THE BRIDGE

タグ GoPro

3台のGoProカメラで360°全天球動画を撮影する「PTRig」

SHARE:

小型ビデオカメラ「GoPro」を3台使い、360°の全天球動画撮影を可能にする「PTRig」というカメラリグが登場している。開発・販売は、アメリカ・ロシアを拠点とするスタートアップPanorics社だ。 対応するのは「GoPro Hero3」、「GoPro Hero4」の2機種。これらを合計3台使用して全天球撮影を行うことができるという。360°x180°の球体を完全にカバーし、死角はなく、最高の…

PTRig

小型ビデオカメラ「GoPro」を3台使い、360°の全天球動画撮影を可能にする「PTRig」というカメラリグが登場している。開発・販売は、アメリカ・ロシアを拠点とするスタートアップPanorics社だ。

PTRig

対応するのは「GoPro Hero3」、「GoPro Hero4」の2機種。これらを合計3台使用して全天球撮影を行うことができるという。360°x180°の球体を完全にカバーし、死角はなく、最高の映像体験を提供する、としている。

PTRig

ボディは高さ9cm、直径12cmでと小型で軽量なプラスチック製。パッケージには、ボディやケーブル以外に、Sマウント(M12x0.5)の魚眼レンズが3本同梱される。この魚眼レンズを、使用するGoProのレンズと交換し、「PTRig」のボディ内にGoPro3台をセットして使う。撮影操作や設定は、GoProのリモコンから行うこととなる。

撮影した3台のGoProの映像を全天球動画とするためには、スティッチング(1本の動画につなげる作業)が必要となる。Kolor社のソフトを使うことを推奨しているようだが、Panoricsでも専用ソフトを開発中で、今後発売予定だという。

この「PTRig」、現在、840ドルで販売中だ。実際にどのような動画が作成できるかは、以下よりデモ映像を確認することができる。(※左上のコントローラや画面のドラッグで操作可能)

----------[AD]----------

GoProもドローン開発に参入、小型化と安定性を追求したドローンを目指す

SHARE:

<ピックアップ>This is the first footage shot by the GoPro drone さまざまな企業がドローンに参入してきていますが、ついにGoProもドローン開発に参入してきました。 すでに、今年の5月頃にはGoProが独自に開発したドローンを2016年度中には出すのでは、と噂されてきましたが、噂どおりの小型ドローンを開発していました。 今回リリースされ…

GoPro_drone

<ピックアップ>This is the first footage shot by the GoPro drone

さまざまな企業がドローンに参入してきていますが、ついにGoProもドローン開発に参入してきました。

すでに、今年の5月頃にはGoProが独自に開発したドローンを2016年度中には出すのでは、と噂されてきましたが、噂どおりの小型ドローンを開発していました。

今回リリースされたのはドローン本体は写っておらず、GoProで撮影した動画ですが、GoPro担当者いわく「1フィートくらいの大きさに、安定性を追求している」ドローンを目指しているという。

もともと、GoProのカメラを搭載したドローンなどはすでにドローン開発者たちが作っていましたが、GoPro自体がその独自のカメラ技術をもとにドローンに参入してきたということで、ドローン開発や今後の市場にも新たな動きがでてきそうです。

via The Verge

----------[AD]----------

GoProを16個くっつけたVR撮影機器「GoPro Odyssey」が正式にリリース

SHARE:

<ピックアップ>GoPro is now selling its crazy 16-camera virtual reality rig あの、噂されていたGoProのVR撮影機器がついにそのベールを脱ぎました。 “Odyssey”と名付けられたそのデバイスは、16個のGoPro Hero4を360度撮影できるようドーム状に形作ったもの。Google I/Oで公…

GoPro

<ピックアップ>GoPro is now selling its crazy 16-camera virtual reality rig

あの、噂されていたGoProのVR撮影機器がついにそのベールを脱ぎました。

“Odyssey”と名付けられたそのデバイスは、16個のGoPro Hero4を360度撮影できるようドーム状に形作ったもの。Google I/Oで公式にアナウンスされていたGoPro Odysseyですが、若干デザイン上のブラッシュアップはされています。UFOみたいなその形も以前から指摘されていましたね。

