自然言語入力ができるカレンダーアプリ「Fantastical 2」がバージョンアップしiOS版が完全日本語対応、Apple Watch版もリリース

SHARE:

fanstical-2-apple-watch_featuredimage

テキストボックスに自然言語を入力するだけでカレンダー入力ができる「Fantastical 2」は、Mac 版で今年2月に日本語対応を発表していたが、本日新たにバージョン2.4をリリースし、iPad 版iPhone 版の日本語対応を完了。iPhone 向けには Apple Watch アプリのバンドルを開始した。

今回のバージョンアップでは、入出力インターフェイスの日本語対応が改善されたほか、Fantastical 2 for iPhone には、保存前の書きかけの予定を一時的に残せる下書き機能が追加。Fantastical 2 for Apple Watch では、Apple の Enhanced Dictation により、英語や日本語などでの音声入力によるスケジュール登録を実現している。

Fantastical 2 は本稿執筆時点で、iTunes AppStore(日本版)の「Productivity」カテゴリで、無料・有料混在のアプリによる全体で20位、有料アプリで12位。Fantastical 2 を開発する Flexibits の CEO Michael Simmons によれば、この順位からわかることは、Fantastical が他アプリに比べ有料アプリとしての評価が高く、同じダウンロード数の無料アプリと比べてもマネタイズがうまくいっていることの、良い証明になるのだという。ビジネスとしてはうまく行っているので、当面のところ、VC など外部から資金調達する予定もないとのことだ。

Fantastical 2 は Mac 版、iPad 版、iPhone 版、Apple Watch 版しか提供されていないが、その操作しやすいインタフェースから、ユーザからは Android 版の開発を求める声が多く寄せられており、今後、Android 版の開発も検討していきたいとしている。

Fantastical 2 は、6月に開催された Apple の WWDC で Apple Design Award を受賞している

----------[AD]----------