子どものオンラインアクティビティを事細かに監視できる「Kidguard」

SHARE:

<ピックアップ>  New startup KidGuard, attempts to revolutionize phone monitoring for kids

サイバーいじめなどを理由にティーンエイジャーの自殺が増え、いまではFBIも親に対して「子どものオンラインアクティビティを注意して監視するように」とすすめている。

12〜17歳のティーンエイジャーの3人に1人がサイバーいじめや嫌がらせを受けたことがあり、その大半は女の子だ。また、10〜17歳の46%が見ず知らずの相手に個人情報を渡したことがあるという。

この実態を踏まえて、子どもを守り、両親に心の平穏をもたらす目的で立ち上げられたのが「Kidguard」だ。最初の10日間は無料で試すことができ、それ以降は月額19.99ドルで使える。

子どものスマートフォンを、自分のスマホまたはタブレットから監視できるもの。具体的には、彼らのテキストメッセージを読んだり、GPSで位置情報を確認したり、かかってきた電話やチャットの中身まで見ることができる。さらに、ソーシャルメディア、ブラウザーの閲覧履歴、インストールしたアプリ、連絡先まで把握できる。

これは!と危険を感じたときにすぐにアクションをとることができると謳っているが、この度が過ぎた監視に違和感を覚えないほうがおかしい…。いろいろ物議を醸しそうだ。

via. Inc

 

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録