FROSKが開発するスマホアプリのエラー検知・分析ツール「SmartBeat」が成長中

by Junya Mori Junya Mori on 2015.6.9

smrtbeat

スマートフォンアプリに関連する解析ツールの数は年々増加している。新しいツールがリリースされていく中、以前から存在しているツールもその存在感を増している。

FROSKが運営するスマートフォンアプリのエラー検知・分析ツール「SmartBeat」もそんなツールの一つだ。同社の発表によれば、同ツールを導入しているデバイスの累積数が1億4,000万台を突破し、導入アプリのMAUは6,000 万人を突破しているという

「SmartBeat」は、スマートフォンアプリに特化したエラー検知、解析ツール。本誌では昨年の5月に同ツールのことを取り上げており、この1年で同ツールは大きく数字を伸ばした。

関連記事

今回、「SmartBeat」はユーザからのフィードバックをツールに反映させ、コンソールのUIをリニューアルを実施。さらにエンジニアにとって使いやすいサービスを目指し、機能拡充に取り組んでいく方針だ。



ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------