AIでコスト大幅減実現、FastLabelがAI開発プロセスを一気通貫「AI Process as a Service(AIPaaS)」提供開始 #IVSPRWeek #IVS2023

SHARE:
IVSのプレスセンターで会見したFastLabel代表の上田英介氏

#IVSPRWeek はスタートアップカンファレンス「#IVS2023」とプレスリリース配信サービスのPR TIMESが企画する「Startup!PR Week」参加企業による新製品情報をお伝えします。同社のプレスリリースはこちらから

AI開発環境を手掛けるFastLabelは6月26日、AI開発の各プロセスを全方位的にサポートする「AI Process as a Service(AIPaaS)」の提供を開始した。AI開発に必要なデータ生成からアノテーション、モデル開発、MLOps構築までを含むAIソリューションとなっている。

FastLabelの創業は2020年1月。主力事業として成長しているのが教師データ作成代行やアノテーションツールの提供。通常、AIに何かを判断させるためには、その正誤を読み解くためのデータが必要になる。この「教師データ」そのものは従来、手作業を中心に生成しており、このアノテーション作業にはどうしても労働集約的なイメージが付き纏っていた。これを独自のAIで自動化させたのがFastLabel。

今年5月からはSaaS型システムの機能を拡張。データ生成や選別、自動アノテーション、AIモデルの管理、学習、評価、デプロイ、モニタリング、パフォーマンス監視を一気通貫で行えるようにした。同社によるとこれにより、データ作成コストを7割削減、AI精度の3割向上を達成したとしている。同社が提供するAIPaaSの具体的な機能として次を提供するとしている。

  1. データ販売・収集:AI開発用の教師データ(画像約100万点他)を提供
  2. データ生成:ジェネレーティブAIやGANを活用して、AI学習に必要な量のデータを生成
  3. データ選別・アノテーション・Human In The Loop:アノテーションの作業代行
  4. モデル開発・データコンサルティング:MVP構築まで一気通貫でサポート
  5. 画像生成AIツール:ノーコードで独自の生成AIを作成可能。アノテーション付きの教師データを元に、AIが自動で新たな画像を生成
  6. MLOps構築:デプロイ、モニタリング、パフォーマンス監視を一括で行うシステムを提供

同社は今後、データ生成、アノテーション、モデル開発、MLOps構築など、AI開発の各プロセスにおける新たな技術とサービスの開発にも取り組んでいくとしている。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録