BRIDGE

タグ Panoplaza

パノラマ動画のカディンチェが、ジャガー・ランドローバー・ジャパンと共同でOculus Riftを使ったバーチャル試乗体験システムを開発

SHARE:

パノラマ動画ソリューションを扱うカディンチェは今日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンと共同で Oculus Rift を使った360度バーチャル試乗体験システムを開発したと発表した。システムはそれぞれ、ジャガー「XE」用に「ジャガー・バーチャル・ドライブ」、ランドローバー「ディスカバリー・スポーツ」用に「ランドローバー・バーチャル・ドライブ」と名付けられ、試乗者は Oculus Rift を装着…

xe-kei-nishikori
「ジャガー・バーチャル・ドライブ」の映像(写真提供:ジャガー・ランドローバー・ジャパン)

パノラマ動画ソリューションを扱うカディンチェは今日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンと共同で Oculus Rift を使った360度バーチャル試乗体験システムを開発したと発表した。システムはそれぞれ、ジャガー「XE」用に「ジャガー・バーチャル・ドライブ」、ランドローバー「ディスカバリー・スポーツ」用に「ランドローバー・バーチャル・ドライブ」と名付けられ、試乗者は Oculus Rift を装着することで、世界各地のレーストラック、オンロードやオフロードの走行模様を体験できる。ヘッドトラッキング機能により、試乗者は頭を向けた方向の映像が見えるため、実際の走行に近い体験をジャガー/ランドローバーを扱うディーラー店舗に居ながらにして楽しめるのが特長だ。

今回のシステムは、カディンチェが以前公開している「Pano Plaza Movie」をベースにしており、6台のカメラで360度全方位の走行映像が録画・記録できる。カディンチェでは今回、スペインとイギリスにおける走行映像コンテンツの制作と、「バーチャル・ドライブ」アプリケーションの開発を行った。特に、ジャガー「XE」のコンテンツにはテニスプレーヤーの錦織圭選手が起用されており、同選手とあたかも同乗しているような感覚が味わえるコンテンツとなっている。

昨年末にローンチした Pano Plaza Movie は、360度全方位コンテンツの需要がある企業にサービスの OEM 供給を行っており、今年1月のハコスコを皮切りに、4月からはメガハウスのボッツニュー、全日空の ANA360 などにも提供されている。

kei-with-cameras
スペイン・バルセロナで撮影中の錦織圭選手。リアに撮影機材が見える。(写真提供:ジャガー・ランドローバー・ジャパン)
jaguar-event
イベントでの試乗システム体験風景。(写真提供:ジャガー・ランドローバー・ジャパン)
----------[AD]----------

〈東京スタートアップ・オフィスツアー〉360度バーチャルショップを制作するPanoPlazaの裏側〜カディンチェ

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 本稿は、「東京スタートアップ・オフィスツアー」シリーズの一部だ。 東京のカディンチェは、パノラマ技術を使ってバーチャル空間が生み出せるサービス PanoPlaza を開発している。これまでにも、彼らの技術を使って多くの小売店が、実店舗をブラウザやデバイス横断で再現しているのを取り上げたことがある。大丸百貨店や渋谷ヒカ…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

本稿は、「東京スタートアップ・オフィスツアー」シリーズの一部だ。

東京のカディンチェは、パノラマ技術を使ってバーチャル空間が生み出せるサービス PanoPlaza を開発している。これまでにも、彼らの技術を使って多くの小売店が、実店舗をブラウザやデバイス横断で再現しているのを取り上げたことがある。大丸百貨店渋谷ヒカリエのパノラマを見れば、このサービスのしくみがわかるだろう。

今回の東京スタートアップツアーでは、カディンチェのオフィスを訪問し、PanoPlaza の今後について CEO の青木崇行氏から話を聞くことができた。

panoplaza-03-280x302私は写真が好きなので、彼らがパノラマ写真の撮影に使っている道具を見るのは楽しかった。スーパーワイドな魚眼レンズに加え、360度のビデオ撮影のために、複数の GoPro カメラをマウントするため、特別にあつらえられたツール(3Dプリンタ Makerbot で自作)を使っている。画像は処理を経て、最終的にパノラマになる。

