3台のGoProカメラで360°全天球動画を撮影する「PTRig」

SHARE:

PTRig

小型ビデオカメラ「GoPro」を3台使い、360°の全天球動画撮影を可能にする「PTRig」というカメラリグが登場している。開発・販売は、アメリカ・ロシアを拠点とするスタートアップPanorics社だ。

PTRig

対応するのは「GoPro Hero3」、「GoPro Hero4」の2機種。これらを合計3台使用して全天球撮影を行うことができるという。360°x180°の球体を完全にカバーし、死角はなく、最高の映像体験を提供する、としている。

PTRig

ボディは高さ9cm、直径12cmでと小型で軽量なプラスチック製。パッケージには、ボディやケーブル以外に、Sマウント(M12x0.5)の魚眼レンズが3本同梱される。この魚眼レンズを、使用するGoProのレンズと交換し、「PTRig」のボディ内にGoPro3台をセットして使う。撮影操作や設定は、GoProのリモコンから行うこととなる。

撮影した3台のGoProの映像を全天球動画とするためには、スティッチング(1本の動画につなげる作業)が必要となる。Kolor社のソフトを使うことを推奨しているようだが、Panoricsでも専用ソフトを開発中で、今後発売予定だという。

この「PTRig」、現在、840ドルで販売中だ。実際にどのような動画が作成できるかは、以下よりデモ映像を確認することができる。(※左上のコントローラや画面のドラッグで操作可能)

----------[AD]----------