韓国ファッションEC「BRANDI」、年内に日本進出へ——NAVERから19億円を追加調達

SHARE:
Image credit: BRANDI(브랜디)

<ピックアップ> 브랜디, 네이버로부터 200억원 추가 투자 유치… 연내 일본시장 진출

韓国ファッションを象徴する街・ソウル東大門(トンデムン)発のファッション EC モールとして知られる「BRANDI(브랜디)」は、NAVER から新たに200億ウォン(約19.1億円)を調達した。BRANDI は NAVER(네이버)から昨年100億ウォン(約9.6億円)、今年5月に戦略的資本提携を行っており、今回の調達で NAVER からの累積調達額は300億ウォン(約28.7億円)、全ての投資家からの累積調達金額は750億ウォン(約71.8億円)に達した。

今回の調達を受けて、BRANDI は NAVER と共に、東大門の卸売および小売事業者の日本市場進出推進に着手する。また、東大門のフルフィルメントセンターの4,000坪規模の拡大を年内に完了、新規にグローバル物流拠点も構築する予定だ。これらのフルフィルメントセンターでは、NAVER のスマートストアソリューションに加え、日本のヤフーや LINE を通じて日本の消費者にリーチする。

2016年にローンチした BRANDI は、女性ファッションアプリ「BRANDI(브랜디)」、男性ファッションアプリ「HIVER.(하이버)」、子供ファッションアプリ「MAMI(마미)」を展開。細分化されたターゲット顧客に最適化した戦略が成功し、モバイルショッピング市場を急速に成長させている。注文後半日で商品が届くサービスでユーザを魅了し、女性向け BRANDI は年平均200%の成長率を誇る。

via Platum(플래텀)

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録