ペンキメーカーが「EnChroma」という眼鏡で色盲患者に「色」の贈り物

SHARE:
Valsparが制作した動画から
Valsparが制作した動画から

 <Pick Up> A paint brand gives the gift of color to the colorblind

ペンキメーカーの「Valspar」が、おこなった「#ColorForAll」と題されたキャンペーン。世界に3億人いると言われる色盲患者に、「色」を贈るというもの。タッグを組んだのは、色盲患者がかけると、今まで見えなかった(区別がつかなかった)色が見えるようになるという眼鏡「EnChroma」。

Valsparが制作した動画では、色盲患者の人が今まで色が見えないことで感じた不安や他者との違い、困ったことなどを紹介し、実際にEnChromaの眼鏡をかけてみて、色が人生で初めて見えた時の感動を描いてる。

子どもがお絵描き中にあんなに何度もクレヨンを取り替えているのはこういうことだったのか。夕日ってこんなに美しいものだったのか。

残念ながら、EnChromaは全ての色盲の人に効果的というわけではないみたい。同社の公式ウェブサイトには、自分が該当するかをチェックするためのテストが用意されてる。

via. FastCompany