DMMがお墓や霊園、終活のための情報ポータル「終活ねっと」を子会社化、独立性を保った関係性を維持

SHARE:
写真左より執行役員セールスソリューション本部本部長の緒方悠氏、終活ねっと代表取締役の岩崎翔太氏

お墓や霊園など終活にまつわる情報を集めたサイト「終活ねっと」は11月12日、DMM.comと資本業務提携を締結したことを発表した。

なお、今回の第三者割当増資によってDMM.comは同社の発行済み株式の51%を取得し、10月31日付けで子会社化している。ベンチャーキャピタルなど外部株主および取締役3名の保有している株式をDMM.comが買い取った形で、現在は終活ねっとの経営陣とDMM.comが同社株式を保有している形となる。終活ねっとが調達した金額は非公開だ。

またDMM.comの執行役員セールスソリューション本部長の緒方悠氏、DMM.com経営企画室長の市村昭宏氏の2名が終活ねっとの取締役に就任することもあわせて公表した。

2016年に設立された終活ねっとは、お墓や霊園版ぐるなびの「終活ねっと」と終活の用語やノウハウをまとめた情報サイト「終活ねっと〜マガジン〜」を運営している。同社代表取締役の岩崎翔太氏は東京大学に在学中の学生起業家で、チームのメンバーは大学生を中心に約40名程。2017年12月には、ジェネシアベンチャーズなどから総額8300万円の資金調達を実施している

2018年6月頃からDMM.comへ事業相談をすることになったのがきっかけで資本参加が決定。「バックアップ体制を考える中で、本腰を入れて一緒にやっていく」という意味合いで今回の株式比率が決定したとDMM.comの市村氏は語る。

いままで完全子会社化でのM&Aを進める形が多かったDMM.comだが、今回の資本参加の背景として次のように語る。

「若いベンチャー社長の良さや意欲を残すという面で一緒にやっていく体制をつくる、という形で投資の仕方を変えていっている部分もあります。基本的には若い起業家を応援したい、という純粋な思いです」(市村氏)

DMM.comは2018年10月に株式比率1%から5%までの出資をスタートアップ向けに実施する「DMM VENTURES」を設置。同取り組みに関しては、出資元を本体からとするのか、ファンドからとするのかは検討段階ということだ。また、今回の買収は、別枠の扱いとなる。

終活ねっとは今後も独立した経営体制をとる形だ。終活ねっと代表取締役の岩崎氏は、今回の資本参加に関して「DMM.comが持つ人やネットワーク、ノウハウなどのリソースを活用することで終活領域により良いサービスを提供できると考えている」と話している。前回取材時はは、「同領域ではインターネット上でコンテンツ化、顕在化されていない部分も多く、人力の作業も発生している」という話だった。今後は成果報酬型で検討されていたマネタイズモデルなどの見直しも図るということだ。また、既存サービスだけでなく終活領域での価値提供拡大を目指す。

----------[AD]----------