Runway、LAで第2回国際AI映画祭を開催——監督や俳優の反応から垣間見える生成AI映画のゆくえ

SHARE:
第2回国際 AI 映画祭(AIFF)の web サイト
Image credit: AIFF

5月1日にロサンゼルスのダウンタウンで開催された第2回国際 AI 映画祭(AIFF)は、生成 AI のハリウッド連携にとって極めて重要な瞬間となった。

ニューヨーク市に本社を置く生成 AI 映像のスタートアップ Runway がプロデュースしたこのショーケースには、定評あるトライベッカ映画祭とジュネーブ国際映画祭(GIFF)のパートナーシップ支援も含まれていた。

400人を超えるプロデューサー、アニメーター、俳優、監督たちが、 Orpheum Theater(オルフェルム劇場)で行われた招待者限定のプレミアに詰めかけたのは、抗議のためではなく、Runway の AI モデル(Gen-1および Gen-2)やその他の AI ツール、そしてより伝統的な映画制作技術を駆使して仲間たちが作り上げたものを全面的に受け入れるためだった。その集団的な体験に、観客は畏敬の念を抱いて息をのむこともあった。そして、これが映画における極めて重要な瞬間を記念するものであることは明らかだった。

Runway の CEO 兼共同設立者である Cristóbal Valenzuela 氏は、ファイナリスト10作品の上映前に観客に挨拶した。

昨年は300本近くの応募がありました。今年は3,000本の応募がありました。これは時代の流れです。

生成 AI のみを使用して作成された初の長編映画「Our T2 Remake」を制作したハリウッドの映画制作者グループによるプレミアに私が出席したのは、ほんの数ヶ月前のことだった。

このパロディは、実質的に生成 AI の豊富な欠点を称賛するものだったが、今年の AIFF の映画は、この技術がどれほど進歩したかを示していた。

AI と映画の勝利の方程式

監督であり AIFF の審査員でもある Paul Trillo 氏は、LinkedIn に寄せたメモの中で、参加者は応募作品に AI ツールをすべて、そしてそれらがどのように使われているかを列挙するよう求められたと述べている。

彼は、展示された忠実度の高いコンセプトにもかかわらず、Open AI の高く評価されている新しい動画生成モード「Sora」が含まれている作品はなかったと指摘した。

展示された作品のテーマやスタイルには幅があり、より明白な AI ビジュアルを含むものもあったが、最も優れた応募作品は、AI アセットがうまく連携された、説得力のある物語主導の基盤を示していた。

グランプリを受賞した短編「Get Me Out(囚われて)」は、エモーショナルで人間的な実写ショットと、スマートな AI 映像効果の組み合わせを描いている。

映画監督の Daniel Antebi 氏は e メールで次のように語った。

この映画の制作には3つのツールを使用しました。その中には、3D 環境の再現とキャプチャーに Luma AI を使用し、オーバーレイとして Runway の video-to-video ツールをスパイスにし、そして、純粋に筋肉でできているかのように見せるために AI を使って俳優の1人のスキンを作り直すために ComfyUI を使用しました。

AI の欠点に対処するために、Antebi 氏は繰り返しを受け入れ、幻覚に傾倒した。ライブセットで即興が起こるように、Antebi 氏は「最終的な美学のために参加したわけでもないが、奇妙なテストのひとつだった」と認めている。

Get Me Out は、「The Simpsons(ザ・シンプソンズ)」のポストプロダクションを長年手がけたことで知られる LA のベテランプロデューサー Joel Kuwahara 氏が表明した感情を体現していた。ショーケース前のパネルで彼は次のように語った。

私は AI がキャラクターやストーリーからフォーカスを引き離すことを望んでいません。

進化したハリウッドの AI 視点

AIFF では、AI が映画の未来をどのように進化させるかについて、さまざまな意見が飛び交った。

最近、TED のために Sora が制作した動画や、初の商業的な AI ミュージックビデオを発表した Trillo 氏は、業界のメジャーな名前が言説を定着させるのに役立つだろうと述べた。

一度大きな映画製作者が新しいテクノロジーを使えば、それはより受け入れられやすくなります。

AI は著名な映画祭でも活躍している。最も有名な AI 映画制作コース「Curious Refuge」を運営する Caleb Ward 氏は、プレミアにおいて、フランスで開催される2024年カンヌ国際映画祭(5月14日〜25日)で AI 映画を大々的に上映することを明らかにした。

ショーの前のインタビューで、Runway の CTO で共同設立者の Anastasis Germanidis 氏は次のように語った。

ユーザがよりアートディレクションをコントロールできる」ツールを作り続ける予定だと語った。

これらのツールを活用することで、同社の CDO 兼共同設立者である Alejandro Matamala 氏は次のように語った。

作家がアニメーターになり、アニメーターが映画監督になるなど、クリエイターの能力がレベルアップしていくことが今後も見られるだろう。

最後に、Runway の CEO Cristóbal Valenzuela 氏は、AI 映画を2つの平面に沿って見ている。彼は、この技術が一般的になれば、AI という修飾語はなくなるだろうと考えている。

カメラが使われたから映画を見るということはないでしょう。(Valenzuela 氏)

さらに彼は、AI がまったく新しい、まだ名前も決まっていないメディアの先駆けとなると見ている。

最終的には(AI が)新しいアートフォームや新しいメディアタイプを生み出すでしょう。(Valenzuela 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録