BRIDGE

タグ Oculus Rift

Oculus Education、教育機関向けVRパイロットプログラムをシアトル、日本、台湾で開始へ

SHARE:

Oculus Rift はゲームプラットフォームとして見られることが多いのだろうが、Facebook の Oculus Education 部門はこの1年間、学校、図書館、博物館に製品をアピールしてきた。また、カリフォルニアの公共図書館に Oculus Rift のヘッドセットとコンピュータを100台寄贈し、MIT やハーバードといった大学では VR 研究プログラムに協賛してきた。Oculus E…

Oculus Rift
Image Credit: Oculus

Oculus Rift はゲームプラットフォームとして見られることが多いのだろうが、Facebook の Oculus Education 部門はこの1年間、学校、図書館、博物館に製品をアピールしてきた。また、カリフォルニアの公共図書館に Oculus Rift のヘッドセットとコンピュータを100台寄贈し、MIT やハーバードといった大学では VR 研究プログラムに協賛してきた。Oculus Education は今日(原文掲載日:8月28日)、同社の VR 製品をシアトル、日本、台湾の教育機関に提供するパイロットプログラムを始めると発表した。

シアトルと日本での取り組みに関しては、そのスコープが的確に定められているようだ。シアトルでは、シアトル公立学区が高校向けに教育 VR 創造講座と教育プログラムを創設、また Technology Access Foundation が Oculus と協働し VR における教育者向けのベストプラクティスを開発する。日本では、僻地に住む学生に教育機会を提供するために、高校生の遠隔学習に VR を活用する計画だ。

台湾での取り組みはより大きなもので、Taiwan Internet and E-Commerce Association(台灣網路及電子商務産業発展協会)と協業し、Oculus Rift や Oculus Go のヘッドセット寄贈とあわせ、台湾各地の公共図書館や博物館の所蔵に VR を提供する。対象となるのは、American Innovation Center(美国創新中心)、高雄市立図書館総館、台北当代芸術館、国家図書館、国立自然科学博物館、国立台湾博物館、国立台湾美術館、新北市立図書館、Social Innovation Lab(社会創新実験中心)、Taipei Public Library(台北市立図書館)、タロコ国立公園(太魯閣國家公園)管理処など。台湾での取り組みは、市民に自ら VR を体験してもらい、各組織が自前の VR プログラムを開発することが狙いで、場合によっては没入型のアート作成ツールを使用する可能性がある。

VR の適切な使用法を教えるインストラクターを訓練するのに加え、Oculus ではパイロットプログラムを通じて、教育者や学生が学習や協働作業に VR を取り入れる方法を理解してもらいたいと考えている。同社では、プロダクト開発チームが将来製品の改善に活用できるフィードバックも求めている。

VR での教育コンテンツがどのようなものかに興味があれば、Oculus は特に魅力的な例をいくつか挙げている。Oculus Rift に関しては、教育アプリ「Titanic VR」が沈んだ有名クルーズ船を探索させてくれるし、最近新たにコンテンツが追加された。Unreal Engine 4 が搭載された「Hoover Dam: IndustrialVR」は Oculus Rift でも利用可能。Oculus Go と Oculus Gear VR のユーザは、科学の先駆者ジェーン・グドール、キュリー夫人、グレース・ホッパーの人生に焦点を当てた作品「Breaking Boundaries in Science」を試すことができる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

VR(仮想現実)ヘッドセットのOculus Riftを手に入れたら試したい5本の無料ゲームたち

SHARE:

本日、Oculus VRの共同創業者で、最高経営責任者のPalmer Luckey氏がコンシューマー版のOculus Rift仮想現実ヘッドセットの最初の配達を自ら実施した。残りも間もなく出荷となる。 ここ数カ月、私は自分のCV1と来るべきタイトルたちの登場を待ちながら、私は開発者向けのバージョンのヘッドセット「Oculus DK2」を使っていた。私はこれまで多くのアプリやゲームを試していた。幾つ…

image

本日、Oculus VRの共同創業者で、最高経営責任者のPalmer Luckey氏がコンシューマー版のOculus Rift仮想現実ヘッドセットの最初の配達を自ら実施した。残りも間もなく出荷となる。