GoProの動画とマイクロフォンをもとに、現実世界の映像や音声を360度自由に撮影することができ、その映像をVR上に加工することで、現実世界をVR上で表現することができます。これを使えば、例えば日本にいながらニューヨークの様子をバーチャルに実体験することもできます。

発売は11月頃、値段は1,5万ドル(約180万円)とのことで、これを安いとみるか高いとみるか。現実の様子を360度動画で撮影できるということで、また新たな表現の可能性が追求できそうです。

via The Verge

----------[AD]----------

GoProから新型の小型カメラ「HERO4 Session」が登場、大きさはこれまでの半分に

SHARE:

GoPro’s Hero 4 Session is its smallest camera ever | The Verge GoProから新型のカメラ「HERO4 Session」がリリースされました。 フォルムがかなりシンプルになっていて、小型化も進んでいます。公式の発表によると大きさはこれまでの50%に、重さは40%ほど軽くなっているそうです。 ウェアラブルなカメラはいまだに新し…

CHDHS-101_main2

<ピックアップ>GoPro’s Hero 4 Session is its smallest camera ever | The Verge

GoProから新型のカメラ「HERO4 Session」がリリースされました。 フォルムがかなりシンプルになっていて、小型化も進んでいます。公式の発表によると大きさはこれまでの50%に、重さは40%ほど軽くなっているそうです。

ウェアラブルなカメラはいまだに新しいプロダクトが登場していますが、GoProもまだまだ新しいカメラを発表してきそうですね。


https://www.youtube.com/watch?v=pzMRr5eTtho

via The Verge

----------[AD]----------

GoPro、VR映像制作のKolorを買収し、VRの世界に参入しエクストリームスポーツを拡張させようとしている

SHARE:

<ピックアップ>GoPro Buys Virtual Reality Company Kolor | Re/code 小型カメラで上場まで果たしたGoPro。立体感と身体に装着しながら臨場感のある映像体験を提供しようと考えている彼らにとって、次の標的はVRなのかもしれません。 先日、バーチャルリアリティ空間の映像制作を行っているフランスを拠点に活動するKolorを、GoProが買収しま…

Image by Lunacchi on Flickr
Image by Lunacchi on Flickr

<ピックアップ>GoPro Buys Virtual Reality Company Kolor | Re/code

小型カメラで上場まで果たしたGoPro。立体感と身体に装着しながら臨場感のある映像体験を提供しようと考えている彼らにとって、次の標的はVRなのかもしれません。

先日、バーチャルリアリティ空間の映像制作を行っているフランスを拠点に活動するKolorを、GoProが買収しました。その買収の狙いとして、エクストリームスポーツの拡張を図ることを目指しているとか。

Kolorは、360度の映像体験を楽しめるKolor Eyesというアプリをリリースしており、Google Cardboardなどを使ってスマートフォン上でVRを楽しむことができます。現実の臨場感ある映像をうまく活用し、VR空間に投影することができれば、VR空間が現実世界とほぼ同じか、それ以上の体験ができることも遠くないのかもしれません。

GoProは、YouTube上にすでにVR体験ができる映像を投稿しており、今後は現実世界の映像だけでなくVR世界の映像も積極的に発信していくのでしょう。

via Re/Code

----------[AD]----------

モバイルバッテリー兼用GoProエクステンションポール「PowerPole」

SHARE:

GoProの周辺機器メーカー「Polar Pro」が、少しユニークなエクステンションポール(先端にガジェットを取り付けて撮影するためのポール)をKicksterterのプロジェクト化している。 一見なんの変哲も無い、普通のGoPro用ポールに見える「PowerPole」だが、その名の通り、内部にモバイルバッテリーを内蔵している。そのため、ポールに設置したままの長時間録画が容易に行える、というのが特…


edf0e8485a38ff04e02434a139a469f7_large

GoProの周辺機器メーカー「Polar Pro」が、少しユニークなエクステンションポール(先端にガジェットを取り付けて撮影するためのポール)をKicksterterのプロジェクト化している。

一見なんの変哲も無い、普通のGoPro用ポールに見える「PowerPole」だが、その名の通り、内部にモバイルバッテリーを内蔵している。そのため、ポールに設置したままの長時間録画が容易に行える、というのが特徴のようだ。もちろんGoProの録画ボタンは手元で押せるようになっている。

