スマートエデュケーションがiPad70台を導入、園児向けIT教育プログラム「こどもモード Kits」の運用を開始

by Junya Mori Junya Mori on 2014.4.23

kits

国内外向けに「こどもモード」「Gocco」などの知育アプリブランドを展開する株式会社スマートエデュケーションは、幼稚園児・保育園児向けのIT教育プログラム「こどもモード Kits(キッツ)」を開発し、4月末から順次運用を開始することを発表した

このプログラム「こどもモード Kits(キッツ)」は、園児らが知育アプリやタブレット端末などを活用しながら、子どもたちの「創造力」「チームワーク力」「IT力」といった3つの「いきる力」を育むことを念頭に、構成されているという。

int_kobayashi_02

同プログラムは、何人かの専門家とともに導入・実証、評価・検証を実施する。学習環境デザイン等の分野で知られる東京大学大学院情報学環 准教授兼NPO法人エデューステクノロジーズ代表理事の山内祐平氏。東京・千葉・埼玉を中心に認可園「コビープリスクール」および運営受託園を複数経営する社会福祉法人コビーソシオ理事長 小林照男氏。幼稚園団体でIT活用の講師を務めているほか、園でのiPad活用事例がメディアで紹介される学校法人聖愛学園 聖愛幼稚園園長 野口哲也氏といった人々だ。

スマートエデュケーションは、本年度では3つの施設で全70台のiPadを用いて「こどもモード Kits(キッツ)」を実証・運用する。教育研究機関と共同で園児らの発達状況の評価・検証を進め、パッケージ化した本プログラムを来年度から国内の各幼稚園・保育園・その他保育施設に提供する予定だ。

スマートエデュケーションは今年の2月に約5.5億円を資金調達している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------