Makuake達成率は現在44%、選手のパフォーマンスをデータ解析する「Eagle Eye」が新コースを追加

SHARE:

detail_1016_1437479384

いまやサッカーのトップリーグでは、試合中における選手個々のプレーデータを用いて結果を分析することが常識となっており、例えば選手のボールタッチ数、パス成功率やプレーエリア、スプリント回数などの数値が収集され、その後の試合の戦術に生かされている。

ただしそこには多くのコストがかかるため、データが練習時から取得できるのは財政的に余裕のある限られたチームのみだった。

そんな現状に対し、低コストで選手のプレーデータを取得出来るようにしたのがこの「Eagle Eye」だ。100mm × 60mm 厚さ13mmという小型サイズの本体を二の腕に装着すると、その選手の走行軌跡やプレーエリアが可視化されるほか、スプリント回数・スピード、走行距離が記録され、試合後にWi-Fiを通じて専用アプリをインストールしたスマートフォンへと送信される仕組みだ。

detail_1016_1437481033

本体には2試合分のデータを記録できるフラッシュメモリーとバッテリーが搭載されており、仮に延長戦が行われたとしても、最後まで記録することができる。

僭越ながらJFAの公認コーチであるので、サッカーのコーチ目線で言わせていただくと、サッカーにおいては試合後に選手が自分自身のパフォーマンスを客観視することがとても重要であり、こういったガジェットはアマチュアの世界でこそ必要とされていきそうだ。

detail_1016_1437540378

ただし残念ながら公式試合では装飾品の装着が認められないため、本製品を利用することはかなわない。練習におけるパフォーマンス向上のための装置と考えてもらうのが良さそうだ。

7月24日にMakuakeでプロジェクトを開始しているEagle Eyeだが、目標調達額100万円に対して、36人のサポーターから約44万円が集まっている(8月15日時点)。残すところ43日。また、ユーザーからの要望で、超早割の限定30台、16,000円のコース(ロゴTシャツとEagle Eye1台)を新たに追加したようだ。

Eagle Eyeの気になる出荷予定は、2016年4月頃。予定小売り価格は18,500円となっている。

----------[AD]----------