ポールは43cm〜76cmまで、任意の長さに調整可能。重量は約370g。充電のためのUSBポートは先端に2つついており、通常は水の浸入を防ぐためのゴムキャップで閉じられている。なお、利用時には防水性が失われるので、注意が必要だ。

2014-09-10_0121

バッテリーの容量は5400mAhと小型モバイルバッテリーサイズ。GoProなら5回分、iPhoneなら約2.5回分ほどの充電が可能だ。出力は5V/1Aなので、タブレットの充電には向いていないだろう。個人的には、もう少し大容量のバッテリーにして欲しかったのだが、軽さを重視したのだろうか。

2014-09-10_0119

紹介動画では、スケボーやスノーボードをしながら自撮りするサンプルが挙げられている。もちろんイベントなどの様子を後ろから撮影するのにも重宝しそうだ。

現在Kicksterterで支援募集中の本ガジェットは、小売価格139ドルを予定しており、年内の出荷を予定している。なお、オプションとしてiPhoneも取り付けられるアタッチメントもあるようだ。

----------[AD]----------

GoPro、愛犬の視点から世界をキャプチャする犬用ハーネス「Fetch」を発売

SHARE:

アクションカメラのGoProから、犬にマウントすることで犬の視点から撮影が可能となるハーネス「Fetch」が発売された。 犬の胸と背中の部分にGoPro用のマウントがあり、胸に取り付けることでおやつの骨を齧るシーンや前足で穴を掘るシーンなど、背中に取り付けることで走ったりジャンプしたりするシーンなどの撮影が可能だ。 洗うことが可能なため、犬が泳いだり泥で汚したりしても問題ないとのこと。柔らかな素材…


ADOGM-001_main2

アクションカメラのGoProから、犬にマウントすることで犬の視点から撮影が可能となるハーネス「Fetch」が発売された。

犬の胸と背中の部分にGoPro用のマウントがあり、胸に取り付けることでおやつの骨を齧るシーンや前足で穴を掘るシーンなど、背中に取り付けることで走ったりジャンプしたりするシーンなどの撮影が可能だ。

ADOGM-001_main3

洗うことが可能なため、犬が泳いだり泥で汚したりしても問題ないとのこと。柔らかな素材でできておりパッド入りのため、愛犬に苦痛を与える心配もない。

7kgから54kgまでの犬に取り付けられるよう調節可能となっており、小型犬から大型犬まで装着することができるという。小型犬に取り付ける時のために、胸のマウントを取り外すこともできる。

ADOGM-001_life2

対応機種はHERO3+、HERO3、HD HERO2、HD HERO。価格は7,200円となっている。

----------[AD]----------

アクティビティカメラのGoPro、初の決算発表は売上が2億4460万ドル、前年比で38.1%アップ (GPRO)

SHARE:

<ピックアップ> GoPro Shares Get Whacked After Earnings (GPRO) GoProの決算発表が終わり、やや株価が落ち着いている様子です。7月30日に発表された第2四半期決算(上場後初の決算発表)で売上が2億4460万ドル、前年比で38.1%アップ(前年は1億7710万ドル)2014年第1四半期の2億3570万ドルに対して3.8%アップ、という状況…

GoPro_Inc__NASDAQ_GPRO_quotes___news_-_Google_Finance
Google Finance

<ピックアップ> GoPro Shares Get Whacked After Earnings (GPRO)

GoProの決算発表が終わり、やや株価が落ち着いている様子です。7月30日に発表された第2四半期決算(上場後初の決算発表)で売上が2億4460万ドル、前年比で38.1%アップ(前年は1億7710万ドル)2014年第1四半期の2億3570万ドルに対して3.8%アップ、という状況でした。アップにも関わらず、結果を受けて株価は10%ほどダウン。

決算発表でCEOのNicholas Woodman氏もカメラそのものの売上もさることながら、YouTubeで投稿されたコンテンツが前年比200%と伸びをみせていることを強調しているあたり、次のビジネスモデルは複合的なものになるかもしれません。

<参考記事> 上場したアクティビティカメラの「GoPro」、その熱はいつまで続く?

GoProはそれそのものがネットに繋がるわけではないので、他のInternet of Thingsの例とは少し違いますが、YouTubeとの連動で数々のコンテンツを生み出したことは周知の事実。この企業の行く先が他のハードウェア系スタートアップのロールモデルとなるのか、注目しています。

via Tech

----------[AD]----------

上場したアクティビティカメラの「GoPro」、その熱はいつまで続く?

