寝る間を惜しんで事業プランの改善!夜更けへ向かう「IncubateCamp 6th」の初日

by Junya Mori Junya Mori on 2013.11.30

インキュベイトファンドが開催するインキュベーションプログラム「インキュベイトキャンプ」。過去5回に渡って開催してきた同プログラムの第6回目となる「IncubateCamp 6th」が、この週末、成田の地で開催されている。

初日のプログラムは、参加者の起業家たちによるピッチと、豪華投資家陣によるメンタリング。起業家と投資家のペアを決めるためのドラフトを経て、起業家と投資家が1対1のペアを組み、一晩かけて事業プランを考えるところまでを行う。

起業家になりたての参加者にとって、実績ある投資家たちと事業やサービスを考えることは価値ある時間となるはずだ。

会場となっている「インターナショナルガーデンホテル成田」の会議室が24時間使用できるようになっており、体力の許す限り事業とサービスを考えることが可能となっている。

ピッチで発表されたサービスは以下のようなものだ。これがこのあとブラッシュアップされ、明日の決勝プレゼンで発表される。

  • モバイルと動画を活用した転職サービス
  • パーソナルなヘルスケアサービス
  • 家計管理や資産のアドバイスを行う個人向けのフィナンシャルプランナーサービス
  • 生産者から直接野菜を購入し直送するプラットフォーム
  • オーダーメイドのシャツ・スーツをデザインできるサービス
  • CAMPFIREで資金調達を実施しハードウェアコンテストGugenにも出展しているハードウェア
  • 遊びに出かけることのソーシャル化を目指すサービス
  • インターネット上での議論のビジュアライズを目指すサービス
  • プログラミングコードを自動変換し開発効率をあげるサービス
  • 不動産に特化した個人売買のマッチングサービス

現在の時間は、夕食も終えて、参加した起業家と投資家のペアは各自事業プランのブラッシュアップに取り組んでいる。

_MG_0034

_MG_0038

_MG_0039

_MG_0042

_MG_0045

_MG_0046

_MG_0048

二人で話しながら事業を詰めるペアや、黙々と資料を作りこむペアなど、その進め方は様々。最初のアイデアが、明日の決勝プレゼンの場ではどのように化けるのだろうか。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------