SMSで在宅確認、再配達問題を解決する「TODOCU」運営が資金調達

SHARE:

img_0073

物流テクノロジーを手がける207は8月24日、環境エネルギー投資、ベガコーポレーションを引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金は8000万円で、払込日や出資比率などの詳細は非公開。調達した資金で同社が提供する再配達効率化サービスTODOCUサポーター機能強化などを進める。

207が提供するTODOCUは宅配便における再配達の課題解決を目指したもの。配達を依頼したユーザーの電話番号にSMSで在宅かどうかの確認をすることで、不在配達のロスを回避する。特に都市圏外の配達員は大手配送業者と委託契約を結んだ個人事業主が多く、また、配達個数に応じた成果報酬のため、再配達がそのまま燃料や時間の無駄になっていた。

TODOCUでは配達先ユーザーに在宅回答を求めることで、不在配達を回避したり、置き配などの代替を確認できるようにした。受け取り側は無料で、配送員側の配送効率化サービス「TODOCUサポーター」は月間の荷物数に応じて無料から3,800円で利用できる。2019年に実施した実証実験では4割の受取人から在宅に関する情報が得られたとしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録