バーチャル教室「Class for Zoom」開発、ソフトバンクらから1億米ドル超をシリーズB調達——ユニコーン目前、日本などにも事業拡大へ

SHARE:
Image credit: Class Technologies

<ピックアップ> Class Technologies is eyeing unicorn status with a $105M, SoftBank-backed Series B

ワシントン拠点のスタートアップ Class Technologies は、ソフトバンクの支援を受けた1億500万ドルのシリーズ B ラウンドを発表した。昨年の創業以来、同社は1億6,000万米ドルを調達しており、今年に入って、春以降2回目の調達となる。同社は、教師が Zoom を使って出席を取ったり、試験を監督したり、生徒と1対1で話したりする作業を可能にするエドテックプラットフォームだ。

このラウンドは、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2 がリードインベスターを務め、GSV Ventures、Emergence Capital、Maven Partners、Owl Ventures、Insight Partners、SWAN & Legend Venture Partners、Revolution’s Rise of the Rest Fund、Learn Capital、Reach Capital、Slow Ventures、Sound Ventures、Chimera Investment、Daher Capital、マドンナや U2 の元マネジャーとして知られる Guy Oseary 氏、Zoom の初期投資家として知られるベンチャーキャピタリスト Bill Tai 氏、有名フットボール選手の Tom Brady 氏らが参加した。

CEO の Michael Chasen 氏は、同社が前四半期比で約4倍の成長を遂げ、今回の増資で時価総額は8億4,400万ドルに達し、ユニコーンの地位に近づいていることを確認した。今夏の調達では、ヨーロッパ、中東、ブラジル、カナダ、日本、中国など、拡大したい地域に Class のメンバーを増やすことが第一の目標だとしている。また、将来的には市場や国に特化した製品を提供する可能性もあると Chasen 氏は語っている。

via Technical.ly

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録