店舗のリテールメディア化に取り組むfavy、デット含め6億円をシリーズC調達——博報堂DYベンチャーズが出資

SHARE:
「favy サブスク」
Image credit: Favy

シェア型フードホールや店舗DXサービスを展開する favy は16日、シリーズCラウンドで約6億円を調達したと発表した。このラウンドには博報堂DYベンチャーズらが参加した。また、金額には大和ブルーフィナンシャルからのデットが含まれる。今回の調達は同社にとって、2023年3月に実施した調達に続くものだ。favy の累計調達額は約28億円に達した。

favy は、デジタル技術を活用した飲食業界のマーケティング環境の変革に取り組んでいる。20万円で飲食店を開業できるシェア型フードホール/横丁を全国に展開し、2019年には東京・銀座にシェア型フードホール「re:Dine GINZA」をオープンさせた。これまでに鹿児島県、大分県、宮崎県、宮城県などで横丁を拡大し、入居者のエントリー数は450組を超え、出店店舗数は80組以上、来場者数は約20万人に達しているという。

また、favy は飲食店や美容室などの店舗が簡単にサブスクビジネスを導入できる「favy サブスク」や、フードホール専用のモバイルオーダーシステム「favyモバイルオーダー」などの店舗 DX サービスの開発・提供にも取り組んでいる。リリースによると「favyモバイルオーダー」は2024年現在、3,500店以上での導入実績があり、サービス開始から9ヶ月で GMV(流通取引総額)が約320%増加するなど、効果を上げているそうだ。

favy はこれらのシステムを通じて、来店計測や来店単価改善が可能な広告実証実験も行っており、リテールメディア化を本格的にスタートさせる計画だ。今後、favy は購買データや接触データを活用したリテールメディアとしての広告メニューを展開し、業務効率の改善と収益化を図るとしている。

via PR TIMES    Summarized by ChatGPT

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録