ここ数カ月、私は自分のCV1と来るべきタイトルたちの登場を待ちながら、私は開発者向けのバージョンのヘッドセット「Oculus DK2」を使っていた。私はこれまで多くのアプリやゲームを試していた。幾つかのものはより快適で、あまりVR体験を感じられなかった人々にとって好意的に受け入れられるだろう。

こちらに多くの人たちが楽しめるであろう、無料のゲームを5本ご紹介する。

Windlands

image

クラウドファンディングのndigogoでキャンペーンをしていたインディーズのゲーム。Psytec GamesのWindlandsは鉤爪を使って、木の上や岩棚ににジャンプしたり登ったりさせてくれるゲーム。楽しくてリラックスできるので、文字通りに時間は吸い込まれることになる。

Stack

image

BigScreenのチームが提供するStacksはアートっぽいインタラクティブな仕事をさせてくれるもの。どういうことかというと、目の前にある小さな台に乗ってる、色の違ったブロックを積み上げると、周囲により大きなブロックが出現する。配置したものが適正なサイズになったら赤いボタンを押せばいい。

I Expect You to Die

img_1285

Schell Gamesの「I Expect You to Die」は、すでに定番になっているもので、幾つもの賞を積み上げているものだ。最初のレベルは飛行機の中にある車にいる自分を、いかにして安全に外に脱出させるかというアイデアを競うものになる。

Minformer

image

Daniel FullerとMary Grimesのインディーズデベロッパーのプロダクトで、MinformerはMinecraftに影響を受けたゲームプラットフォームで、そこでユーザーは空中に落ちないよう、ブロックからブロックへとジャンプしていくというもの。難しいかもしれないが、チェックポイントを通過した満足度は高い。

Back to Dinosaur Island 2

image

Crytek(CryEngineの一部を元にしたLumberyardゲームエンジンを提供するためにAmazonとライセンス契約している)のBack to Dinosaur Island 2は、素晴らしい。ディノサウルスが周囲に現れる中、ジップラインに乗ってゆっくりと険しい崖の横を登っていく。

お楽しみあれ!

【原文】
【via VentureBeat】 @VentureBeat

いよいよOculus Riftの購買予約が現地時間の1月6日からスタート

SHARE:

Oculus Rift Pre-Orders to Open on January 6 Oculus Riftの予約が、西海岸標準時の1月6日(日本時間1月7日)に開始されると発表されました。予約に関する詳細な情報も、予約の開始とともに発表されるそうです。 すべてのOculus Riftには、ゲーム「Lucky’s Tale」がセットで付いており、予約したユーザには「CCP’s EVE: Valk…

countdown-web2

<ピックアップ>Oculus Rift Pre-Orders to Open on January 6

Oculus Riftの予約が、西海岸標準時の1月6日(日本時間1月7日)に開始されると発表されました。予約に関する詳細な情報も、予約の開始とともに発表されるそうです。

すべてのOculus Riftには、ゲーム「Lucky’s Tale」がセットで付いており、予約したユーザには「CCP’s EVE: Valkyrie」も無料で付いてくるそうです。



via Oculus Blog

VRヘッドセットで有名なのはOculus、知らない人も3割

SHARE:

<ピックアップ> Here’s how far virtual reality is from becoming mainstream 仮想現実、拡張現実関連でもうひとつ、Business Insiderのチャート連載にヘッドセットの認知調査レポートが出ていましたのでご紹介しましょう。 この分野では草分けとなったOculus Riftを始め、ソニーやサムスンなどの大手メーカ…

20151210_headsets_bi
資料:Business Insider The Chart of the Day

<ピックアップ> Here’s how far virtual reality is from becoming mainstream

仮想現実、拡張現実関連でもうひとつ、Business Insiderのチャート連載にヘッドセットの認知調査レポートが出ていましたのでご紹介しましょう。

この分野では草分けとなったOculus Riftを始め、ソニーやサムスンなどの大手メーカーが発表しているものを中心に米国在住の一般消費者、19歳から49歳に対してヒアリングをしたところ、35%がOculus Riftを最もよく知っていると回答していました。