SHARE:

<ピックアップ> GoPro’s Hot, but for How Long? 少し乗り遅れましたが、GoProがめでたくNASDAQに無事上場をいたしました。初日を30%ほどの値上がりで終え、評価額は33億ドルに到達、4億2700万ドルを調達したそうです。これによって創業者兼CEOの Nick Woodman氏は約16億6000万ドル(分の株)を手にし、ビリオネアの仲間入りを果たして…

gopro

<ピックアップ> GoPro’s Hot, but for How Long?

少し乗り遅れましたが、GoProがめでたくNASDAQに無事上場をいたしました。初日を30%ほどの値上がりで終え、評価額は33億ドルに到達、4億2700万ドルを調達したそうです。これによって創業者兼CEOの Nick Woodman氏は約16億6000万ドル(分の株)を手にし、ビリオネアの仲間入りを果たしております。

<参考記事> アクティビティ・ログカメラのGoProが上場へ、2013年の売上は9億8573万ドル

ところでこのGoProの評価、果たして適正なものなのでしょうか?ハードウェア商売というのはどうしても売切りですので、この先、ウェアラブルカメラが出続けるとも、ヒットし続けるとも限りません。また競合の出てきやすい環境もあります。新製品であっという間に逆転、という話もあるでしょう。

CNBCではその点を論じておりまして、重要なのはハードウェア以上にコンテンツであるという指摘がありました。ちなみにGoProのYouTubeチャンネルは200万購読者を獲得しており、その閲覧は5000万回を超えるそうです。

これらを活用したメディアビジネスかなにかを開始できるかどうか、そこが今後のGoProの注目ポイントになってくるというのは納得のいく話です。

via CNBC 【G翻訳】

----------[AD]----------

GoProなどを搭載し自律的にユーザを追跡して空中撮影が可能なドローン「Hexo+」

SHARE:

GoProなどのカメラを搭載し、移動するユーザの後を自律的に追って空中撮影を可能とするドローン「Hexo+」が開発されている。クラウドファンディングサイトのKickstarterで支援を募集してきたが、目標額である5万ドルを大幅に超え、100万ドルに達しようとしている。 Hexo+は大きさが 62 x 52 x 12 cm 、重さ980gの本体に、6つのプロペラを搭載しており、最大時速70kmで飛…


55d6190d86aed88969117319797815e6_large

GoProなどのカメラを搭載し、移動するユーザの後を自律的に追って空中撮影を可能とするドローン「Hexo+」が開発されている。クラウドファンディングサイトのKickstarterで支援を募集してきたが、目標額である5万ドルを大幅に超え、100万ドルに達しようとしている。

Hexo+は大きさが 62 x 52 x 12 cm 、重さ980gの本体に、6つのプロペラを搭載しており、最大時速70kmで飛行が可能。GoPro用のマウントに取り付けて撮影することができる。オプションとして360camのマウントも用意されている。

4bd3afe9fb3197e6b29affd2a5d09f44_large

撮影方法としては、まずはスマートフォン(Android / iOS)アプリで撮影するフレーミングを設定する。ドローンと被写体となる自分との間の距離や高さをライブビューで確認しながら設定することが可能とのこと。

設定が終わるとドローンは自動的に離陸し、設定された撮影位置まで飛んで、自身が移動を開始するまでその位置でホバリングする。

149ef922315a555cf7d314d69671ccd0_large

自身が移動するとドローンは設定されたフレーミングとなるように自律的に追尾しながら撮影を行うことが可能だという。

ドローンに搭載のセンサからターゲットの軌道を予測しており、スマートフォンとドローンはスイス連邦工科大学チューリッヒ校が開発したMAVLINKプロトコル経由で相互に相対的な位置を伝えることにより、自律的な追尾を可能としている。

e62e20f75590671a30cbd55bbd9c9197_large

Hexo+の小売価格は899ドルとなる見込みだが、Kickstarterのキャンペーンでは組み立てキットが299ドルから入手が可能。完成品は499ドルの枠は完売しており、現在は599ドルで入手可能となっている。米国外への発送は+50ドルで対応している。発送は組み立てキットが2015年1月、完成品は2015年5月が予定されている。


----------[AD]----------