ホームクリーナー斡旋スタートアップのHomejoyがホームレスの雇用を開始

SHARE:

Homejoy

<ピックアップ>Silicon Valley Startup Homejoy Using Homeless Contractors As Housecleaners

ホームクリーナーの斡旋サービスを提供しているHomejoyが、ホームレスをクリーナーとして雇用することを開始しました。

Homejoyは2012年に創業、サンフランシスコに拠点を置くスタートアップです。Y Combinatorを卒業しており、いままでに約4000万ドルの資金調達に成功しています。サービス内容は掃除代行をするホームクリーナーを掃除をして欲しい人の家に1時間20ドル程度で派遣するというものです。

ところで、統計データによれば、昨年のサンフランシスコエリアのホームレス数は約7300人。年間の増減率で言えば、約3%の推移率で増えているとのこと。実際に行ってみるとわかりますが、確かに街中にホームレスが多いように感じます。

サンフランシスコ・シリコンバレーエリアの著名な投資家であるロン・コンウェイ氏も、このサンフランシスコエリアのホームレス問題に注力しています。コンウェイ氏が携わっているsf.citi();というプロジェクトもホームレス問題を解決するための活動の一環の1つです。

このように投資家もホームレス問題にすでに着手していることもあり、Homejoyなどのスタートアップが同様にこの問題解決に取り組むのは自然な流れと言えるかもしれません。

サンフランシスコにはハウスレンタルや家事代行サービスなどホームクリーナーを雇う必要があるスタートアップが多く登場しており、人材確保の需要が高まっているのも事実です。今後はしっかりとしたトレーニングシステムができれば、ホームレスをホームクリーナーとして活用とする事例も増えると思われます。

via International Business Times