Snapchatが2月から実施した5億3700万ドルの資金調達を完了、更に1億1200万ドルの調達も検討中か

SHARE:
snapchat
Above: Snapchat logo / Image Credit: Snapchat

デイリーユーザーで1億人強というSnapchatが2月から実施していた5億3760万ドルの資金調達を完了していたことが今日(原文掲載時点は5月29日)、明らかになった。

米国証券取引委員会(SEC)に提出された情報によると、Snapchatは更に1億1200万ドルを調達するかもしれないということだ。

これはアリババがSnapchatに対して2億ドルの投資を検討中という話題があってから2カ月後の出来事となる。2億ドルの出資についてNew York Timesが報じた当時、アリババはSnapchatに対して150億ドルの評価をつけたという。

一方でCNBCの報道によると、6億5000万ドルのラウンド(5億3700万ドルと追加と言われる1億1200万ドルの合計)でSnapchatの評価額は160億ドルに到達しているという情報もある。

内に秘めたるUberと霊媒交信するSnapchatは、これまでに10億ドル以上の調達資金を獲得したこととなった。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------