レストラン口コミをトークン化する「UME」SARAHが公開 #IVSPRWeek #IVS2023

SHARE:
SARAH

#IVSPRWeek はスタートアップカンファレンス「#IVS2023」とプレスリリース配信サービスのPR TIMESが企画する「Startup!PR Week」参加企業による新製品情報をお伝えします。同社のプレスリリースはこちらから

ニュースサマリー:レストラン口コミや食のビッグデータサービスを展開するSARAHは6月26日、グルメアプリ「SARAH」内において新機能「UME(ウメ)」を公開した。ポイントのような仕組みで、ユーザーが食事体験(レストランでご飯を食べるなど)を投稿することでUMEを獲得できるもの。現時点ではユーザーの食事体験を定量的に可視化するだけだが、今後、獲得できるUMEの量を調整し、飲食業界や食品業界とのパートナーシップを築きながら、限定イベントや限定メニューなどの提供も検討するとしている。

SARAHの創業は2014年で、人気メニューランキングやジャンル・地域別のおすすめメニューなどがチェックできるメディアを中心に、ここから集まった口コミのデータなどを企業向けに提供する「FoodDataBank」を主力事業として運営する。外食産業に関するビッグデータを分析・提供し、市場の動向や消費者の嗜好を可視化するもので、味の素やセブンイレブン・ジャパンなどの大手企業から支援を受けている。

IVSのプレスセンターで会見したSARAHの取締役CSO、酒井勇也氏

話題のポイント:レストランガイドといえば食べログ・ぐるなび、Rettyなどデータベース型や口コミ型、ソーシャルレコメンデーションなどが誕生し、それぞれユーザーの好みで使い分けが進んでいる分野です。ただ、ここに新しく「ビッグデータ」の切り口で成長しているのがSARAHになります。

そんなSARAHから新しい機能「UME」が登場したのですが、話を聞くまでは正直「?」という感じでした。というのも、ユーザーインセンティブのポイントは特に目新しさはなく、また、例えばこれを貯めたとして、飲食店からインセンティブを引き出すというのは既存のポイントシステムで出尽くした感もあり、ちょっとビジネス的に難しいんじゃないかなと思ったからです。しかしSARAHは違いました。FoodDataBankなどこれまでにも独自のモデルを考えてこられた同社に相応しく、全く予想していなかった仕組みを考えておられたんです。

それがNFTなどのブロックチェーン会員証です。そうです、このUME、ブロックチェーンのトークンとして発行される予定のものなのだそうです(※)。チェーンはAvalancheを使っていて、現在主流になっているPoS(Proof of Stake)をベースにしたコンセンサスモデルを採用していることからトランザクションフィー(いわゆるガス代)が安く処理スピードが早いのが特徴です。今回、お話を伺ったところ、UMEはAvalancheのサブネットに構築される予定で、例えばこれをDeFiなどで勝手にトレードしたりはできないようになっています。いわゆる独自ポイントですね。

これの何がよいかというと、ポイントシステムがほぼ半永久的に構築できるところです。ブロックチェーンはデータ履歴の透明性が担保されている点と、それに関わる承認がトラストレスに実現できる点にあります。例えばNOT A HOTELはNFT会員証をチェーン上に発行しましたが、47年間続く必要のある仕組みを極めて短期間に構築しました。UMEもAvalancheチェーンに刻み込まれるので、ユーザーが美味しいといった履歴は確実に残ります。

ではUMEはどう使われるのか?これはまだまだこれから先の話のようです。例えばインセンティブについても同社では、このデータをこれまでFoodDataBankなどで連携してきた飲食・食品業界がありますので、そういった企業のマーケティング的な用途に使う、というオーソドックスな方法も考えられますし、当然、チェーンに乗っているポイントはトークンとして使えるので、なんらかの経済モデルを作ることも可能かもしれません。レストラン体験にトークンを持ち込むとどうなるのか、UMEに続報があったらまたお知らせしたいと思います。

※訂正:記事初出時にAvalancheのサブネットに公開されている記述をしましたが、現在まだオフチェーンの状態ということでした。修正して補足させていただきます。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録