青木氏は、パノラマ写真はO2Oツールとしての可能性が大きく、小売店やEコマース業者は一層活用してくれることを期待していると語った。

ユーザに実際の店舗を訪れているような感覚を与え続けるという点で、オンラインでこのようなバーチャルスペースにアクセスできるようにするのはメリットが大きい。しかし、それだけでなく、商品をクリックして追加情報を得たり、そのまま購入できたり、付随的な機能も便利だと言えるだろう。最近、カディンチェは、近鉄百貨店(あべのハルカスのパノラマを参照)と西武百貨店渋谷店(ショップ15軒のパノラマを参照)という2つの小売店舗を顧客に獲得した。

同社は7月にはSTORES.jp と提携し、STORES.jp に出店する店舗がオンラインストアをパノラマで作成できるようにしている。

写真撮影に必要な手間を考えると、今のところ、このビジネスはスケーラビリティがあまり無いようにも思える。しかし同社は、これまでに大規模小売業者にアピールしてニッチな分野を切り拓いており、青木氏は今後オペレーションをスケールできると考えている。東京や、東京の小売業者のプロモーションを支援できることを考えれば、2020年のオリンピックはカディンチェのような会社にとって好機会なので、同社の一層の成長に期待したいところだ。

panoplaza-05-620x376
CEO 青木崇行氏、カディンチェのオフィスにて。
panoplaza-06-620x381
歩道に面したカディンチェの会議室。周辺は静かな地域だ。
panoplaza-08-620x396
正しい場所に到着したことを教えてくれる、カディンチェの表札。
panoplaza-01-620x360
魚眼レンズの山、GoPro カメラをセットアップするのは楽しい。
panoplaza-04-620x341
マウントキットの制作に使っている3Dプリンタ。
----------[AD]----------

オンラインストア向けの仮想パノラマビューを作成するPanoplaza、アメリカの企業をパートナーに世界進出

SHARE:

オンラインストア向けの仮想パノラマビューを作成する日本拠点のスタートアップ Panoplaza は、日本全国の顧客に新しいショッピング体験を提供してきた。顧客には、日本のディスカウントチェーンのドン・キホーテや、デパートの大丸神戸といった有名店がいくつか含まれている。 シンガポールのStartup Asia 2012やEchelon 2012、中国のOpen Web Asia 2012、そしてルク…

browsewell-300x157オンラインストア向けの仮想パノラマビューを作成する日本拠点のスタートアップ Panoplaza は、日本全国の顧客に新しいショッピング体験を提供してきた。顧客には、日本のディスカウントチェーンのドン・キホーテや、デパートの大丸神戸といった有名店がいくつか含まれている。

シンガポールのStartup Asia 2012やEchelon 2012、中国のOpen Web Asia 2012、そしてルクセンブルクのICT Spring 2012といった国際的なイベントでの積極的なマーケティングやプレゼンから2年経ち、Panoplazaはついに世界規模で成功を収めたと発表した。

先日、Panoplazaはアメリカテキサス州ダラスに拠点を置くBrowseWell LLCとの提携を発表した。 BrowseWellは、現行のウェブブラウジングに革新的な拡張機能を提供することに焦点を当て、現在はPanoplazaの仮想パノラマビュー技術を活用し、アメリカの顧客向けに魅力的な映像とフルインタラクティブな体験を構築している会社だ。

Panoplaza

BrowseWellは、平凡で退屈なウェブサイトの中で、事業者がそこから脱却し際立つよう支援している。まるで現実世界でショッピングをしているように、オンライン消費者がインターネット対応デバイスを利用し、どこでもいつでも自分の好きな店で直感的に商品を買い、タグ付けし、見つけられる機能を提供している。消費者はもはや想像力を用いることなく、自由に歩き回れる現実空間で商品を見ることができる。

BrowseWellのビジネスモデルにPanoplazaの技術がどのように表れているのか下のビデオで確認してほしい。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

日本で開発された、実際に出向くことなくイベントへの参加を可能にするシステムPanoplaza

SHARE:

【原文】 実際に会場に足を運ぶことなくイベントに参加することを想像してみよう。 そう、日本のPanoplazaが最近、ポータルウェブサイトに特化したバーチャルツアープラットフォームを用いて、その可能性を生み出した。これは、このサービスのユーザは魅力的なウェブサイトやアプリを作成するためにパノラマコンテンツをデータプラットフォームとして利用することができるということだ。 そして、日本のShanon …

【原文】

entrance-600x372実際に会場に足を運ぶことなくイベントに参加することを想像してみよう。

そう、日本のPanoplazaが最近、ポータルウェブサイトに特化したバーチャルツアープラットフォームを用いて、その可能性を生み出した。これは、このサービスのユーザは魅力的なウェブサイトやアプリを作成するためにパノラマコンテンツをデータプラットフォームとして利用することができるということだ。