まあ、これについてはfacebookが買収したという話題もあったので結構な数の報道がありましたからそのあたりで聴いたことがあるというのは良く理解できます。

ただ、「VRヘッドセット?イヤホーンのなんかいいやつなのかい?」と言ったかどうかは分かりませんが、3割超の人がVRヘッドセットを知らないと回答しているところもなかなか興味深い部分です。これを多いと見るか、少ないと見るかで次の動き方が変わりそうです。

via Business Insider

Oculusが「バーチャルハンド」技術を獲得して仮想現実世界を更に拡大

SHARE:

<ピックアップ>Oculus buying ‘virtual hands’ tech is cool but we still don’t know how many people really want VR VRヘッドセットの話題はますます増えてきましたが、実際問題、私たちの普段の生活でこれらのデバイスを使うイメージというのはなかなか想像ができません。もちろんゲーム用途やアダルトに…

10166365646_9d9a2ea50c_z
Anna Bashmakova and Oculus Rift

<ピックアップ>Oculus buying ‘virtual hands’ tech is cool but we still don’t know how many people really want VR

VRヘッドセットの話題はますます増えてきましたが、実際問題、私たちの普段の生活でこれらのデバイスを使うイメージというのはなかなか想像ができません。もちろんゲーム用途やアダルトについてはあるのでしょうが、今のところはそこ止まりかなと。例えばTHE VERGEがクリックして質問に答えるとどんなヘッドセットを買うべきか、という記事を公開していますが、やはり方向性はゲームだったりします。

そんな中、VRヘッドセットのパイオニアといっていいでしょう、Oculusが「バーチャルハンド」技術を買収したという情報が出ていました。 Pebbles Interfacesというイスラエル企業の技術で、5年ほどOculusのようなデバイスで人間のインタラクティブな動きを研究してきたそうです。実際のムービーを見るとうにょうにょ動いているのがよく分かります。

自分の手が出てくるわけですから、仮想現実的な空間で物を掴んだり投げたりといったことができそうです。…ゲームの中で。

さておき、ヘッドセット技術には主力としてOculus Riftの他にソニーの「Project Morpheus」、Microsoft「HoloLens」、Samsung「Gear VR」にHTCの「Vive」が発表されています。今後、各社がどのような技術をここに投入して実生活で役に立つのか、引き続きチェックして参りましょう。

via The Next Web

ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」を使った月面無人探査計画

SHARE:

バーチャルリアリティに特化したヘッドマウントディスプレイ『Oculus Rift』を使って、月面探査ロボットをコントロールする、という計画が進行中だ。 チャレンジしているのは、カーネギーメロン大学(CMU)のDaniel Shafrir氏らのチーム。Googleがスポンサーとなり賞金総額が3000万ドルの、月面無人探査を競うコンテスト『Google Lunar X Prize』に参加している。月面…


daniel_andy

バーチャルリアリティに特化したヘッドマウントディスプレイ『Oculus Rift』を使って、月面探査ロボットをコントロールする、という計画が進行中だ。

チャレンジしているのは、カーネギーメロン大学(CMU)のDaniel Shafrir氏らのチーム。Googleがスポンサーとなり賞金総額が3000万ドルの、月面無人探査を競うコンテスト『Google Lunar X Prize』に参加している。月面に安全に着陸し、500m以上を走行させ、月面の映像を撮影し送信したチームに、優勝賞金2000万ドルが贈られる。

チーム『Astrobotic』として、Astrobotic Technology社と共に『Andy』と名付けられたローバーを開発。Andyに搭載したカメラで撮影した映像を地球に送信し、実際に月面上で周りを見渡すかのような体験をOculus Riftを使って実現しようとしている。

Andyは2015年後半に月へ送る計画となっているが、その前段階として経済的にサポートすることを目的としたマイルストーン賞をGoogle Lunar X Prizeが設定。『Astrobotic』はランディング賞、モビリティ賞とイメージング賞のファイナリストとして選出されている。