CAMPFIRE Angels初号案件「さきめし」提供のGigi、1日で目標の2000万円出資を集める

SHARE:

Capture

クラウドファンディングを手がけるCAMPFIREの子会社で、株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」を提供するDANベンチャーキャピタルは8月28日、初号案件の募集が目標金額の2000万円に到達したことを伝えている。27日から開始したもので、24時間での達成となった(31日朝時点で約2500万円が集まっている)。今後、上限となる3000万円を目標に出資者を募る。

初号案件として出資者を募ったのはGigiで、飲食店の提供する食事をギフトとして友人に贈ることができるギフトサービス「ごちめし」や、コロナ禍で経営に苦しむ飲食店を支援する自分宛ての先払い「さきめし」などを提供する。食事を贈る側が手数料として10%を負担することで、飲食店側は普段のメニューをそのままギフトにできるほか、企業が手数料を負担する協賛モデルなどもある。2019年10月末のサービス提供開始から約9カ月で流通総額は累計で2億円、通算利用回数は7万5000食、登録店舗数は1万店となっている。10月には社食事業を開始するほか、2020年内に3億円の資金調達も目指す。

CAMPFIRE Angelsは非上場の企業が自社の株式の募集をオンライン上で実施できるクラウドファンディングサービス。8月にサービス開始となり、投資家登録数は10日で1,000人を突破した。9月中旬には2号案件以降を公開する予定。

 

via PR TIMES