活かし、グローバルの視点で事業を進めることができれば、地方の企業にも成功のチャンスは大いにあると橋本氏は語る。

福岡はけもの道、だからハックする面白さがある

IMG_2486
福岡市は、国家戦略特区の指定を受け、雇用規制緩和などの取り組みがなされる。「新たな起業と雇用を産み出すグローバル・スタートアップ国家戦略特区」という名のもとに、スタートアップ都市としての成長戦略を目指そうとしているのだ。スタートアップと行政という新しい協働の形を見出すことで、地域全体で起業を推進していく動きが福岡で起きている。

「市がスタートアップを応援する文化が少しづつできつつある。行政の人も、スタートアップの文化を理解しようとしているし、民間も行政を理解しようとしている。相互理解が進むことで、新しい動きが生まれてくる可能性は大きい」

明星和楽を通じて、イギリスのテックシティを推進する人たちとのつながりも生まれた。イギリスでは、行政側がスタートアップに歩み寄っている。同様の動きが、福岡でも起きつつあるのだ。もちろん、こうした取り組みのすべてが成功するわけではないが、日本経済のこれからを作るという意味において、こうした新しい挑戦から生まれてくるものは多いと橋本氏は語る。

「自分たちの武器や専門性を活かしながら、整備されていない道を開拓する、まさに「けもの道」の場所が福岡。まだない道を自分たちでハックする意識がある人にとって、福岡はこれからますます面白くなっていく」

地方にいることをマイナスと捉えるのではなくポジティブに捉え、文化や土壌、培ってきた歴史的な文脈を見据えながら、自分たちにしか生み出せない価値を創出することがこれからの鍵だと橋本氏は語る。

----------[AD]----------

リモートで働ける環境を作ること:ヌーラボ橋本氏が目指すネット時代の働き方の提案【前編】

SHARE:

地方で起業するために必要な考えはなにか。東京ではなく、あえて地方に拠点や本社を構えている理由とは。そこにある考え方について、ヌーラボ橋本正徳氏にインタビューを行った。 ネットの可能性を信じてみたいという気持ちから起業 2014年4月で設立から10年になるヌーラボ。2月には、自社として初のカンファレンス「NUCON」を開催。BacklogやCacooの現状や今後の展望、新サービスのチャットサービス「…

DSC_0591_2

地方で起業するために必要な考えはなにか。東京ではなく、あえて地方に拠点や本社を構えている理由とは。そこにある考え方について、ヌーラボ橋本正徳氏にインタビューを行った。

ネットの可能性を信じてみたいという気持ちから起業

2014年4月で設立から10年になるヌーラボ。2月には、自社として初のカンファレンス「NUCON」を開催。BacklogCacooの現状や今後の展望、新サービスのチャットサービス「Typetalk」の発表、ヌーラボの各種サービスを統一して管理できる「ヌーラボアカウント」の発表を行った。

「ヌーラボの主力サービスはプロジェクト管理ツールのBacklogで、現在約20万ユーザ、約10万プロジェクトに利用されており、ヌーラボの主な収益源として事業の柱を担っている。自社として大きく注目されるようになったのはCacooのおかげ」

2009年にベータ版をリリースしたCacooは、現在約110万アカウント、400万以上のシートが作成されているサービスだ。サービスのシェアは、日本が14%、海外が86%(内訳として米国が13%、台湾が7%、コロンビアが5%と続いている)と、海外の利用が多いサービスとなっている。

10年という中で、本社を福岡から東京へ移転するという考えはあったのかを伺うと「移転の考えはなかった」と、橋本氏は語る。橋本氏が起業する2004年当時は、セカンドライフが注目されていた頃でもあった。インターネットという世界をつなぐ世界観をフィールドに、世界中のどこでも自由に働ける環境を作りたいという考えがそこにはあった。

「インターネットの誕生で、いつでもどこでも仕事ができる環境になった。もちろん、対面で仕事することの良さもあるが、ネットの可能性を信じてみたいという気持ちが起業当時からあった。ヌーラボのサービスも、リモートでも快適に仕事ができる環境を提供したいという思いから、エンタープライズ向けのサービスを扱ってきた。その中で生まれたのがBacklogやCacooだった」

