リモートワーカー業務管理ツール「Pathlight」、ジェネレーティブAIで従業員のコーチングを自動化する機能を発表

SHARE:
Image credit: Pathlight

カリフォルニアに拠点を置く Pathlight は、チームパフォーマンスを分析・最適化するインテリジェンスプラットフォームを企業に提供し、企業が従業員にその場でのフィードバックやコーチングを自動化するジェネレーティブ AI マネージャーを発表した。

この最先端のインテリジェンスソリューションは、大規模言語モデル(LLM)とパフォーマンスのデータポイントを活用し、従業員には行動指針を、管理職にはタイムリーなアラートを提供し、より良い成果を促進する。

これは、企業内のチームのワークフローとパフォーマンスを向上させる、ジェネレーティブ AI の最新の応用事例を示唆している。

AI マネージャーは、どのような仕組みか?

AI マネージャーは、Pathlight のコアプラットフォームの自然な延長線上にあるように設計されている。Pathlight アプリケーション内の会話型チャットボックスとして機能し、顧客との通話、メール、チャットから KPI、ベンチマーク、目標まで、パフォーマンス指標をリアルタイムで確認することができる。

そして、ボットが対処すべきパフォーマンスの傾向に気づいたとき、会話形式で従業員にその問題について積極的に働きかける。従業員はボットと対話することで、何が問題だったのか、どうすれば解決できるのかを知ることができる。

例えば、お客様との通話がうまくいかなかった場合、ボットは今後そのような通話に対応するためのいくつかのアイデアを提示することができる。また、従業員のパフォーマンスが一定以上であれば、感謝の気持ちを込めてフィードバックすることもできる。

Pathlight の CEO Alex Kvamme 氏 は、VentureBeat に次のように語った。

私たちはすでに、膨大なパフォーマンスデータの宝庫にいます。大規模な言語モデルを使用することで、従業員にその場でフィードバックやコーチングを与える、より包括的で自動化された方法を提供できるようになりました。

私たちのプラットフォームは、毎日何百万ものデータポイントを分析しています。

AI マネージャーと人間の管理職で役割分担

自動ナッジとともに、AI マネージャーは直接的な質問応答機能も備えている。これにより、従業員は最近の顧客との会話や、個人の目標に向かってどのように進んでいるかなどを直接ボットに質問することができる。

一方、管理職は、チームのパフォーマンスや、誰が最も注意を払う必要があるかを尋ねるだけで、それに応じてメンタリングを指示することができる。

AI マネージャーは、大規模な言語モデルの力を活用することで、マネジメントの分析面を処理し、人間の管理職は、最も重要な機能であるチームの指導とサポートに集中できるようになります。その結果、従業員は、常に利用可能で、常に客観的な AI マネージャーが今日の状況を理解するのを助け、時間と経験を持つ人間の管理職が明日のキャリア目標を達成するのを助けるという、両方の世界の最高のものを得ることができます。(Kvamme 氏)

今後数ヶ月のうちに一般利用が可能に

現時点では、AI マネージャーはクローズドベータで一部の Pathlight 顧客の従業員にのみ提供されている。同社は、今後数カ月のうちに、より広く利用できるようにすると述べている。

注目すべきは、Pathlight が企業チームの時間のかかるワークフローを改善するために、他のジェネレーティブ AI の使用例も実験していることである。Kvamme 氏は、この目的のための正確な計画を共有していなかったが、同社は今後数ヶ月でより多くの詳細を提供すると述べた。

Salesforce も19日、ジェネレーティブ AI アシスタントとデータクラウドを Flow と統合し、企業のワークフローを効率化する計画を発表した

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録