パノラマ動画のカディンチェが、ジャガー・ランドローバー・ジャパンと共同でOculus Riftを使ったバーチャル試乗体験システムを開発

SHARE:
xe-kei-nishikori
「ジャガー・バーチャル・ドライブ」の映像(写真提供:ジャガー・ランドローバー・ジャパン)

パノラマ動画ソリューションを扱うカディンチェは今日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンと共同で Oculus Rift を使った360度バーチャル試乗体験システムを開発したと発表した。システムはそれぞれ、ジャガー「XE」用に「ジャガー・バーチャル・ドライブ」、ランドローバー「ディスカバリー・スポーツ」用に「ランドローバー・バーチャル・ドライブ」と名付けられ、試乗者は Oculus Rift を装着することで、世界各地のレーストラック、オンロードやオフロードの走行模様を体験できる。ヘッドトラッキング機能により、試乗者は頭を向けた方向の映像が見えるため、実際の走行に近い体験をジャガー/ランドローバーを扱うディーラー店舗に居ながらにして楽しめるのが特長だ。

今回のシステムは、カディンチェが以前公開している「Pano Plaza Movie」をベースにしており、6台のカメラで360度全方位の走行映像が録画・記録できる。カディンチェでは今回、スペインとイギリスにおける走行映像コンテンツの制作と、「バーチャル・ドライブ」アプリケーションの開発を行った。特に、ジャガー「XE」のコンテンツにはテニスプレーヤーの錦織圭選手が起用されており、同選手とあたかも同乗しているような感覚が味わえるコンテンツとなっている。

昨年末にローンチした Pano Plaza Movie は、360度全方位コンテンツの需要がある企業にサービスの OEM 供給を行っており、今年1月のハコスコを皮切りに、4月からはメガハウスのボッツニュー、全日空の ANA360 などにも提供されている。

kei-with-cameras
スペイン・バルセロナで撮影中の錦織圭選手。リアに撮影機材が見える。(写真提供:ジャガー・ランドローバー・ジャパン)
jaguar-event
イベントでの試乗システム体験風景。(写真提供:ジャガー・ランドローバー・ジャパン)
----------[AD]----------