リモートワークのすすめ

福岡、東京、京都、インドネシア、シンガポール、台湾それぞれの支社には、5人程度のスタッフが常駐しながら、仕事をしているという。リモートワークができるとはいえ、社員全員がオフィスを持たない働き方では、かえって効率も悪くなると橋本氏は語る。そのため、支社毎にチームを作り仕事に取り組んでいる。

「一人だけで働くと、寂しさも感じる。これまでの経験から、5人くらいがちょうど良く、支社はだいたい5人から10人未満で収まるようにしている。社員が働きたいところで自由に働ける環境を作り、みんなが分散して仕事をしてても、互いに効率的にパフォーマンスできるために日々意識しながら事業を展開している」

完全リモートではなく、リモート半分、対面半分くらいがちょうど良いと橋本氏は語る。年に一回の全社合宿では、福岡で全社員が集まり、ビジョンの共有を図ったり社員同士の交流や今後について議論したりする場を設けている。

社員採用に関しても、役員も積極的に参加している。現地マネージャーと一緒に、足りない人材と社員らとのコミュニケーションのすれ違いが生まれないように、ビジョンや会社の方向性なども共有しながら採用を行っている。

「社員が好きなところで好きなように働けるために、できるだけ現地採用を行っている。週に一回の役員会議と、毎朝のプロダクトの進捗確認。これで社員やプロジェクトの動きも管理できる。あとは、社員が自発的に考え、行動してくれるための環境を整えることが大切。リモートだからこそ、相手をいかに信頼できるかが重要」

今後は、海外ブランチを積極的に増やす予定で、全国に支社を作り、好きな場所で働ける環境を作っていきたいと橋本氏は語る。

後編に続く。

----------[AD]----------

【ゲスト寄稿】地方でサービスを開発・運用する利点と苦労する点

この記事をゲスト寄稿してくれたのは、株式会社ヌーラボの代表取締役橋本正徳さん。コミュニケーションとコラボレーションを促進するプロダクトを生み出すことをミッションとしている。美しい図形の作成とリアルタイムコラボレーションを実現した“Cacoo”は世界のユーザに利用されている。プロジェクト管理ツールの“Backlog”も運営する。 僕が代表取締役を勤めている株式会社ヌーラボは、福岡に本社、東京と京都に…

この記事をゲスト寄稿してくれたのは、株式会社ヌーラボの代表取締役橋本正徳さん。コミュニケーションとコラボレーションを促進するプロダクトを生み出すことをミッションとしている。美しい図形の作成とリアルタイムコラボレーションを実現した“Cacoo”は世界のユーザに利用されている。プロジェクト管理ツールの“Backlog”も運営する。


僕が代表取締役を勤めている株式会社ヌーラボは、福岡に本社、東京と京都に支店を持ち、プロジェクト管理ツールのBacklogや、リアルタイムドローツールのCacooなどを提供しています。どちらかというと、BtoBに寄ったサービス展開(受託開発も行っています)をする会社です。また現在、サービスの開発・運用は福岡を中心に京都(部分的に東京)で行っています。

あくまでもWebメディアで読む限りですが、東京以外では福岡と京都の2地域がサービス開発に非常に情熱的な地域だと想像されます。少なくともサービスの数では東京が一番。それを大きく下回って京都、追うようにしているのが福岡かな…と肌で感じています。

さて、福岡という地方に本社を置くものとしては、ぜひ地方発のサービスが多くでてきて欲しいと考えています。だって、自分の働きたい地域で働くことができるのがインターネットであり、インターネットサービス提供者なんだもん。そこで、僕が体験している地方でサービス開発・運用しているときの苦労や利点を、極めて僕視点で紹介し共有させていただきます。

地方でサービス開発・運用する利点

家賃が激安
まず、地方でサービスを開発・運用する利点として家賃が安いことを挙げずにはいられない。渋谷の小型ビルにオフィスを構えるとしたら、1坪あたり1万7千円くらいになります。しかし、例えば福岡のちょっとオシャレなIT関連企業が多い天神・赤坂辺りでは1坪あたり9千円くらいから、場合によっては7千円くらいになります。もちろん、オフィスだけでなく、社員が住むための住居も安くおさえることができます。最大の利点といえるかもしれません。

