Gartner、2023年の「ハイプ・サイクル」でジェネレーティブAI を「過剰期待の頂」に位置付け

SHARE:
Image credit: Gartner

多くの人は驚かないかもしれないが、16日に発表された2023年の先端技術に関する Gartner Hype Cycle で、ジェネレーティブ AI が初めて「過剰期待の頂(Peak of Inflated Expectations)」に位置づけられた。

Gartner は毎年、90以上の ハイプ・サイクルを作成し、顧客がテクノロジーの成熟度と将来性を追跡できるようにしている。ハイプ・サイクルの5つの段階とは、技術の引き金(Technology Trigger)、過剰期待の頂(Peak of Inflated Expectations)、幻滅のくぼ地(Trough of Disillusionment)、啓蒙の坂(Slope of Enlightenment)、生産性の台地(Plateau of Productivity)である。

AI 世代の膨らむ期待は否定できない

Gartner のアナリストArun Chandrasekaran 氏は、VentureBeat のインタビューで次のように説明した。

もちろん、ジェネレーティブ AI は単一の技術ではありません。基礎モデルや普及モデルからプロンプトエンジニアリングツールまで、すべてが含まれます。これらはすべて、ジェネレーティブ AI のトレンドを可能にするものです。

そうは言っても、ジェネレーティブ AI 全体への期待が膨らんでいることは否定できないと同氏は言う。

どのベンダーも、企業の CIO や CTO のドアをノックして、ジェネレーティブ AI を当社の製品に組み込んでいる、と言っています。(Chandrasekaran 氏)

カスタマイズのレベルや、さまざまな機能のセキュリティやプライバシーの取り扱いを把握することを含め、経営幹部はこの状況を乗り切るのに苦労していると付け加えた。

ユーザとバイヤーの側にも混乱や混同が存在すると彼は言う。

ジェネレーティブ AI はほとんど人間レベルの知能として位置づけられ、多くの人がAGIと同一視しています。(Chandrasekaran 氏)

例えば、予測 AI や因果関係 AI を代わりに使うべきなのに、ジェネレーティブ AI を他の AI 技術と混同している人もいると Chandrasekaran 氏は付け加えた。

膨大な数のジェネレーティブ AI を謳う製品

Arun Chandrasekaran 氏

しかし、AI がハイプ・サイクルのピークに達した主な理由は、ジェネレーティブ AI を組み込んだと主張する製品の数が非常に多いことだ、と Chandrasekaran 氏は言う。

膨大な数です。また、クローズドソースのエコシステムにおいても、オープンソースのエコシステムにおいても、ジェネレイティブAIモデルの本格的な普及が始まっています。

しかし、市場には多くの混乱があり、ベンダーは莫大な生産性を謳っていると Chandrasekaran 氏は説明した。

私たちのユーザーの多くは、何らかの恩恵を受けているとしても、現時点ではベンダーの主張には遠く及びません。(Chandrasekaran 氏)

このことは、顧客と接するユースケースで幻覚を見ないようにするためのリスク回避とジェネレーティブ AI モデルの展開にまつわる課題と相まっている。

それがジェネレーティブ AI にとって適切な場所、つまり「過剰期待の頂」にある場所だと思う理由です。(Chandrasekaran 氏)

Gartner のハイプ・サイクルで、AI はこれからどこへ向かうのか

Gartner のハイプ・サイクルの次の段階は、もちろん幻滅のくぼ地である。Chandrasekaran 氏によれば、この分野では競争が激しいため、これは避けられないという。

ある意味、すでにそうなっています。

より大きな問題は、これは企業や社会全体にとって長期的な価値をもたらす技術なのか、ということです。非常に議論の余地がありますが、初期の証拠によれば、顧客がこれで遊んだから、今後はもうこれには1セントも使わないと言うような劇的な幻滅はまだないと言えるでしょう。(Chandrasekaran 氏)

その代わり、人々はまだ誇大広告と現実の折り合いをつけようとしている、と彼は言う。

それとも、主流への採用が始まり、プロバイダーの実行可能性を評価する基準がより明確に定義され、技術の幅広い市場適用性と関連性が明らかに報われる、生産性の台地へと一気に突き進むのでしょうか。

断言は難しいです。(Chandrasekaran 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録