BRIDGE

タグ セガネットワークス

Gumi Asiaの元CEO率いるgoGameとの提携で、セガがシンガポールへ進出——インキュベイトファンドも出資

SHARE:

数ヶ月ものあいだ身を削って働いた後、開発者はあることに気づく。「すごいぞ、次のFlappy Birdになるかも!」後はゲームを完成させて、お金がただ入ってくるのを夢見るのだ。 しかし、実際お金がどんどん入ってくるということはほとんどないだろう。 マーケティング、ローカライズ、カスタマーサービスが平均的なゲーム開発者がやっている最優先事項であるというわけではない。 日本のゲーム企業セガのモバイル部門…

GOGAME-14-David-Ng
セガの社長兼 CEO 里見治紀氏と話す、goGame 創業者でCEOの David Ng 氏

数ヶ月ものあいだ身を削って働いた後、開発者はあることに気づく。「すごいぞ、次のFlappy Birdになるかも!」後はゲームを完成させて、お金がただ入ってくるのを夢見るのだ。

しかし、実際お金がどんどん入ってくるということはほとんどないだろう。

マーケティング、ローカライズ、カスタマーサービスが平均的なゲーム開発者がやっている最優先事項であるというわけではない。

日本のゲーム企業セガのモバイル部門、セガネットワークスがシンガポールの goGame に数百万米ドルを投資したと新しいオフィスイベントで木曜日(12月3日)に発表された。

正確な投資額は明らかにされていない。

日本の有名なアーリーステージ向けVCであるインキュベイトファンドも参画している。

新しいオフィスのローンチパーティで CEO の David Ng 氏は次のように語った。

私は周りにおかしいと言われています。3年半かけて Gumi を世界的なゲームにまで築き上げた後、辞めたことです。どうして辞めたのか、まともな人なら辞めないでしょう? とよく言われました。しかし、私は自分がどこまでできるのか周りの皆さんに示したいのです。

Ng 氏はどうやって自分の会社に何百万米ドルも投資してもらうようセガを説得したのだろうか?

<関連記事>

goPlay

主力製品は goPlay だ。無料出版システムで、開発者はゲームのローンチ、マーケットおよびサポートに必要なサービスをドラッグ&ドロップで可能にしてくれる。

goGame は10分で SDK(ソフトウェア開発キット)をゲームに組み込むことができ、問題解決や更新、ゲームのローカライズ、顧客管理、グローバルマーケティング、決済など年中無休の運営を行える。

ある会社が単独で SDK を複製しようすると、プロセスは状況にもよるが何ヶ月もかかることだろう。

ほとんどの開発者は、何が市場にあるかわからないのです。彼らは取引の方法を知らないですし、グローバルな運営チームの管理方法も知りません。つまり、彼らはこれまで自分たちで行って失敗してきたのです。私たちと取り組むことで、皆が成功するためにその可能性を高めるお手伝いをすることができます。これまでもそうしてきましたから。(Ng氏)

goGame には決済ゲートウェイ、ダッシュボードデモ、支払アドユニット用のSDKがある。

さらに、goGame 側のメリットとして、セガのマーケティング製品「Noah Pass」を東南アジアに提供することができる。

Noah Pass

2015年2月のセガサミー(セガの持株会社)会議資料によると、Noah Pass は日本におよそ9000万人のユーザを誇るクロスプロモーションネットワークだ。この数字のすごさは、日本の人口が1億2,700万人であることを考えればわかるだろう。

goGame は日本国外にこの製品を展開していく中心的な存在になるだろう。

Noah Pass は開発者向けには無料で、プラットフォームに彼らのゲームを組み込むことによって何百万ものユーザ向けに製品を提供できる。

noah-pass_screenshot

購入前にお試しを

おそらく最もクールな機能は、Ng 氏が身振り手振りで明らかな興奮を示してくれた 1App というモバイル広告ダッシュボードだ。これはユーザが購入前に広告付きでゲームを試せる機能だ。

「モバイル広告の過熱ぶり」の問題は、ゲーマーに限ったことではない。

携帯電話を持っている人ならこの痛みがわかるだろう。ゲームは面白そうだ。もしかしたら Uber みたいなアプリかもしれない。クールな動画だし、かっこいいスクリーンショットだ。しかし、実際にダウンロードして10分もすればそのゲームは最悪だったとわかる。