通勤が楽、環境がいい
まず人が少ないので、東京のように満員電車で押しつぶされて…といったようなことはあまりありません。福岡でももちろん通勤ラッシュはあるのですが、東京に比べれば楽な方です。街を歩いていても人は少なく、都会の喧噪とは比べものにならないくらい和やかに過ごすことが出来ます。過去に、満員電車に乗ってその状況が嫌すぎて過呼吸になったことがありました。それ以来、満員電車は本当に苦手なのです。

夕方以降の懇親を充実させることが出来るのも(福岡の)いいところ。遅くまで将来の夢を話しながら飲んで終電を逃してしまっても、繁華街から自宅まで2,000円台で帰れる人がほとんど。また同じ方角に住む人も多く、相乗りできる率も高いので、終電を気にして良い話を中断するなんてことはありません。一人暮らしの場合は、そのまま繁華街のそばに住んでも家賃は安いですし。

地域が仲間になってくれる
ランチェスター戦略のような話ですが、特定の狭い地域で名前を知ってもらえると、熱狂的なファンや協力者を獲得することが出来ると思っています。僕らの会社も「3年後には福岡で一番になる!」と決めて始めたのですが、それくらいの勢いで地域の中で名前を知ってもらうと、多くの人から協力を得ることが出来ます。

且つ、こちらからも地域に貢献していくと『相互に貢献しあう』という良循環が生まれ、地域とともに成長していく環境が出来上がります。「身近に支持してくれる人が居る」ことは勇気につながり、長期的に見てとても良いことです。僕らの場合、何を持って福岡で一番になるかを決めていなかったので、今もこれからも達成できているかどうかを計測しようがありません。残念。

他にもいくつか利点がありますが、親しくさせていただいているYoshi Noguchiさんが「Vancouver戦略」というエントリーを書いているのでぜひ参照してみてください。

地方でサービス運用・開発する苦労する点

さて、次は苦労している点、過去に苦労した点を紹介します。とはいえ、地域を理由に「苦労してるわー」なんていうのは「地域を理由に甘えてるんじゃないか?」と思ってしまうタイプなので、控えめにとっていただけると助かります。

パワフルなメディア、ライターがいない
今回寄稿しているStartup-Datingのような、サービスを広めたり評価したりするようなパワフルなWebメディアが地方にはありません。また、自分の考えを通してサービスを評価し、都市部の人が運営しているWebメディアに所属したり、寄稿するようなライターもいない。サービスをマーケティングしていく上で、メディアは強力な敵でもあり、仲間でもあると考えています。

Webメディアに掲載されれば、善くも悪くも多くの人の目に触れてファン獲得(場合によってはファン喪失)に近づくことが出来ます。で、メディアに載るためには、そこで活躍するライターと出会い、話すことが一番の近道。その機会が地方だとないのです。あったとしても、地方新聞のような「Webで展開していくようなサービス」にとってはコンバージョン率の低い媒体。

メディア戦略がなかなか取りづらいところが、地方のサービス展開の一番不利な点だと思います。この問題は、都市部のライターが来てくれるようなイベントなどを地方でやることによって解決しますし、僕はそういうメディアを地方発でやってみるのも手ではないか?と考えています。

受託案件の発注元がいない

うちの会社の場合、サービスを軌道に乗せるまでは受託開発をして、その資金をサービスの開発などに投資していくというモデルでやっていました。このモデルで資金を調達するとなると、地方はめっぽう弱いと思います。なにせ、地元発の受託仕事があまりないし、あったとしても売り上げは都市部より低いです。

逆に「サービスが当たらなくても受託があるからいいや」という考えに陥ることはないと見れば利点なのですが、それにしても受託による資金調達がしにくいのは事実だと思います。ヌーラボは東京に支店を据え、受託の営業、開発を東京で行っています。さらに、サービスの名前を知ってくれている方が増えてきたため、東京の企業様が直接地方の本社に受託相談をしてくださることも増えています。ありがたいことです。

…いかがでしたでしょうか?都市部に出て行くことを考える方たちへの参考や励みになれば幸いです。質問は、僕のザ・インタビューズ、もしくはコメント欄にお願いいたします。また、これからStartupDatingに寄稿する際にどんな記事を読みたいかの提案もお待ちしています。

地方に眠る良いサービスを育てていくために、まずは地方の情報も取り扱うWebメディアですね。StartupDatingに期待!

----------[AD]----------