習慣化支援アプリ「みんチャレ」開発のエーテンラボ、東急電鉄と沿線オフピーク通勤・通学推進の期間限定プロジェクトを実施

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.3.29

5人1組のチームで励まし合って早起きしてオフピーク通勤を習慣化
Image credit: A10 Lab

習慣化支援アプリ「みんチャレ」を開発する A10 Lab(エーテンラボ)は29日、東急電鉄と共同で東急線沿線のオフピーク通勤・通学を推進する期間限定プロジェクトを実施すると発表した。実施期間は2018年4月1日〜6月30日の3ヶ月間。ユーザは、早起きしてオフピーク通勤・通学に参加することでアプリ内で利用可能なコインを収集でき、公益財団法人チャンス・フォー・チルドレンを通じて子供の教育支援に寄付することができる。

みんチャレは、ダイエット、早起き、筋トレなど、三日坊主で続かない自己研鑽のための課題を、人が介在するとスケールできないコーチングではなく、同じ課題を持つ人同士が匿名で応援しあえるアプリだ。チームチャット、課題を達成したことを示す証拠写真をシェア、励ましあうことで課題の習慣化を促す。みんチャレを使った場合の習慣成功率は69%と、一人で課題に挑戦する場合に比べ成功率は約8倍の高さ、また、ユーザのアプリ継続利用率は、アプリ利用開始から半年経っても46%という高い値を示している。

2017年10月、「東急アクセラレートプログラム」の第3期デモデイでピッチするA10 Lab(エーテンラボ)代表の長坂剛氏
Image credit: Masaru Ikeda

A10 Lab は、昨年実施された「東急アクセラレートプログラム」の第3期に参加しており、デモデイでは渋谷賞を受賞している。今回の東急電鉄とのプロジェクト協業は、このプログラムへの参加が契機になったと考えられる。

同社は、2017年2月にソニーが運営する「Seed Acceleration Program(SAP)」から輩出され、シードラウンドでソニー、第一勧業信用組合、フューチャーベンチャーキャピタル、グローブアドバイザーズ、吉田行宏氏から6,600万円を調達した。東京都の青山スタートアップアクセラレーションセンター(ASAC)のアクセラレーションプログラム第4期、野村ホールディングスのアクセラレータプログラム「VOYAGER」の第1期Incubate Camp 10th に採択されている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------