他ユーザのカメラを〝ハック〟できるアプリ「ChainSnap(チェーンスナップ)」がiOS向けにも登場

SHARE:

chainsnap_featuredimage

先月末、他ユーザのカメラをハックし、最大24人までのカメラを接続することで、自分が今いない場所の写真などが撮影できるアプリ「ChainSnap(チェーンスナップ)」についてお伝えした。この段階で公開されたのは Android 版のみで、iOS 版についてはゴールデンウィーク明けの公開としていたが、その iOS 版が本日公開となった。

ChainSnap は、Facebook アカウントと連携し、アプリを立ち上げると、Facebook の友人の中から ChainSnap をインストールしているユーザを表示。カメラの共有を申請し承認されると、そのユーザとカメラを共有できるしくみだ。iOS 版においても Android 版と機能において差は無い。

ChainSnap を開発する電通ブルーでは、当面のアプリダウンロード目標値を50万件に設定しており、今後、さまざまな機能追加のほか、ライブ会場やスポーツイベントでアーティストやアスリートを遠隔で撮影できるようにするなど、マネタイズを図っていきたいとしている。

ChainSnap_iOS_img02 ChainSnap_iOS_img01