ジェネレーティブAI機能搭載で注目集める2つの新興webブラウザ——「Arc」と「Brave」

SHARE:
Image credit: the Browser Company, Brave

ジェネレーティブ AI はコンテンツを作るためだけのものではない。

プライバシーに特化した web ブラウザスタートアップ Arc と Brave は先週、両社のブラウザに新しいジェネレーティブ AI を搭載した機能を発表した。

デフォルトのブラウザ検索バー・オプションに「Perplexity」を追加した「Arc」

スタートアップの the Browser Company が開発したミニマリストブラウザ「Arc」は、ブラウザタブのデフォルトの検索エンジンを、Google、Microsoft Bing、Yahoo!(Bing 搭載)、DuckDuckGo、Yandex から Perplexity に切り替えられる機能を追加した。

Perplexity の共同設立者兼 CEO Aravind Srinivas 氏は、26日にこのニュースについてソーシャルネットワーク「X」 に喜びの投稿をした。

Google やBing に匹敵する大規模言語モデル(LLM)を搭載した web 検索ツールの提供を目指している Perplexity にとって、これは素晴らしいニュースだ。この AI スタートアップは最近、Nvidia や Databricks などの大企業が支援する7,360万米ドルのシリーズ B 資金調達ラウンドを発表した。

Arc の連携により、Perplexity は全く新しいユーザグループを獲得し、彼らの代わりに検索を実行することができる。

Arc の制作者も、the Browser Company の CEO Josh Miller 氏が26日に自身の X アカウントに投稿したように、この新しい連携は彼らとユーザにとって大きな恩恵だと考えている。

Srinivas 氏はまた、Google が検索市場を「独占」していると非難し、現 CEO の Sundar Pichat(スンダー・ピチャイ)氏らによって作られた Google Chrome を「Google の広告費の大部分はここからもたらされている」と指摘する Miller 氏のツイートを支持した。

独占と現状を変える必要があります。Arc はブラウザを再発明しています。Perplexity は検索を再発明しています。スタートアップが一緒になることは、世界と市場にとって素晴らしいことです。Perplexity ユーザが Arc をインストールし、Arc ユーザが Perplexity をもっと使い始めることを願っています!こちらもご覧ください。

Mistral の強力なオープンソース LLM Mixtral で構築した「Brave」

それとは対照的に、Brave はさらに進んでいる。プライバシーに焦点を当てたこのブラウザのスタートアップは先週、同社の AI ブラウザ・チャットボット・アシスタント「Leo」が、フランスのスタートアップ Mistral によって開発され、Meta の Llama をベースとしたオープンソース LLM「Mixtral 8x7B」でアップグレードされると発表した。

2023年12月にリリースされた「Mixtral 8x6B」は、サードパーティのベンチマークテストによれば、現在世界で入手可能な LLM の中で(唯一ではないにせよ)最も強力で高性能な LLM のひとつであることが示されている。

Brave が AI アシスタント「Leo」をデフォルトでこのモデルで動作させたいと考えるのは理にかなっている。2023年8月にプレビューモードで初めて導入されたとき、ユーザが訪問している web ページの情報を要約し、その内容に関する質問に答えるように設計された Leo は、Llama 2で動いていた。

しかし、サードパーティのベンチマークによれば、Mixtral 8x6B は、その「エキスパートの混合」アプローチ(異なるタスクに対して複数の異なる LLM を活用する)により、Mixtral 8x6B を上回っており、もちろん Brave はその仕事に最適なモデルを使いたいと考えている。同時に、ユーザは Leo のアシスタント体験を提供するために、Mixtral 8x7B、Anthropic の Claude Instant、Meta の Llama 2 13B のいずれかを選択することができる。

Brave は、以下のチャートでそのサービスの違いを示している。どのサービスも、「リバースプロキシ」サーバーを使用することで、どのユーザからのクエリであるかを隠すプライバシー機能を備えている。

Credit: Brave

Brave の CTO 兼共同創設者 Brian Bondy 氏は、Brave のブログ記事でこのアップデートを発表した。

Brave Leo はリリース以来、数万人の無料層ユーザと有料会員に採用されており、LLM の利用可能範囲を Mixtral まで拡大することで、さらに大きな普及が見込まれています。私たちの目的は、ユーザのブラウジングセッションのコンテキストで斬新で便利なユースケースを作成し、ユーザが画期的な方法で web と対話できるようにすることです。

時代の兆し?

web ホストの Kinsta によると、Brave と Arc を合わせても、デスクトップ向け web ブラウザの総市場シェアのごく一部を占めるに過ぎない。しかし、両ブラウザともユーザの行動を偽装しようとしているため、広告主やサイト所有者には、Chrome や Firefox など他ブランドのブラウザに見えるかもしれない。

しかし、両ブラウザとも、市場のリーダーである Chrome や、その後塵を拝しているデスクトップの Firefox、Microsoft Edge/Internet Explorer(非推奨)、デスクトップとモバイルの Apple Safari ブラウザよりも、より優れた、より高速で、よりシンプルで、よりプライベートな web 閲覧体験を実現しようとしている。

つまり、AI 検索エンジンやチャットボット・アシスタントがコンテンツの要約を手助けし、希望すればそれに関する QA やダイアログを提供してくれるのだ。

Google 、Microsoft、Apple といったレガシー・マーケットのリーダーたちは、それに追随するのだろうか? また、消費者はこれらの機能を受け入れるだろうか?

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録