MegaBots対クラタスの世紀の巨大ロボット格闘戦に向けて、MegaBotsが近日にKickstarterで資金調達を開始すると宣言

SHARE:

megabots

<ピックアップ>MegaBots – SUIDOBASHI! You want melee combat? We’ll give you melee…

アメリカのロボット開発メーカーMagebotsが日本の巨大ロボ「クラタス」に戦いを挑み、世紀初の巨大ロボット対決が一年後に実現が現実味を帯び始めているこのやりとり。

6月末に動画にて挑戦状を叩きつけたMagebotsの要求に対して、クラタスの倉田氏も動画にて回答。了承の回答とともに突きつけたのは「格闘戦」での実施の要求です。

そうした倉田氏の返答に対して、MegaBotsらは新たな動画を投稿。その内容は、倉田氏の格闘戦という要求の承諾とともに、銃撃戦も追加するというもの。さらに、1年という期間でロボットを格闘戦に向けて強化するために全米中からチームメンバーを応募。さらに、メンバーだけでなくアメリカ中の叡智を集めるために近々Kickstarterで資金調達を行うと発表しました。

世紀のロボット対決に向けて、新たな開発資金や開発者を募るためにクラウドファンディングを利用し、さらなる盛り上げを作ろうとしています。これにより、おそらくMagebotsは数千万から数億円規模の資金が集まるだけでなく、世紀の対決に関わりたいと考えるアメリカ中のギークがロボット開発に勤しむことになります。

ということは、クラタスもロボットの改造に向けてクラウドファンディングで資金調達をしたり開発メンバーを募集するような流れになるのでしょうか。

互いのロボットだけでなく、それぞれに威信をかけて多くの人を巻き込みながら一年後の決闘に向けてさまざまな動きが起きてきそうなこの戦い。目が離せません。

Magabots社が作成したポスター
Magabots社が作成したポスター
----------[AD]----------