1Appは、ソースコードに触れることなく、開発者が潜在的顧客の携帯でデモ動画を再生できるシリコンバレー技術を東南アジアにもたらしている。

昨晩のgoGameのイベントは明らかに盛況だったが、次の段階はゲーム展開、つまりセガのモバイルゲームエコシステムを東南アジアへ普及させることである。

セガの社長兼 CEO 里見治紀氏は、イベント会場で次のように語った。

セガゲームスをシンガポールにローンチする代わりに、私たちは goGame と共に取り組んでいくことに決めました。この市場には巨大な可能性が期待されています。しかし、goGame だけがセガゲームスを展開できるのか? goGame も他でゲームを配信できるよう支援をし、ゲーム経験を提供して展開するソリューションを創造するべきです。他の開発者が世界中の人々にゲームを配信するのを支援していきたいのです。

1app_screenshot

【via e27】 @E27sg

【原文】

#GMIC Tokyo 2014: セガネットワークス、gumi、Candy Crushの3リーダーが語る、ゲーム・デベロッパのグローバル展開に必要なもの

SHARE:

これは7月11日、東京で開催されている GMIC Tokyo 2014 の取材の一部である。 GMIC Tokyo 2014 の午後のセッションでは、「グローバル化するソーシャルゲームビジネス」と題したパネル・ディスカッションが展開された。パネリストは、 セガネットワークス代表取締役社長CEO 里見明紀氏 株式会社gumi CEO 國光宏尚氏 King Japan CEO 枝廣憲氏 モデレータは …

gmic-tokyo-2014-game-panel_featuredimage
左から:Infinity Venture Partners 田中章雄氏、King Japan 枝廣憲氏、gumi 國光宏尚氏、セガネットワークス 里見治紀氏

これは7月11日、東京で開催されている GMIC Tokyo 2014 の取材の一部である。

GMIC Tokyo 2014 の午後のセッションでは、「グローバル化するソーシャルゲームビジネス」と題したパネル・ディスカッションが展開された。パネリストは、

  • セガネットワークス代表取締役社長CEO 里見明紀氏
  • 株式会社gumi CEO 國光宏尚氏
  • King Japan CEO 枝廣憲氏

モデレータは Infinity Ventures Partners の田中章雄氏が務めた。

このセッションで口火を切ったのは、セガネットワークスの里見氏だ。gumi が先頃、セガネットワークスと提携、WiLから50億円を資金調達したことは、読者の記憶にも新しいだろう。

当社の人気タイトル Chain Chronicle を、中国は Shanda(盛大)、それ以外の海外は gumi に託すことにした。ゲームの世界では、会社が有名だからユーザにダウンロードしてもらえるということはない。一番の理由は、社内に(人的)リソースが足りなかったからだ。当初は欧米のパブリッシャと提携する予定だったが、gumi のシンガポールのチーム(gumi Asia)が魅力的だったので、gumi と提携することにした。(里見氏)

これを受けて、今後の展望を語り始めたのが gumi の國光氏だ。

基本的に JRPG(日本のロールプレイング・ゲーム)好きをターゲットにしてビジネスをしている。フランスにも拠点を設けて開発しているが、ヨーロッパの中でも親日派が多い市場だから。Brave Frontier は世界的にもユーザを獲得できているが、中国市場だけはなかなか手強いと感じている。海外と戦っていくには、100億円程度の資金は無いと攻められない。このクラスの資金調達をできたのが、今後のスタートアップにとっては、よい先行事例になればよいと考えている。(國光氏)

ところで、モデレータを務めた田中氏は普段マカオを拠点に活動しているが、普段、日本に居ない田中氏の目には、テレビのスイッチを入れると、モバイルゲームのCMばかりが流れている日本の状態が希有に映ったようだ。

モバイルゲームの浸透にテレビCMは果たして有効か。(田中氏)

田中氏のこの質問には、パネリストの三人が総じて肯定的な反応を示した。なかでも、興味深いタッチのCMで世間を賑わせている、Candy Crush の開発元 King の枝廣氏はテレビCMの有用性を次のように強調した。

日本はテレビ依存文化。世界の中でも、消費者がテレビに接触している時間が突出して長い国。この接触機会を逃す理由は無い。Candy Crush のCMは日本サイドで考えた。もちろん、(スウェーデンの)本社の人間にも事前に見せているが、こういう細かいところは、ローカルの人間にしかできない部分だと考えている。海外のプレーヤーが日本市場に進出する上では、キメの細かいユーザサポートがカギになるだろう。(枝廣氏)

gumi でも現在、シンガポールの gumi Asia を中心に、セガネットワークスの Chain Chronicle を英語化するローカリゼーションを開発を行っているとのことだが、微妙なコンテキストを伝えなければならない RPG のセリフの翻訳などには、かなり苦労しているようだ。世界を席巻するという野望の裏には、涙ぐましい努力が求められるのである。

gmic-tokyo-2014-game-panel-3persons