ある女性がEtsyで年間100万ドルを稼ぐまでの道のりと、心がけているいくつかのこと

SHARE:

Bohemian Infinity Loop Lightweight Floral Cute by ThreeBirdNest

<ピックアップ>How One Woman Makes Almost $1 Million A Year On Etsy | Co.Design | business + design

CtC市場の成長などとともに、誰もがお店を開ける時代の中で、それでもやはり人気なお店とそうでないお店に分かれてきます。ハンドクラフトのマーケットプレイスのEtsyがあります。そのEstyで、年間100万ドルを稼ぐトップクリエーターの道のりと彼女なりのEstyでどういったことを心がけてきたのか、といったことがFast Campanyで書かれていたのでご紹介。

一ヶ月で8万ドル以上、年間で100万ドルも稼ぐトップクリエーターAlicia Shaffer氏が運営するThreeBirdNest は、一日に150以上のオーダーが集まる人気ショップで、靴下やレッグウォーマー、ヘアバンドやTシャツなど、普段使いのなかのちょっとしたおしゃれを着飾るアイテムを販売しています。

Shaffer氏がThreeBirdNestを開設したのは2011年。小さな子供のためのヘアバンドが最初のアイテムで、子供向けのプロダクトを作って売りたいという気持ちから、お店をスタートしました。そこから少しづつファンがついていき、トラフィックを増やそうとピンタレストもスタート。次第にプロのカメラマンにも撮影してもらいながら、3年かけていまのようなトップクリエーターの仲間入りを果たしています。

彼女が3年かけて培った経験をもとに、いかに個人がマーケットプレイスで商品を売り、ファンを獲得していくかについて語っています。

誰がそのアイテムを購入するか

Shaffer氏いわく、ほとんどのオーナーは買う側のことを考えていない、と語ります。買う側の気持ちになり、値段の付け方やアイテムの説明や見せ方、ラインナップなどを心がけるべき、と語ります。

写真とスタイリングが最も重要

どんなに素晴らしいアイテムも相手に伝わなければ意味がありません。ただアイテムを撮影するだけではなく、ストーリーが見えるような構成や売りたいアイテムも含めた全体のスタイリングが必要だと語ります。

Estyのアドバイスに最新の注意を

Estyには、注意書きや売るための店舗を運営するためのアドバイスが書かれた資料があります。そのアドバイスをきちんと読み込むことが、まずはファースト・ステップで、そのステップをないがしろにしているオーナーが多い、と彼女は語ります。

アイテムの名前も重要

どんなにいいアイテムでも、ネーミングが悪ければ人は手に取らないはず。しかし、多くのEstyオーナーはそれに気づいていない、と彼女は語ります。ネーミングもアイテムの重要な要素と考え、アイテム名やそのアイテムの説明書きを丁寧にしましょう。

顧客に対するサービス心を

もちろん、彼女はアイテムを掲載したら後は何もしていない、というわけではない。丁寧にソーシャルメディア上でアイテムについて発信したり、問い合わせがあればすぐさま返信をして対応するといった、顧客対応をきちんと心がけたことで、じょじょにファンができてきたのです。

ソーシャルメディア時代において、彼女のアドバイスは色々なところでも言われているマーケティング手法とも似たものがあります。しかし、やはり企業ではなく個人レベルだとなかなかそうした細かな振る舞いや丁寧な対応が抜けてたりします。CtCであっても、売る側と買う側という違いがあるからこそ、きちんと売る側もマインドセットをして、行動を心がけたいものですね。