NOT A HOTELが放つ「NFTメンバーシップ」の衝撃ーー濱渦氏に聞いた「リアル+NFT」のインパクト

SHARE:

ニュースサマリ:ホテルブランドの開発・運営を手がける NOT A HOTELは6月21日、住居兼ホテル「NOT A HOTEL」を毎年1日単位で利用できるメンバーシップの販売を発表した。2022年夏に販売開始予定で、このメンバーシップはNFT(ノンファンジブル・トークン、非代替性トークン)として提供され、会員証となる「MEMBERSHIP」と鍵となる「THE KEY」の二つが発行される。

「MEMBERSHIP」を購入すると日付の入っていない白紙のメンバーシップカードがNFTで発行される。サイトにアクセスするとこのメンバーシップカードに利用可能な日付がランダムに刻印され、毎年その日にNOT A HOTELを利用することができる。日付が届くのは宿泊可能な日の3カ月前で、ホテルを利用することのできる鍵のNFT「THE KEY」もこの日に届く。この宿泊する権利は建物の耐久年数と同じ47年間続く。また、宿泊先のホテルは今後、NOT A HOTELが拡大するに従い、拡充される予定。

また、このメンバーシップNFTはOpenSeaなどのNFTマーケットプレイスで二次流通させることもできる。メンバーシップそのものだけでなく、毎年届く鍵だけを別の方に売却することもできる。なお、NFTの鍵「THE KEY」を受け取るにはNFTの「MEMBERSHIP」に記載された日付の3カ月前にこの権利を保有していることが条件となる。

話題のポイント:話題に事欠かないNOT A HOTELが思ったよりも早く、NFTメンバーシップの展開を発表しました。同社代表取締役、濵渦伸次氏にお話を伺いましたので、後ほど考察ポイントなどを追記します。

メンバーシップの概要

まず、このメンバーシップNFTの概要を教えて下さい

濵渦:今、数億円の物件を30日単位で販売しているんですけど、まだキャッシュオンリーで難しい部分もあります。それで僕らはこれを1日単位、さらに細切れにして販売しようと考えているんです。これは年1日だけ泊まる権利を47年間に渡って使えるというメンバーシップなんですけど、これをNFTで販売するというものです。

このメンバーシップのNFTを買うと(デジタルの)カードがもらえます。その後、Reveal(※NFTコレクティブル特有の公開表現)されて日付が確認できるようになります。これ(記事冒頭のカードイメージ)は7月21日で僕の誕生日なんですけど、この日付がランダムで刻印されます。

この日にNOT A HOTELが使える?

濵渦:メンバーシップに刻印された日程の3カ月前に情報が届くので「旅をする日が近づくと鍵が届く」という感じです。

この日に毎年(NOT A HOTELに宿泊できるデジタルの)鍵が届いて、毎年使えるホテルは変わります。使える日が決まっていて、毎年違う場所を旅する。毎年ちょっとずつ使える場所(NOT A HOTEL)が増えていくので今後、泊まれる場所も変わっていきます。

面白いのがセカンダリーマーケットで販売できるんです。会員証となる「MEMBERSHIP」と鍵となる「THE KEY」は別々のNFTになっていて、今年は使うけど次は使わないからOpenSea(NFTのマーケットプレイス)で売ることができる。

年1泊だけのものと3連泊できる2つの種類のNFTが販売されます。価格は日本円で固定していて、NAH(白いカード)が125万円、NAHE(黒いカード)が475万になっています。全部で730泊分(365日×2部屋)、682名限定となります。

暗号資産での販売になるのですか?暗号資産であればグローバルで購入する方も出てきそうですね

濵渦:ETHです。もちろんグローバルで販売し、英語版も用意します。

メンバーシップのサイトより

どういう部屋に泊まれるんですか?

濵渦:ハイグレードのタイプは5%ぐらいの確率でしか当たらないんですけど、僕らの持っているサーフやガーデンぐらいのタイプが毎年貰えます。スタンダードとプレミアムみたいな感じですね。

NOT A HOTELは分譲で購入された方がホテルとしても貸し出せる、というものでした。このメンバーシップで使える部屋はどういうものなのでしょうか?

濵渦:NFTオーナー用の部屋(青島のサーフとガーデン)は独立させてるんです。これは実は元々、ホテルで運用しようとしたんです。

なぜNFTでメンバーシップを開始しようと考えたのですか

濵渦:アメリカにある「Flyfish Club」のように、会員制の寿司屋みたいなリアルと紐づいたNFTは即完売しています。そこも同じくメンバーシップを持ってる人しか入れないエクスクルーシブなレストランなんですよ。この流れは必ずくると思っていて、僕らはやはりリアルなアセットを持ってるのでここに紐付けて販売したいと考えました。

Board Ape Yacht Club(BAYC)のようにNFTコレクティブルはコミュニティ化が進んでいます。NOT A HOTELでもメンバーシップコミュニティを考えていますか

濵渦:偶然、旅する日がやってくるというストーリーがあり、そこの価値観に共感してくれた人々が集まると結構、面白いコミュニティにもなるんじゃないかなと思っています。誰が買うかわからないですからね。

一方、購入者の情報が分からないと怖いという側面もあります

濵渦:(個人情報は)分からないです。ただ、この鍵があるじゃないですか。この鍵を僕らのアプリやウェブサイトに接続させて、予約を確定させないといけないんです。 ここで実質のKYC(個人情報確認)これはディスクレイマーに入れてあります。

ありがとうございました

※一部誤字表記を修正しました。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録