そして、日本のShanon Inc.がこの新しいプラットフォームを採用して同社のマーケティングプラットフォームに統合し、展示会やトレードショーのバーチャルブースのコンテンツを同社の訪問客が閲覧したりダウンロードしたりできるようにしている。

Panoplaza for Portalは、ユーザ管理と分析追跡システムを使うことでShanonのシステムにも統合されている。つまり、同ポータルはAPIを使ってクライアントの持つCRMとCMSに簡単に統合できるということだ。クライアントはユーザとコンテンツの管理システムを活用できるだけでなく、パノラマバーチャルコンテンツでアクセスの追跡やユーザ分析も行うことができる。

home-600x370-300x185

双方向性とその他のマーケティング目標を戦略的に高めるために、パノラマコンテンツをどのように利用することができるかについてサービスの修正をした際、Panoplazaは日本で最大級のデパート1社のためにバーチャルショップも制作している。また、不動産会社と提携して電子パンフレットを作成し、現地に行かない時の物件閲覧サービスを向上させた。

だが、この新しいポータルは、映画・スライド・バーチャルコンテンツの外部htmlページなどのマルチメディアコンテンツにも対応できる。これは訪問者の双方向性をさらに高めるものだ。同システムは、速度の早い世界的なクラウドサービスプラットフォームのHerokuとAmazon Web Serviceでも作動する。閲覧者は、PC・モバイル・タブレットを含む様々なデバイスでバーチャルコンテンツが軽く素早く動くのを体験できるだろう。技術によって形成される私たちの将来にまた1歩近づいたのだ。

【via e27】 @E27sg

----------[AD]----------

Panoplazaを利用した2つのバーチャルショップが新たに日本でオープン

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 今年2月にあったStartup Asiaのイベントを思い出してほしい。そこで、Panoplazaという魅力的なバーチャルストアサービスについて少し紹介した。ショッピングスペース内部のパノラマビューを提供し、オンラインで見ることができる実店舗のバーチャル版を展開するサービスだ。 今日、Panoplazaの提供者であるKadinche Tokyo[1]のメンバー…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

今年2月にあったStartup Asiaのイベントを思い出してほしい。そこで、Panoplazaという魅力的なバーチャルストアサービスについて少し紹介した。ショッピングスペース内部のパノラマビューを提供し、オンラインで見ることができる実店舗のバーチャル版を展開するサービスだ。

今日、Panoplazaの提供者であるKadinche Tokyo[1]のメンバーたちは、現地企業と共同して新たに2つの店舗の開設を発表した。第1店舗目は、東急百貨店のショッピングモールShinQs向けの「バーチャルスイッチルーム」と呼ばれるもの。モールは昨日オープンしたばかりだが、バーチャルストアは数日前から既にオープンしバーチャルプロモーションを展開していた。ShinQsの化粧室(東急は女性客を集めることを目的としているのだが)をバーチャルスイッチルームを通して閲覧することができる。左にあるボタンを押すとまるでエレベーターのように、建物内のいろいろな階へと連れて行ってくれるのだ。

2つ目の店舗は、ニッセンの「スマイルランドバーチャルショップ」。店舗内のパノラマビューと店舗内のコンテンツを提供し、店舗内での体験[2]を再現してくれるというもの。検索機能が非常に便利で、検索バーにほしい商品を入力すると在庫のある商品を検索結果として表示してくれる。下図の通りだが、ここからも見ることができる

東急とニッセンのようなバーチャルストアは、開発契約によって制作されていると言う。これらの著名クライアントを獲得したPanoplazaは、今年日本国内で既に「Tablet Solution Award」と「Microsoft Innovation Award」といった賞を受賞している。

店舗体験を体験するとても直感的な方法であることは間違いない。検索機能は非常に便利で、今後このサービスがどう展開し、他の販売店もこの素晴らしいアプローチを採用していくのかは気になるところだ。

1. Kadincheはマルチメディア企業で、ウェブ上のインテリア空間制作を開発している。
2. 筆者にしてみればこれは実際の店舗よりもありがたい。なぜなら妻のバッグを持ってあげなくてもいいからだ!

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

panoplaza

Company: panoplaza

Panoplazaは店舗を閲覧する際に実際に見て周っている感覚を組み込む方法を考え出した。実際の店舗を写し出した美しいパノラマ画像をページに埋め込み、 ユーザーはそのスペースをウェブを通して遠隔的に閲覧する…

About StartupBase

----------[AD]----------