中国が四半期においてiPhone過去最高売上げを記録、初めてアメリカを超える

SHARE:

iPhone1

UBSからの最新の調査によると、2014年第4四半期にAppleは6930万台のiPhoneを販売したとされる。同社にとって過去最高記録だ(提供元TechwebおよびPhonearena)。その出荷販売台数の3分の1以上を中国が占めているという。

アメリカのクリスマスセールでの販売も確かにその数字に貢献したのだが、UBSによれば、中国は出荷販売台数の35%を占め、初めてアメリカを超えたという。昨年の同時期では、中国はiPhone販売台数の22%であった。

アメリカの販売シェアは、24%から29%(前年同時期比)へと伸びていた。

昨年の第3四半期末、中国の5億2000万人のスマートフォンユーザの内、iPhoneのマーケットシェアは18.1%であった。Kantar Worldpanelによると、アメリカでは全スマートフォン販売台数の半分近い47.3%がiPhoneであった。

iPhone6と6 Plusは中国では遅れて販売されたが、その販売台数に大きな減少があったとは思われない。香港や他の国々から持ち込まれたグレーマーケットの台数をその数に含めてなくてもだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia
【原文】

----------[AD]----------